2008年04月27日

聖火リレーから一夜明けて雑感



すったもんだの末でしたが、逮捕者6人程度と「大きな混乱?」も無く、無事終了した長野の聖火リレー。
当初スタート地点とされた善光寺は、チベット騒動の鎮魂行を行い、仏教の善意を守ってくれました。

現地にも行かず(その理由もないので)、テレビや新聞のニュースを見ての、全くの傍観者として、勝手な意見を言えば、中国人が自国の「お祭り」に興奮して、集まるのは理解できるのですが、どうしても理解できない事があります。

それは、「どうして、彼らは他国で中国国旗を掲げて騒いでいるのか?」と、言う事です。
留学生が集まるにしては、手際が良いし、組織の統制もとれて、国旗などの備品も充当している。普通に考えれば、中国の留学生がみんな、通常国旗を家に置いているとは考えられず、しかるべき供給ルートや統制組織があったんだろうなとは常識的に推察できます。
また、彼らがテレビなどのインタビューで繰り返すコメント「政治とオリンピックは無関係」についても「?」です。
だったら、なぜに中国国旗を大挙して聖火リレーの開催される街に持ち込むのかと疑問に思います。

だったら、
五輪の旗を掲げて、「北京オリンピックを成功させよう!」で良かったんではないでしょうか!

長野のお祭り騒ぎには、たくさんの人が集ったらしいですが、一般の人間もこの騒動の様子を見ると、大きく引っ掛る「?」が生まれるでしょう。
恐らく全世界で…

「オリンピックって何だったっけ」
と純粋に考えさせられます。

開催国の利益や、政治問題やナショナリズムの高揚の為のみに、世界のアスリートが夢を求めて集うのでしょうか?

混乱はこのあたりでも垣間見えますね。
留学生に右翼が暴行…中国が報道

【追記】バンキシャにて
posted by 古着オヤジ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

30−22=8は合っているか?



釈放された沢本あすか、あくまで「22歳」と言い張る
東京・秋葉原の歩行者天国で下着を露出したなどとして、都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された自称グラビアアイドル、沢本あすか(30)が26日、一夜明けて釈放されたことをブログで報告した。
今回の逮捕で8歳サバを読んでいることがバレてしまった沢本だが、「マスコミの30歳という記載は間違いです。22歳。さすがに30のわけないよね。だったら仕事もこなさそう」と、警察発表を真っ向から否定。過激な露出パフォーマンスさながらの“図太い神経”を垣間見せた。

 ネット上では、ブログのURLに含まれている数字から生年を推定するなど、年齢の証拠探しがさっそく繰り広げられているようだ。

引用部分が長くなってしまいましたが、このセチがない世の中、ほのぼのとさせられるニュースです。
沢本あすかのるんるん♪なコラムってブログで披露しているそうです。
現在、ミクシーまいみく希望1000以上、
メッセ1000以上、コミュ入会希望300以上、
メール500、コメント毎日2000くらい。
免許や住民票では登録番号や整理番号や住所や本名が出ていて、そこから家族構成なども何もかもばればれになるから、他に何か証明できるものはないかと探してます。住基ネットをとるのがいいとの提案もありましたので検討してみます。

との事。
逮捕で終わりではなく、この先もほのぼのとした話題を引っ張ってくれそうです。
新たな祭りの予感を漂わせており、要注目の気配です。
posted by 古着オヤジ at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク