2008年05月27日

岡田監督、テストはそろそろ!



今日のキリンカップ・パラグアイ戦、0-0のドローで日本の優勝となりましたが、すっきりしない試合でした。

前回から参加の海外組、松井・長谷部に加えて、中村俊輔を入れての日本代表フルメンバーで臨んだ試合でしたが、スタメンのポジションから???の展開で、岡田監督が何かのマジックを仕掛けているのかとも思いましたが、予想通りの展開になってしまいました。
何で、巻が先発FWなのか、阿部を引っ張ったのか、遠藤と中村憲剛の役割が見えない事、など、前半から??でした。

そんな中、やっぱり中村俊輔はすばらしい。
ディフェンスを引きつけてバックスピンのかかったピンポイントでの柔らかいパスは、大きなチャンスを作り出していました。

しかし、それを生かせないFW・MFは正直残念でした。
スペース取りが読み切れないのか、トラップミスを連発し、相手ディフェンスに取られていました。それだけプレスがキツイという事でしょうが、FWはしっかりして欲しいですね。
特に巻!
私はジェフファンなので、巻は大応援なのですが、巻の持ち味は瞬発力と背の高さとアグレッシブさだと勝手に思っているのですが、今日は球筋を読み切れていないし、しっかりとオフサイドラインでのトラップにかかってしまっているし、スタートが遅いし、何より、大きなチャンス球で胸トラップからシュートという弾を、わざわざ頭を下げて、ディフェンスのようなヘディングしたりと、全然でした。まあ、途中までは相手のディフェンスもしっかりと付いて対応していたし、動きづらかったんでしょうが、そういう位置でスピートをかけて存在を示せば、ゴール前のスペースは全然違ったものになった筈です。
結果走り込みが弱いか、無駄な動きばかりかで、前半中盤からは居ても居なくても変わらない位になっていました。

後半に交代した高原も相変わらずの動きで、凡ミス連発。
自分が思っているプレーまではまだまだなんでしょうけど。

松井と長谷部か交代で入りましたが、一番????なのは、松井のポジション。

右サイドを中村俊輔がパスで仕掛けるのなら、松井は得意の左で、狭い場所からのスピードを生かした攻撃で使えば、もっと多様な攻撃が出来る筈なのに、松井のポジションは右サイド。

結局スペースを生かしきれずディフェンスにしっかり対応されてノーゴールのまま試合終了。

今回も「テスト」なんでしょうが、この試合については、岡田監督の采配にこそ原因があるような気がします。

選手の特性をもっと把握して、勝てる試合をしてほしいです。
posted by 古着オヤジ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク