2008年06月22日

「勝ちは勝ち!」喜んでますが!


日本、バーレーンに1−0で勝利 W杯アジア3次予選(イザ!より)


W杯南アフリカ大会アジア3次予選最終戦、テレビ観戦しました。
ホームでの試合で、ボールの支配権は日本が圧倒的優勢であったにも関わらず、前半から得点できても全く不思議じゃない状況で、点を取れないという、腰がムズムズするような展開でした。

中村俊輔のPKもアチャでしたし、遠藤のFKはありゃ間違いなく入っていたろう!と。

それよりも、遠藤のFKのこぼれ球を本田が対応できずに、流してしまったあたり、このチームの本当の課題が見えているような気がします。

敢えて素人批評をさせていただけば、まず、代表戦での得点での多くを占めるセットプレーからの得点では、上背の高いチームには通用せず、逆にカウンターを仕掛けられる危険性が高い事。

中盤までのパス回しで徐々に上がっていく戦法も、前線がガードされて、パスミスをすることが多く、そこからロングパスを決められると、中盤が付いていけずに、ピンチを簡単に招いてしまう。

相手チームからすれば、中盤で無理に闘わなくても、最終ラインをしっかりと固めておいて、FWへのパスをしっかりと塞げば、即チャンスに持ち込めるというシンプルな戦法で、前回のバーレーン戦でも、同じパターンを繰り返されていました。

それと、前線がガードをかわせずに、パスラインが乱れてボールをつなげない事も多かったような気がします。

毎度の事ですが、パス回しは上手くても、点が取れないという試合展開となりました。

しかし、そういう中でも勝てたのは、最後の気合の部分で勝っていたからだとも言えると思います。

勝ちは勝ちで正直うれしいですね。

でも、課題は依然歴然としているような気がします。
最終予選もぜひ突破してほしいです。
posted by 古着オヤジ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年06月18日

Firefox3を入れてみました。



ついにファイヤーフォックス3が解禁となりました。
朝からサーバー混みまくっていて、自宅のPCはやっと今更新したところです。
今回は「24 時間最多ダウンロードソフトとしての世界記録挑戦」ということで、私もダウンロード参加のメールを送っていたので、ほっとしました。

18日23時現在、合計ダウンロード数は6,846,019件、 日本は350,006件だそうです。
果たして、目標がいくつなのか全くわからないのですが、東京では19日の午前2時までだそうです。

あんまり意味ないかもしれませんが、火狐ちゃんが可愛いのでバナー貼っちゃいます!
Download Day 2008

リリースによれば、Firefox 3は新たなレンダリング・エンジン「Gecko 1.9」を採用し、旧版「Firefox 2」に比べWebページの表示速度が2〜3倍速くなった上に、1万5000件以上の修正を施した結果、メモリーの使用量が少なくなり、安全性と使いやすさが向上したとの事。

まあ、Greasemonkey入れてる私には、あんまり関係ないかもしれないのですが、リソース大食いの火狐ちゃんが、スリムになった事は大変喜ばしいです。

posted by 古着オヤジ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新・システム関連 このエントリーを含むはてなブックマーク

ラーメン評論家というお仕事


ラーメン評論家監修のカップ麺が売られたとか...
見た感じは昔の究ラーメンを連想させるような感じです。
プロフィールには28歳でラーメン食べ歩き10年、取材した軒数500軒…
ラーメン評論家石山勇人プロデュースの「濃厚チーズ豚骨ラーメン」試食レビュー

昔話です。
もう、10年以上前の話ですが、札幌の大学の先生がサーバーを組まれて、その中にMLを組まれて解放してくれていました。

「ラーメンML」という名称でした。

広告が入るわけでもなく、純粋にこの先生の趣味ボランティア精神を起点としたものでした。

まだ通信の世界はダイヤルアップが基本の時代で、モデムの「ピーガー」って音と共に全国のラーメン情報が集まってきました。当然メンバーはラーメン好きかつパソコンに詳しい人間が多かったです。

当時のラーメンの露出は映画「たんぽぽ」から増えては来ているものの、さほどでも無かったんですが、このMLは関東・九州・札幌と全国から「自称ラーメン好き」が集まっており、結構話題も豊富でした。

実は私も長らく参加しており、最後の頃は殆どROMでしたが、オフ会等というものにも何度か参加させていただきました。

今でこそ「有名店」になっているお店も、実はこういった場で広まっていった経緯が実はあります。

こういった嗜好性の強い食べ物は、一般受けしつつも好みは人それぞれなのですが、かなり詳しい方でご自分の意見を絶対視される方が常連メンバーとなり、それとなくカラーも変わって私は辞めてしまったのですが、当時のメンバーが実は結構凄かったりします。

大崎さんという方がいらっしゃいました。
この方、当時サラリーマンをされていらっしゃったのですが、年間180杯を食していたそうで、はっきり言えば健康診断は絶対ひっかっかるだろうなという素晴らしいラーメンマニアでした。

この方の素晴らしい点は、情報量では自分が圧倒的に勝っているにも関わらず、決して他人の好みに口出しをしなかった事で、なおかつレポートは客観的であり、これは商売としてきちんと始められた方が良いなあと思っていました。
序でに言うと、私と微妙に好みが重なっていたりして、また住まいが若干近かった事もあり、情報はとても貴重でした。

大崎さんは、やはり「ラーメン評論家」として重鎮になられました。
チラっとだけ垣間見たあの生活を続けておられて、健康維持をされているだけでも凄いのに、更に活動を進化されているあたり、尊敬します。

そして、その当時、私とほぼ同い年だった遠藤さんという方が、サラリーマンを辞めてラーメンに関わる仕事をするんだとおっしゃっていました。

ご本人は、私との接触は思いだす事はないと思いますが、昨年だったでしょうか、その遠藤さんが「パンツ遠藤」として本を執筆なさっていて、書店でそれを見た時に、人ごとながら嬉しくなってしまい、つい購入してしまいました。

私がずっと行きつけていたラーメン屋さんがあったのですが、代替わりし、味も商売の仕方も変わってしまいました。そうなる以前の話で、オヤジさんが「今度、大崎さんってラーメンの詳しい人が来るんだ」と話をしてきて、それじゃあ良い人だからアドバイス聞いた方が良いよって言った記憶があります。

その店は今では「名店」で、ラーメン通が並んでいます。

私に言わせれば、それ以前から地元に愛された真の「名店」で、この変化は経緯をある程度は知っているからこそ、嬉しくもありさびしくもあるのですが...。

ラーメン評論家っていうのは、よくよく考えれば、かなり凄い商売です。

だって、自分で作るわけじゃないから...

食べ歩いて「うまい」だの「まずい」(とは言わないと思います)と言う仕事ですから。
しかも、ラーメンの様に一般受けする食材でさえも、人の好みが大きく左右し、「絶対」はあり得ない中での紹介やランキングを行う訳です。

そこに商売のものさしが介在してくれば、ブレてくるしで。

まあ、結果として私には出来ないのは明らかです。

で、そんな私が今食べたいラーメン

船橋「赤坂更科」(値段と味と量!ちらっと入る柚子に気持ちを感じます)
大久保「二郎」(早く再開して!中毒まちきれません)
北習志野「大勝軒」(らーめんの方のお店です)

もっとあるんですが、この三杯なら速攻連ちゃんで食えそうな...
posted by 古着オヤジ at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年06月17日

東西線はガチバトルだあ!


最近、ラッシュ時の東西線を利用する事が多くなりました。
知っている方はイタイほど知っているし、知らない人は「だからなんだよ」のレベルの話ですが...。

いやあ、マジでバトルですよ!

暫く利用しなかった事もあり、どうやら進んで貧乏クジに当たっているようです。

ちょっとばかり解説すると、地下鉄東西線は西船橋から中野まで通っているのですが、西船からの路線はかなり過酷です(実際は中央線接続も結構過酷ですが)。
この地下鉄は茅場町・日本橋を通り千葉方面と武蔵野方面を繋ぐ地下鉄で、路線としてはかなり需要の多そうな(実際多いのですが)、しかも、千葉方面では総武線と東葉高速線と接続し、武蔵野方面では東西線と接続という、恐るべし離れ業を成し遂げています。

当然、毎朝ラッシュな訳ですが、始発以外では座席に座れる事は皆無です。
仮に状況を知らずに、始発で座って途中駅で下車しようものなら、経験もした事のない恐怖に遭遇するでしょう。

千葉方面からの路線を実況すると、すでに西船橋では「満員」の状態ですが、これが浦安・葛西・西葛西のあたりに進むと、とんでもない事になります。

この前の駅で乗車する場合には、必ず「車両の真ん中」に陣取る事をおすすめします。

とにかく「お尻合い」の世界なのですが、このラッシュの辺りで乗り込んでくる人は、ある意味「達人」なのです。

このように極限まで詰め込んでいる電車では、出口に近い場所で、吊革やら柱やらに掴まっているDQN(私など)は格好の餌食になります。

「達人」は全体重をかけながら、新聞見たり本読んだり、iPod聞いたり、寝てたりと、思い思いの通勤を「楽しみます」。
達人の域に達していない「凡人」は、この時点で自らの未熟を悟ります。

たまに、「オタッキー」が餌食にされて、思わず「痛いでーす!」と大声を上げているのを昨日目撃しました。

先頭車両が「女性専用車両」なのにも関わらず、マジ混みの電車で「モミくちゃ」にされている女性は毎度の事ですが、このモミくちゃしている人間も、この状態では、達人でなければ「被害者」に近い存在ですが、少しでも疑われないように、両手を上げていたりと、涙ぐましい「男の悲哀」を表現しています。

このイベントに毎朝(下手すると夜も)遭遇する事は、ある意味素晴らしい事です。

昔、「巨人の星」で星飛雄馬が、巨人軍のバスで吊革に掴まらずに「自主トレ」していた光景が目にうかびますが、それ以上のトレーニングをあの路線の「乗客」は経験しています。

アウシュビッツの護送囚人よろしく...。

それでも明日もモミくちゃのカオスに行きます!
posted by 古着オヤジ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年06月08日

サッカーやるにはオマーンは暑すぎ!


サッカーのW杯アジア3次予選は7日、各地で第4戦が行われ、日本はマスカットのロイヤル・ポリス競技場でオマーンと対戦。日本は先制を許したが、遠藤(G大阪)がPKを決め、1−1の同点に追いついて引き分けた。(イザ!より)

どうにもスッキリしない試合でした。
画面から見てもピッチは荒れているし、国家の吹奏楽演奏はへっぽこだし、何より試合中ずっと鳴り響いているお経のような応援にはうんざりですけど。
何より暑かったんでしょうね。
36度とかって体温の温度だし、40度っていうと点滴受ける温度ですもんね。

頑張っているのはわかりますが、ゴール前での突破が出来ないまま、試合を封じられた感がありました。特に中村俊輔対策はしっかりとなされていたようで、中盤では自由にしてくれるけれども、コーナーキックなどでは、キーパーにしっかりと取られていました。

あまりの暑さのせいか、動きも緩慢になり、裏を取ろうとする動きがかえって仇になり、ペナルティエリア前でかわされるという展開を繰り返していました。

前半の失点の場面も、いつもであれば簡単にクリアできそうな場面でしたが、中途半端なクリアにこぼれた球をしっかりと蹴り込まれてしまいました。
相手の攻撃のパターンは長いパスをペナルティエリア付近で取るというワンパターンであったのに、当初はつぶしきれない感じもありました。

後半は各選手もバテバテでしたし、特にいつもは固い駒野がパスミスを連発したりとキレが無かった印象ですが、あのコンディションの中ですから仕方がないと思います。

それよりも気合だけで動いているような後半に早めに交代のカードを切れなかった事が気になりました。

大久保のレッドはイタイですね。
その前からジャッジには、かなり相手寄りの判定が連発していたので、気をつけなければいけない場面であったと、傍から見ればわかるんですが、アル・ハブシはしっかりと体をいれて(というか、むしり攻撃的に当って)防いでいましたけど、あの場面では大久保、急所をやられていたようですね。双方痛み分けだったのは、せめてもの救いでしたが。

すっきりしない試合ながらも、引き分けで勝ち点1を稼いだ事で、日本は通算2勝1分け1敗で、勝ち点7となり、首位バーレーンに続く2組2位の座をって、3次予選突破へ前進となりました。

残りは14日にアウェーでのタイ戦、22日には最終バーレーン戦となります。
1位突破目指して頑張って欲しいです。
posted by 古着オヤジ at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年06月03日

勝って良かった!日本代表


サッカーの試合やってたんですよね。
忘れて居酒屋でクダまいてました。
帰ってスポーツニュースで結果を知りました。
残念!!

日本代表勝って良かったあ!
前回のパラグイア戦でしっくり来なかった連携も、ばっちり決まっていたし、中村俊輔のロングパスは、闘莉王がレシーバーとなることで、「飛び道具」になるし、本当にバックスピンのかかった丁寧で綺麗なパスですよねえ。
松井・大久保の動きや、高いところでのディフェンスも効いているし、何よりもボンバー中澤は「男」ですねえ。
辞任も口にしていた岡田監督にしっかりと結果を見せてくれました。

極めつけは、松井からのパスを受けての中村俊輔のゴール。
後半4分、MF松井(サンテティエンヌ)の横パスをゴール前で受け、左足で打つと見せかけ右足でシュート。代表では昨夏のアジア杯・ベトナム戦以来、2度目の右足弾。世界に轟く黄金の左足と逆足でのシュートで、相手DF、GKは完全に逆を突かれた。(イザ!より)

さて、そんな中でも、セルジオ越後さんは辛口ですねえ。(
俊輔とFW陣の相性、俊輔と周囲との連係も決して良くなかった。玉田、大久保に決定的なスルーパスはなかった。松井にしてももっと動けるだろうし、俊輔と十分に絡んでいかないとチームは変わっていかないだろう。セルジオ越後「ちゃんとサッカーしなさい」より)

嬉しいんですが、昨日のオマーンは主力を欠いたチームだったんですよね。
3月のタイ戦でイエローカード計10枚を受けての布陣だそうで、アウェイでの展開を考えると、次回の敵地でのオマーン戦はより強固に戦う必要性があると思います(ってそんなこと百も承知之助ですが)
posted by 古着オヤジ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年06月01日

我那覇やった!おめでとう復活ゴール



川崎の我那覇、長かったドーピング問題に一応の決着を見て、ナビスコ杯予選(対札幌戦)で、見事ゴールを決めました。
川崎のサポーターではありませんが、おめでとう!

点滴行為がドーピング違反とされ、本当に長かった冬の時代。
サッカー選手にとって1年のブランクは非常に長いものですし、精神的にも辛いものがあったと思います。

ゴールを決めた後は、
ユニホームを脱ぎ、自らの背番号「9」を高く掲げた。警告を受けるほどの喜びに「頭が真っ白になって、何も考えられなかった」(スポーツ報知)
と、感劇を表したそうです。サポーターもうれしかったでしょう。



本人のコメント
「今日は試合入場のときから気合が入っていたし、ゴールを決めてチームの勝利に貢献したいと思っていました。この1年いろんなことがありましたが、やっとスタートラインに立ててよかった。これまで支援していただいた皆さんに感謝したいと思います。(ゴールシーンは)、ボールをもらう前からここに打とうと決めていました。田坂からいいボールが入ってきたので、落ち着いて決められました。今日のゴールで自信になったし、これからサッカーに集中してレギュラーをとれるようチャレンジしていきたい」
J's GOAL

posted by 古着オヤジ at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク