2007年12月30日

年末ゆっくりと眠る人のために

テレビをつければ深夜まで、年末番組目白押し。

まあ、どのチャンネル付けても、「お笑い」ばっかりなのですが…
(正直飽きますねえ)
正月も駅伝とお笑いばっかりですし。

こんな時、深夜の番組で映画とかやっちゃうと、ダラダラと観てしまいます。
ついつい夜更かししてしまいがち。

私は縁がないのですが、「なかなか眠れない人のための簡単に眠る10の方法」っていうのをGigazineさんのところで発見したので、追記まで。
記事の中では、
  1. 十分に眠れなかったとしても心配するな
  2. 眠ることを自分に強制するな
  3. ベッドに行くのはあなたが本当に疲れて眠たいときだけにするべし
  4. 目覚まし時計を夜に見るな
  5. 体を温める
  6. 寝過ごすことを回避せよ
  7. セックスする
  8. 寝るためにお酒を飲まない
  9. 寝ることとセックスすること以外で寝室やベッドを使うな
  10. 仮眠しない
の10項目が書いてありました。
C. Simmonsって方が書いたそうですが、5番と10番以外はいかがでしょうか。
7番もアリかもしれませんが。

ここで私の簡単に眠る方法を3つばかり
  1. ヘッドホンを付けて同じリズムの音楽を聞く
  2. 難しい本を読む
  3. それでもだめなら、自律訓練法でリズムを整える
って感じですね。

まあ、これってかなり余計な御世話な気もしますが。

ところで、このブログも年内は最後のエントリーになります。
ミントクローズの方もお問い合わせ・配送に関しては4日までお休みさせていただきます。

皆さん良いお年をお迎えください。
posted by 古着オヤジ at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月29日

横峯良郎議員の騒動についての雑感

横峯さくらパパで民主党参議院議員の横峯良郎さんが凄い事になっているようです。

問題の種は、「愛人問題」に「賭けゴルフ問題」だそうです。
対応もあまり良くなかったのか、評判も芳しくないようです。

そんな中、爆笑問題のテレビ番組への出演で暴発しちゃって、「これはひどい」「死ねばいいのに」上位ランクインされました。
私もそれで、この番組動画を見たのですが、確かにひどいですねえ。
Wikipediaにも「テレビ番組暴言問題」として、加筆されているようですね。

しかし、やくみつるさんは、こういう番組では強力ですねえ。
酒場でこの状況であれば、殴り合いは必至なのですが。
ささくれを引っ張るような言葉で、強烈な緊張感を作りだすマジシャンですね。

個人的な感想を言えば、横峯さくらプロを育て上げた点で、素晴らしい実績を残し、寝食を共にして、苦労をしながら、共に歩んできたという事は凡人では出来ない事です。
しかし、良郎さんの子育ては結果オーライだったわけで、仮にさくらさんに素質がちょっとでも足りず、努力しても苦労しても思う様な結果を残せなかったら、これほどの注目されることも無かったわけです。
(子育てってのはそういうものかもしれませんが…)

加えて言えば、娘をプロに育て上げるという一大プロジェクトを成し終え、充実感と達成感に満たされながら女性へと走ったとしても、一般人の感度では何の問題も無い気がします。
(まあ、倫理的な問題は別ですが。)

賭けゴルフであっても、レートの問題こそありますが、今日びでも競技会以外では、ゴルフ場へ行って、何の賭けもしていないパーティーなんて見つける方が難しい位、一般的な事です。
(だから私はゴルフをしません)

そう、一般的な感度で言えば、おそらく「誰でも身に覚えのある事」だと思うのですが。
国会議員となれば、話は違ってきちゃうんですよね。
だって、国民の代表として、立法を司り、高い地位と税金によって賄われる高額な報酬を受けるわけですから、国民やマスコミの猜疑の目にもさらされるし、責任も生じてきます。
その人の倫理感や人柄も選出の大きな要素になり得る訳です。

一言でいえば、議員になるべきではなく、今回彼が批判するところのコメンテーターとして、持論を発表されていた方が良かった気がします。
歯に衣着せぬ市井の一居人として存在されている分には、今日騒がれているような「問題」はキャラとして受け入れられる範囲の事だと思います。
名誉を得る事は、ある意味危険である事を教えてくれたと思います。(まあ、断るまでもなく、私には縁がありませんが)

良郎さんが選挙前や選挙中にテレビなどで発言されている内容についても、政治家としての良識のレベルではなく、庶民レベルでの「居酒屋政治談議」のレベルであったと思います。
それはそれで、今の政治状況を考えれば、疑問提起や風穴をあける一つの原動力なり得たし、価値のある事ですが。

ところで、この番組に出ていた同じく民主党の姫井由美子参議院議員。
ぶって姫」と呼ばれているそうですが、なんで「ぶって」なのか、非常に気になり、Google検索をかけたのですが、上位に出てくるページ(特に無料ブログ)の多くが削除されているようです。

偶然でしょうか?
「ぶって姫」のイワレと共に、かなり気になります。ぶって姫について
posted by 古着オヤジ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

銃刀法違反で逮捕されないために

ロックバンド「JAYWALK(ジェイウオーク)」のボーカル中村耕一さん(56)が、車内でナイフを所持していたとして銃刀法違反容疑で警視庁から書類送検されてそうです。

山手通りでパトロール中の署員から職務質問された際、乗っていた車の後部座席に掛けてあったポーチに、折り畳み式のアーミーナイフ(刃渡り8.5センチ)を正当な理由なく所持した為との事です。

これに対して中村さんは
「1年前にキャンプに持って行き、そのままにしていた」
と話しているそうです。

こんなんで、捕まっちゃうんですね。
私もキャンプ好きで、ナイフも持っていますので、かなり気になりました。
ちょっと人ごとではないぞ。
それでもって、ちょっと調べてみました。

銃砲刀剣類所持等取締法22条
「業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが八センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。」
これに違反した者には、32条5号により1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる。
22条のただし書きで、刃体の長さが8センチメートル以下に刃物の携帯が認められるものとして、施行令9条に
  1. 刃体の先端部が著しく鋭く、かつ、刃が鋭利なはさみ以外のはさみ
  2. 折りたたみ式のナイフであって、刃体の幅が1.5センチメートルを、刃体の厚みが0.25センチメートルをそれぞれこえず、かつ、開刃した刃体をさやに固定させる装置を有しないもの
  3. 法第22条の内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のくだものナイフであつて、刃体の厚みが0.15センチメートルをこえず、かつ、刃体の先端部が丸みを帯びているもの
  4. 法第22条の内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが7センチメートル以下の切出しであつて、刃体の幅が2センチメートルを、刃体の厚みが0.2センチメートルをそれぞれこえないもの
が定められている。
(以上Wikipediaより引用)

だそうです。

具体的にどんなナイフが法に触れるかというと、
knif3.jpgknif1.jpgknif2.jpg
これらのナイフは皆ダメです。

ちなみに肥後守は刃渡り8センチの物が多いようです。

と、言う事は、殆どのアウトドア系の刃物を持っている場合は、正当な理由のない限り、銃刀法違反の可能性があるという事です。

うわあ、真っ青だ。
私のポケットに入っているヴィクトリノックスでさえ、91ミリでアウトです。

確かに、この程度の刃物でも、振り回したり、刺されたら、大惨事ですが、これほど厳しいものとは正直知らなかったのが実情です。
山手通りの車内では、アーミーナイフも所持する事に「正当な理由」を証明しずらいって事はありますよね。

街場に出る時には、ナイフをうっかりとポケットに入れっぱなししないように気をつけましょう。

私のアウトドア着である、ゴアテックスパーカの内ポケットにヴィクトリノックス発見!
早速しまっておきました。

ECWCSゴアテックスパーカ特価
posted by 古着オヤジ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月27日

年賀状作りは…

毎年、年がおし迫ってギリギリになってから始める年賀状作り。
本年は、構想3か月、制作3時間、印刷2日を費やして、本日完成いたしました。

パチパチパチ・・・

今年は、PCがクラッシュしてしまって、おまけにバックアップのハードディスクも壊れていたという、ダブルパンチで、データ復旧が一番大変な作業だったりしました。

で、こんな時に大活躍なのが、Yokkaさん制作のフリーソフト、UnEditorです。
これ、ウェブ制作からちょっとしたプログラムのカスタマイズなど、かなり便利です。
何が便利かというと、
  • タブで複数のテキストを開ける
  • 文字コードが変換できる
  • 軽い
  • HTMLも扱える
あたりなんですが、このエディタが強力なのは、
  • Grepをかけられる
  • 一括の置換えができる
  • キー操作を記憶させて、簡単にマクロの様に繰り返し処理を行える
という、フリーにしては、高機能だったりします。
「もっと、こんな機能もあればいいなあ」っていうのはありますが、欲張って重くなってしまっては、このソフトの意味がなくなってしまうので、この辺が限界かな。
でもできれば、HTMLでのテキスト整形なんかできると嬉しいなあ等と思います。

配布ページは、ここからたどれます

このエディターの活躍で、元CSVを修正して、住所録を再アップさせることができました。

さて、本題に戻って、年賀はがきですが、無駄なのはわかっているけど止められない、っていうのが歯がゆいですね。
私の場合は、全く手抜きなので、本来は一月早く元版をつくって、印刷に出せばいいんでしょうが、ギリギリでインクジェットプリンターのお世話になりっぱなしです。

2年前までは、「宛名は手書き派」だったのですが、意思が弱いので、「全部プリント派」に鞍替えしました。
だって、便利ですから。

私の年賀状が届いた方、この場をお借りして、手抜きのお詫びを致します。
posted by 古着オヤジ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月24日

FeedMeterは星一つ!

RSS feedmeter.png
ブログパーツに「Myヤフーに追加」とか「Googleに追加」とか「MSNに追加」…その他諸々、入れているのですが、この弱小ブログには、悲しいかな全く効果なしです。
デリシャス」も全く効果なしですねえ。
テクノクラティーも同じです。

普通に考えて、このブログをソーシャルブックマークに入れる必要はなしという事なんですね。
まあ、コンテンツが気まぐれだし、いまどき「日記」形式で、私の好き勝手書いているわけですから、これは仕方がないとして。

今日、ビックリしたのは、FeedMeterがクリスマス仕様になっていた事です。
「ここって、そんな小技を繰り出すんだ」と驚きでしばらくぶりにクリックしたのですが…

見なきゃ良かったの当ブログの採点

古着オヤジ日記のフィードメーター情報
人気度      1.3     
更新頻度     2.8 (0.62 アイテム/日)

当然ですが、このページに表示されるTOP300には圏外となっております。
しかも、サイトイメージも表示されていないぞお!
まあ、仕様がないんですよね。
さっきも同じこと書いたけど、私の好き勝手書いているわけだし。
アク解見ても、殆どリファラーなしで、お馴染みさんが見てくれているようだし。
しかし、コメントも無いなあ!(スパム以外の)

で、どんなとこが上位かって言うと、有名どころ多いですねえ。
上位50位以内のところでは、知らずにフィード購読しているブログが、7つほどありました。

特に、サイト構築やブログのカスタマイズ関係で有益なエントリーを書いているブログです。

その他にも、いわゆる「アルファブロガー」の方の書いているブログ勢ぞろいと云った感じなので、ご覧になってみるのも良いかも。
コンテンツも充実しているところばかりなので、トータルで取捨選択していくと、活字やテレビ以外のメディアとして利用価値のあるものです。

とりあえず、「古着オヤジ日記」の採点とともに、ご覧下さい。
Feed Meter古着オヤジ日記
posted by 古着オヤジ at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月23日

「これはひどい」から始めるネットサーフィン

korehahidoi.png
日本のソーシャルブックマークの「はてな」ですが、利用している人も多いと思います。
そんな人には当り前の使い方ですが、まだ使っていない方の為のTIPS。

よく、ブログ炎上とか祭りとか、何だか知らないけど盛り上がっているサイトがあったりします。
これをチェックするには「はてな」が便利です。

はてなブックマークで、「これはひどい」のタグを検索してみてください。
はてなブックマークは、自分が関心のあるエントリーや記事をタグを付けてブックマークしていくもので、公開している場合には、他の人もそのブックマークの内容とコメントを観る事が出来るというものです。
このブログも「Feedを追加」のところにちっちゃい「B」のアイコンがありますが、ここをクリックしてもらうと、ブックマークできますので、お試しください。

さて、そんなブックマークの中でも「これはひどい」とか「死ねばいいのに」とかいったタグが存在し、ネットサーフィンをしている人が、「こりゃ酷い」って記事やサイトに出会った時に、このようなタグを付けて公開登録するわけです。

例えば、本日12/23現在の「これはひどい」を検索すると、注目エントリーのトップは、「ホテルで仕掛ける聖夜のサプライズ.3&4 - [男の夜遊び]All About」な訳ですが、「ありゃりゃ」といったエントリーですね。
2番目は「クリスマスの夜こそ、男らしく彼女をリード! :: INSIGHT NOW!」でした。まあ、余計な御世話というところでしょうか。

まあ、クリスマスを前にさほど大きなネタは出ていないようですけど、ネガティブ系のネットの話題をリアルタイムで覗くには、覚えていても良いと思います。

ちなみに、上記2つの検索結果はRSS配信しているので、直にウェブを見なくても最新の情報が手に入ります。



キーワード「死ねばいいのに」を含む注目エントリー
タグ「これはひどい」を含む注目エントリー
posted by 古着オヤジ at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

アイク・ターナーを偲んで

実は今月の12日にアイク・ターナーが亡くなっていました。
一般には「アイク・アンド・ティナターナーの旦那の方」と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

髪結いの亭主宜しく、女房にミニスカート穿かせて歌わせて稼がせているヒモ親父の様なイメージをお持ちの方もいるかもしれないので(余計な御世話ですが)、ちょっと書いてみます。
iketurner.jpg
実はとても凄い人で、パイントップ・パーキンズにブルースピアノを習い、キングズ・オヴ・リズムを結成して、ジャッキー・ブレンストン&ザ・デルタ・キャッツ名義で「Rocket 88」を出しています。
この「Rocket 88」はロックンロール・ナンバーの第1号であると言われており、つまりアイク・ターナーはロックンロールの生みの親でもあるのです。
そんなわけで、ロックンロールの殿堂入りをしていました。
ちなみにジャッキー・ブレンストンは、キングズ・オヴ・リズムのサックス兼ボーカリストで、ジャッキー・ブレンストン&ザ・デルタ・キャッツっていうのはキングズ・オヴ・リズムと考えても良いと思います。

その後、メンフィスを中心にキングズ・オヴ・リズムのバンマスとして活躍しながら、スカウトもこなすという働き者で、その過程でティナ・ターナーに出会ったわけです。
この件、映画「Tina」を観ると、かなりシビレル展開になっていますが、実はこの映画がアイク・ターナーの悪人イメージを定着させた犯人でもあるようです。

ティナ・ターナーと出会ったアイクは、アイク&ティナターナーとして活躍し、数々のヒットを生むわけですが、その音作りやショーアップは全て彼の手によるものだったと言われています。
YouTubeなどでも見られる、当時のレビューの様子は、ステージ正面で力強くシャウトするティナの横で、やはりミニスカートのアイケッツが踊りながら歌い、その後方では、アイク及びキングオブリズムの面々が、スウィングしながら演奏するという、何ともビジュアル的にも格好いいショーをやっていたようです。

ブリティッシュロックのスペンサー・デービス・バンドあたりは、まんまアイク&ティナターナーのコピーやってましたね。

この時代のアイクはその才能を余すところなく発揮したようですが、フィル・スペクター絡みのアルバム「River Deep」あたりと他のアレンジを聴き比べると、泥臭くノリの良いR&Bフィーリングに「成程なあ」と感心されられます。
初期のキングオブリズムの曲を聴くと、まんまのブルースなんですが、リズムに斬新さが見られて、先見性も感じさせます。

ご冥福をお祈りします。
合掌

posted by 古着オヤジ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月21日

Shirt Cold Weather (ベアシャツ)

5米軍ベアシャツShirt Cold Weather Synthetic Pile<Medium/未着用>

本日のおすすめアイテムは、米軍放出品で、正式名称Shirt Cold Weather、通称ベアシャツです。
これは、化繊のパイルで出来た、フリースの様なもので、ECWCSゴアパーカのインナーとして作られたものです。

一番最初、ゴアパーカを着ていた時、Extreme Cold Weatherにしては、全然温かくないぞ、と不審に思った事があったのですが、これと合わせて着用すると、疑問も解決。快適さに驚きました。
(もちろんベアシャツの存在は知っていましたが、ユニクロのフリースでもいいじゃん、なんて考えていました)

地厚のパイルで、摩擦で余分な力がかかりそうな箇所はサテン生地が縫い付けてあります。
また、脇の下は、サテン地の一重仕立になっており、これによって、ゴアパーカのベンチレーションジッパー(脇の下に付いているジッパー)が最大の効力を発揮するという次第です。
(つまり脇の下のムレを防ぐという、うれしいワッキー防止効果です)
また、首回りをしっかりガードするので、この点でもゴアパーカの防寒力を引き立てます。
ポケットも胸に2つとハンドウォーマーが2つ付いているので便利。

ベアシャツは同素材でハイウエストのパンツも存在し、これらを着こむと完全防御となるのですが、物騒な世の中になったので、街場で着るには上下カモフラージュはいかがなものかと...
(九州あたりでやっていたら、職質されそうです)

このベアシャツ単体でも着用できるので、家で袢纏代わりにも良いかもしれません。
おまけにユニクロ並に安い。

しかし、欠点もあります。
何より、強烈な毛玉を出します。放っておくと撚れて細長い毛玉ならぬシロモノが表面を覆います。
これは、フリーズの比ではありません。
元来が軍用なので、「そんなの関係ねえ」(古いですが)なのでしょうね。
これには、毛玉取りが何より効果があります。

つまり、まるでヒゲを剃るように、定期的に毛玉取りをしないと、物凄くモノグサに見えてしまうという難点があります。

ちなみに、私は愛用しています。
便利なので、毛玉取り位は仕様がないかなと諦めております。

足し算・引き算すると、お勧め度の方が、かなり上となります。
ゴアパーカ以外にもアウトドア系のインナーとしても活躍するでしょう。
posted by 古着オヤジ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月20日

手抜きホームページ業者の仕事は凄かった!

私は、ウェブサイトの制作もちょびちょびとやっているのですが、先日、あるきっかけで、とある会社のホームページを「良かったらやってみないか」と言われました。
それじゃあ、「とりあえずサイトを見て、問題点があったら連絡しますよ」と約束しました。

とりあえず、教えられたURLを辿ってそのページを見てみると、外見は綺麗にできているのですが、明らかに「カモにされて」いました。

絶句に近いシロモノです。

ある程度大手の制作会社に頼んでいるというこのサイト。
どんなページかと言うと、メインページはテーブルレイアウトに大きめのフラッシュが入っている状態。
フラッシュはパンフレット映像をフェードイン・フェードアウトしたもので、横幅が600PXはあるかという、大判サイズ。
当然ですが、中身はありません

フラッシュは印象付けに非常に効果的ですが、すぐに目アカが付きます。
そのため、こんな大判のフラッシュだけのページの場合は、定期的にメッセージと画像を、つまりフラッシュを入れ替える必要があります。
また、ロボットに対しては全く意味をなさないので、フラッシュやActionScriptをメインの仕掛けでウェブサイトを作りヒットさえる為には、莫大な別途広告費とバックボーンを必要とします。

突っ込みどころ満載なのですが、一番は、「誰に」見に来てほしいか、「何を」伝えたいのか、見た人が「どんな」情報を得るのか、全く中身が無いのです。

結果、有益な情報は、アクセスマップと会社概要だけっていう、凄すぎるカモサイトでした。

しかも、検索エンジンからは、開設2年以上なのに、まるで八分でもくらっているように、すべて圏外。
インデックスされているページ数は数十ページのみにも関わらず、被リンク数は500位。
つまり、SEO対策の名目で、これまたカモになっているというオマケ付きです。

当然ですが、URLを教えられた人以外は、誰も訪れずに、名刺とパンフにURLを載せるだけの意味しかない、サイトでした。

恐ろしいのは、その事にオーナーが全く気付いていないことでした。

約束通りに電話をすると、「お酒を飲んでしまっている」との事。
この惨状は報告しませんでした。
それほどの縁もゆかりも無いので、このまま放置しておきましょう。
きっと、これからも良いカモになり続ける事でしょう。

正直な話をすれば、あの状態よりは、無料ウェブサービスの方がよっぽどマシなわけですが。

しかし、ひどい会社もあるもんです。
全くの素人相手なら、あの程度でも騙せるんですね。

ウェブサイトの制作でも本気でやろうかなと思わせる出来事でした。
posted by 古着オヤジ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

おすすめ古着「シアーズFieldmasterレザージャケット」

50年代Sears FieldmasterトラッカーJKまた古着の事を全然書いていないので、商品紹介など。

Searsの「フィールドマスター」ブランドのレザージャケットです。
やっぱり、この時代のシアーズとかって良いですね。

写真で見た感じはSchotのボマージャケットのボアを取った、いわゆるトラッカージャケットに見えるのですが、さりげなくエポレットが付いていて、肩幅が結構広めでショートレングスです。

私が身長175弱ですが、試着すると、幅はぴったりですが、丈はへそが出るかでないか位。
そんなんなので、着ると格好いいです。

レザーはそれなりにヤラレた感じのところもありますが、全体的に良いコンディションで、やはり作りの良さが出ています。

蜜蝋系をこまめに塗って、適度にツヤを出すのもいいかもしれません。

残念なのがインナーのシミです。
レザーウォッシュしてあるので、もちろん汚くはありませんけど...
まあ、着た時に見える部分ではないので、ちょっとお買い得かも。

50年代Sears FieldmasterトラッカーJK


posted by 古着オヤジ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月18日

UFO話に花が咲くって?

知ったかぶりの辛口です。
何分素人の文句なんで、突っ込みどころ満載ですので、どうぞコメントしてください。
少しでも、意見が出た方が良い結果が生まれるような(そんな影響力はないか!)。

原油値上げに悲鳴をあげる消費者や、生産業者や私たち庶民の不満をよそに、政府は何をやっているかというと、こんな事をしているそうです。

政府は18日、「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」は存在しないと、閣議決定した答弁書で見解を示した。
政府がUFOの存在を正式に否定したのは初めて。
民主党の山根隆治氏の質問主意書に対する回答。
「UFOを目撃したという情報が後を絶たない」との前提で行った質問に対し、「情報収集、外国との情報交換、研究などを行っておらず、わが国に飛来した場合の対応についても特段の検討を行っていない」としている。
 航空自衛隊は領空の上空に侵入するおそれのある正体不明の物体には「戦闘機を緊急発進させ、目視による確認をする」としているが、UFOを確認したことは「事例として承知していない」とにべもない答えだった。
イザ!「UFOは存在しません−。」


 閣議に大槻教授と矢追純一さんを加えると、華が咲く事と思いますが、思いっきりピンボケですね。
 
 以前に書いた原油値上がりのカラクリとその大元サブプライム損失の件ですが、本家アメリカのゴールドマンサックスは、サブプライムローン担保証券の価格下落を予想して、約40億ドルの利益を上げ、11月期の利益が過去最高益の110億ドル以上となる可能性があるそうです。

片や、日本の年金は同じくサブプライムの影響での株安により運用を誤り1.6兆円の赤字(つまりパー)だそうです。
管理総資産91兆2,787億円のうちの1.6兆円です。
そのうち、19.97%を国内株式、14.88%を外国株式で「運用」していたそうです。

只でさえ、不祥事ばかりの年金の、約35%が「株」投資に充てられていたとは…

「対岸の火事」どころではなく、足元が燃えていたわけです。
しかも火元に近いところでは、「最高益」のプレゼント付き。
火事騒ぎで誰が損をし、誰が得をしたのか?

投資家の中でお金が動いているのであれば、自己責任ですが、一般庶民の生活にまで影響が出てくるようになれば、国の無策による「人災」だと思います。

こんな状態の中で、「税金で石油を買って給油をしよう」と必死なのは、かなりピントがずれているような気がするのですが。

エイプリルフールでもないのにUFO話を閣議決定していていいのでしょうか!


関連記事
原油高騰とミャンマー事件についてマジメに考える
鼻水は手で拭え!って時代? 
posted by 古着オヤジ at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月17日

ダン・フォーゲルバーグによせて

danfogelberg.jpgダン・フォーゲルバーグ氏(米ロック歌手)AP通信などによると、16日、前立腺がんのため米メーン州の自宅で死去、56歳。
イリノイ州出身。
1970年代から80年代にかけて「ソフト・ロック」のジャンルを確立したシンガー・ソングライターの1人。
ヒット曲に「バンド・リーダーの贈り物」などがある。2004年から闘病を続けていた。
イザ!「ロック歌手、ダン・フォーゲルバーグ氏が死去」


残念なニュースです。
ブラック・ファンク大好きですが、JTとか彼の歌も大好きで、キャンプに行ったりするとテントの中で一人聞いていたり(暗い?)、なんか寒くて仕様がない時に毛布をかけてもらう様な、そんな歌を歌ってくれていました。
おすすめアルバムでもちょっとだけ書いています。

私が好きなのは、ちょっとマイナーですが、Suveniorって曲です。

一節はこんな感じ(拙訳ですが)
And down in the canyon
The smoke starts to rise.
It rides on the wind
Till it reaches your eyes.
When faced with the past
The strongest man cries...cries.
渓谷の下から煙が上る
風に揺られながら目にしみる
人は過去に向き合うと、
どんなに強い男でも泣くものさ

Longerもいいですね

ご冥福をお祈りします。
Dan Fogelberg.com
posted by 古着オヤジ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月14日

今夜のBGM−Sly & The Family Stone「STAND!」

standcover.jpgこれは名盤中の名盤です。
このアルバム出しちゃうと、先が続かないって位ですね。

当時日本盤の解説をよく書いていた今野雄二さんの言葉によるとスライは「王子様」だそうで、まあ、かなりジャンキーな王子様ですが。

私が初めてSLYに遭遇したのは、映画「ウッドストック」からですが、友達にこのアルバムを聴かされて、ショックだったのと共に、イマイチ良く分からなかった記憶もあります。

当時、渋谷のマンハッタンレコードで、1stが1万数千円してたんですが、友達が買ったのをカセットテープに入れてもらって聞いていました。
今じゃCDで聞けるんだから、良い時代です。

この人がスゴイのは、RockとFunkとその他諸々の垣根をぶっ壊して、ハイヤーの世界を作ってしまった事に加え、ファミリーストーンは、男女人種、兄弟に夫婦と入り乱れてのバンドで、そっちの意味でも垣根をぶっ壊している点。
この人が黒人としては初めてRockよりのアプローチを始めたんですよね。
しかも、あの王子様のいでたち。
あれは、出来ないわ!
エルビスを超えています。

それと、兄ちゃんのギターはもちろんですが、ラリー・グラハム御大の登場で、チョッパーが出てきた事も後のサウンドに大きな影響を与えています。

そう、SLYが多少ラリパッパになっていても、あのリズムがガンガンと攻めてくると、抵抗できない迫力がありますね。

アルバム収録曲
1. Stand!
2. Don't Call Me Nigger, Whitey
3. I Want To Take You Higher
4. Somebody's Watching You
5. Sing A Simple Song
6. Everyday People
7. Sex Machine
8. You Can Make It If You Try

今じゃ全曲好きですが、おすすめは1,3,4,6あたりでしょうか(あくまでも私の好み)。
特に3のハイヤーより、6の方が好きだったりします。

聴いたことのない人は、是非トライを!

Foxytunes Sly & The Family Stone
posted by 古着オヤジ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月12日

新親子キャラに猫殺し祭り


師走です。
古着にもファッションにも全然、関係ありません。

今朝みのもんたの番組を見ていると、船場吉兆の記者会見をやっていました。
いつものよく喋る取締役ではなく、何か大人しそうな坊ちゃん育ちのような取締役が会見席にいました。

嘘の上塗りをして、その都度対応を変えてきた船場吉兆のその日の態度は、基本的には非を認めるという事でしたが、今まで対応してきた記者の怒りも手伝ってか、厳しい口調での質問が相次ぎました。
ついに言葉につまったその取締役の隣には、先代のお嬢さんになるのでしょうか?取締役の母上が鎮座なさっていました。
ああ、朝からびっくりした。
白髪頭の取締役に「あれこれ」と台詞を小声で言っているのがマイクにしっかりと入っていました。
何より驚いたのは、その台詞を一字一句違わずに取締役はおっしゃっていた事。
これが、ここの縮図で、すべての問題の原因なんだろうなあと思った方は私のほかにもいたと思います。

和泉宗家以来のひさびさの「濃厚親子キャラ」誕生ですね。

ところで、ネットの世界も、結構凄いことになっているようです。

先日はテラ豚丼(あれ以来、吉牛食べる気がしません)だの、ゴキブリケンタッキーだのと一般ニュースにも取り上げられるほど、祭りづいているらしいですが、今度は「猫殺し」だそうですね。

これ、一般の(公務員らしいですが)人が、自分のブログで、ネコを車で轢いちゃったことを書いたらしいのですが、この記事を見た人がこのブログのアーカイブを検索して、2年前に書いた記事を発見し、それを2チャンネルに書いて、祭に火が付いたらしいです。
どんなブログかっていうと、この方の愛車を中心によもやま話を書いているという事で(すいませんが、私は実際にサイトを見ていません)、その愛車で猫を轢いちゃったらしいです。
それでもって、祭の火種になっているのは、この方が、かつて独身時代に独身寮に住みついて子供を産んだ猫がいたらしいのですが、その子猫を布につつんで、燃え盛る焼却炉に入れた親猫は袋に詰めて川に流した。と、いうもの。

まあ、今になって言えば敢えてブログに書くような事でもなさそうですが、このことを核として、日頃の行動だの何だのと問題になっているとの事です。

恐ろしいのは、匿名でのブログ投稿だったようですが、どうやら色々と記事から情報を探り出し、個人の特定に近いところにいると。(ホントかよ!)
しかも、個人の家族の情報も把握中との事。(これはやり過ぎでは?特に息子さんは関係ないと思うなあ。)

ここで確認しておきたいのは、ブログ主は公務員ですが基本的に一般市民であること。
つまり、私同様、オヤジが、趣味と与太話をブログに書いていて、脱線してしまった程度かも。
おそらく書いてしばらくは、そんなエントリー相手にもされなかったんでしょうね。
アクセスも知れているし、何より車についてのブログだから、「猫」について書いているわけじゃないから。

祭りは、ある日突然にやってくるんですね。
少なくても、このブログ主には、何の心の準備も出来ていないはず。
恐ろしい。

経緯は2チャンネルのスレあたりで確認すると良いのだろうが、すでにいくつもスレが立っている状態なので、私も全部は見れませんでした。
とりあえずひっかっかりを付けておきます。
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197336229/
posted by 古着オヤジ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月07日

本場の中華料理は命がけ?

さて、私の食生活は大したことは無いのですが、貧乏グルメとして欠かせないのは、やはり「中華」の存在。
ここでの「中華」とは中華料理だけでなく、細かく突き詰めれば、材料を含めての話なんですが、その中国は恐ろしい事になっているようですね。

イザ!即席めん食べた小学生4人が死亡 中国雲南省

って、有り得ない話だと思いませんか?

ちょっと前にも「有毒きくらげ」だの「段ボール肉まん」だの、全く予想外のヒットを飛ばしてくれますが、インスタントラーメンで子供が死んでしまうのです。
ホントかなあ?
あの「段ボール肉まん」も結末は「ヤラセ」に終わったけど、開いた口が塞がらないニュースでしたが。

中国人というのは、私は感心するし、ある意味尊敬もするんですが、「ツバメの巣」だの「熊の手」だのを珍味として食べてしまう。
というか、最初に高級食材として取り上げた民族です。
残念ながら私は「熊の手」は食したことがありませんが、「ツバメの巣」は美味ですよね。
これって、凄いのは、やはり一番最初に食べた人なんですよね。

「あの海燕の巣、ちょっくら食べてみっか?」

普通そうは、思いつかない事です。
かなりのチャレンジャーです。

「結果オーライ」というか、「食べてみて美味かったら、まあいいじゃん」みたいな「常識」があるのですかねえ。

で、話は戻りますが、「即席ラーメンで小学生が死亡」の話。
死亡したのは9−13歳の女子3人と11歳の男子で、即席めん1個を4人で分けて食べたが、30分後に口から泡を出すなどして苦しみだし、相次いで死亡したそうです。

日本に住む私には全く理解が出来ないのですが、どうやら、即席めんは製造過程の「水抜き」で「油揚げ」をするのですが、その油がトンデモ無かったんじゃないかなという見方だそうです。
つまり純粋に「食用油」ではなく、工業用も入り混じっての「廃油」を使用していたんじゃないかって見方もあります。

「危なそうでも、やってみて無事すんだら、いいか」みたいな、かなりアウトローな食品製造がまかり通っているという事でしょうか。
でも、インスタントラーメンですよ。
日本じゃ、不味いものはあっても、命までは取らないですよねえ。

テレビでも、中国人の金持ちは日本製の食品を買い求めているという報道をしていましたが、確かにこれが本当なら、恐ろしくって街場で買い食いもできないかも。
しかし、日本人の私の家は、見渡すと結構、中国製の食品が溢れています。
おまけに、中華が好きなんですよ。
「チャンレジャー」になる勇気はないしなあ。

大丈夫なのかなあ?
posted by 古着オヤジ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月06日

ちょっとおすすめの古着

フランス軍レザーライダーズコート今回お勧めしたいのが、このフランス軍のライダースコートです。
古いものではありません。
90年代アタマのものです。

おすすめのポイントとしては、
  • ボタン掛けもできるけれども、裾から襟元までジッパーで密封できる
  • Wジッパーなので、状況に合わせた密封が可能
  • 丈が腰まであるので、風をシャットアウトできるし、体感温度も高い
  • 通常のジャケットを着てもショートコートとして活用できる
  • 柔らかいけれども地厚の皮をしようしている
  • ダブルでお洒落
こんな感じでしょうか。

街着としてもとてもスタイリッシュですが、実際バイクに乗られる方とかにはかなり便利だと思います。
スーツの上から羽織れますし、風も完璧に通さないです。
ですから、古いものではありませんが、モッズっぽくお召しになるのもGoodです。
もちろんデニムとの相性もバッチリなので、オフでも活躍します。

このジャケット、ボタンが全部取られていたため、フロント部分、スーツ用のボタンを付け替えています。
そのため、一見するとミリタリーを全く感じさせない印象になっています。

お好みですが、革のクルミボタン(同色でも良いですし、ブラウン系も良いかも)あたりと交換しても雰囲気出ますね。

アメカジっぽくはないのですが、ビンテージレザー愛用の方にも2枚目のレザーとして、とってもお勧めします。(実は私も愛用しています。)
posted by 古着オヤジ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

ビンテージJUNK関連のトラックバックBOX作りました

junks.gifこのブログ書いてて随分になるのですが、そういえばトラックバックだのコメントだのって殆ど使ってないなあって気が付きました。

まあ、思いつくまま勝手な事を書いているんですから、無理もないのですが。

PVもちょっとは形になってきていますが、殆ど常連さんの様です。
どうせなら、見に来てくれる方も含めて、JUNKや古着好きの人のブログをもっと広げたいなあと思い、トラックバックBOXを作ってもらいました。

その名も「ジャンクスタイル-ビンテージライフ」(長ーい)!

古着だのFUNK音楽だの、映画だの雑誌だの、雑貨だのその他もろもろ、JUNKスタイルやビンテージスタイルに関する事、何でも書いたら送って下さい。
右サイドバーにあるこちらのバナーをクリックしてみてください。

ちなみにトラバURLは
http://member.blogpeople.net/tback/09405
です。

posted by 古着オヤジ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月03日

台湾に甲子園を見た!ありがとう星野ジャパン

感激しました!
日本の野球も捨てたもんじゃない!

終わってみれば10点も入れましたが、いつものプロ野球とはかなり違う内容でしたね。
選手のユニフォームが土だらけになってました。

新井の顔見ましたか?
川崎の顔見ましたか?
大村のスクイズ見ましたか?
宮本のスライディング見ましたか?
あのスター選手を揃えて、よくもまあ、これだけのプレーができたなあと感心します。
チーム一丸での勝利と言えます。

そう、まるで甲子園の球児に戻っていました。

あのチームで「全力野球」が見られるとは。
昨日の試合も凄かったけど、今日の試合もちょっと忘れていた「野球の面白さ」を教えてくれた気がします。

熱いチームで、熱い試合を見せてもらいました。
ありがとうと言いたいです。

iZa:完全アウェーで7回2失点 大役果たしたダルビッシュ
posted by 古着オヤジ at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月02日

野球でこんなに興奮するなんて

韓国戦の星野ジャパン素晴らしかった!
野球の試合でこんなに興奮したのはWBCの決勝以来です。

日本のプロ野球選手はさすがです。
知らずに言うのは申し訳ありませんが、シーズン中あんなに真剣な顔をしていたものなのでしょうか?

これほどかというような、投手陣に対して、それでも毎回ランナーを塁に出してくる韓国。
アジアで野球と言えば日本だろうという、古い常識はもはや通用しない事を痛感しました。
レベル高いです。
3番バッターがボールに当たりに行ってデットボールにしてでも塁に出ようというのは、驚き半分でしたが。

韓国のピッチャーも素晴らしかった。
変則投法で日本の強打者を抑えていました。

MVPになる人は、何人もいましたが岩瀬上原の両投手には本当に脱帽させられました。
あのプレッシャーの中で、あれだけのプレーができる事、そしてそれを支えてナインが一つになってチームを形作ったこと。
日本の野球も捨てたもんじゃあないですね。

星野監督、「こんな人が会社の上司だったらたまんないよなあ」という方ですが、根っからの「野球小僧」なんですね。
根っこが理解できる選手やスタッフには、「熱い男」としてカリスマ性を持てる人なんですね。
本当に素晴らしかった。

素敵な試合をありがとう!
台湾戦も勝って、五輪行きを決めてください。
posted by 古着オヤジ at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク

本日のBGM-「Joy」Isaac Hayes

issachayes.jpg彼の代表作としては、まず「Shaft」でしょうが、それは又別の機会として。

アイザック・ヘイズは、最初マーケーズでのサックス演奏を皮切りにStax/Voltでセッションキーボード奏者として活動していました。
後にデビッド・ポーターと組んでサム&デイブの曲を書くようになりました。
その後、ソロでのアルバム発表をしていきます。
彼の特徴は、Funkにオーケストラを組み入れて、リズム構成を凝ってみたりと、当時として斬新なアプローチを実践したことで、オーケストラが入っても、タイトなリズムでだらけないあたりでしょう。

この曲は「Joy」ってアルバムに入っています。
学生の時分に買ったものですが、まずジャケットが強烈です。
髪はそり上げてスキンヘッド、おまけにかなーりゴツイ体の素肌の上に毛皮のコートという、禁じ手です。
裏には上半身裸に、金の鎖のベストをまとった御大の写真が。
極めつけは毛皮のブーツで、その全身のコーディネイトは「ワイルド」というよりは「雪男」か何かを連想させます。

濃いーんですよ。ホント。
70年代を思いっきり煮詰めたようなエキスのような「お姿」です。

それでもって、針を落としてみると、どうも「男女の営みの実況中継」の様な音がずーと流れてきます。
大音量でスピーカーから流していたので、かなり恥ずかしい状態でした。

この曲は確か、その一連の後に入っていた曲ですが、低い声、タイトなリズム、シンコペーションの多様で複雑な構成、泥臭くドラマチックなサビの部分と、ヘイズの魅力を十分に伝えているものです。
前記の「男女の営み」コーラスのせいか、あまりアルバムとしての評価は高くないかもしれませんが、聞いてみる価値ありです。

余談ですが、この人、サウスパークのChefを演じていたんですよね。

FoxyTunes:Isaac Hayes / Joy(試聴できます)

posted by 古着オヤジ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music このエントリーを含むはてなブックマーク