2008年02月18日

岡田監督、中国戦こそは期待してます!


from MFinChina

書かずに置こうと思ったのですが、一日経って頭も冷えたので、ちょっと冷静に。

岡田ジャパン、日曜の対北朝鮮戦、正直パッとしなかったですね。
先発メンバー表を見た時に、「あちゃー」って感じて、「こうならなきゃ良いけどなあ」って思っていた事がそのまんま現実になっての世界ですね。
私の様な素人でも危惧してしまうリスクですから、そりゃ色々と言われるでしょう。

この試合で岡田監督は3人の選手を代表デビューさせたが、このことが「経験の少ない選手が多かったこともあって、少し消極的になった」(イザ!)のではとのコメント。

で、これ以上は言いません。

オシム元監督のもとで、出来つつあったチームを急きょ引き継いでの参戦です。岡田監督が思い描いている戦い方・ゲームの進め方が、現状の選手ではミスマッチになっているし、テストもしたいんでしょうね。

この2戦を見てみると、どこで新しさを出すのかと言えば、サイドからの突破を起点にして、何人もが前線に上がって、波状攻撃をする、というスタイルをしたいのかなあ、なんて勝手に推測してしまうんですが、そのためにサイドをいじりたいのかなあ、なんて思っています。

何れにしても、ここまで来たらブレずにしっかりと、体制作りをするしかないし、監督の描いた絵をしっかりと選手が引き継いでいくしかないでしょう。

それにしても、中国のサポーターは酷かった。
自国戦でもないのに、あのあからさまな敵意と、ホイッスルを吹いて妨害。おまけにスタジアムはガラガラ。
これでオリンピック開催っていうんだから、大丈夫だろうか?
天安門事件以降の反日教育徹底のすさまじさを感じます。

中国戦はスカっと決めてほしいですね。
頑張れ!
posted by 古着オヤジ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク