2008年06月08日

サッカーやるにはオマーンは暑すぎ!


サッカーのW杯アジア3次予選は7日、各地で第4戦が行われ、日本はマスカットのロイヤル・ポリス競技場でオマーンと対戦。日本は先制を許したが、遠藤(G大阪)がPKを決め、1−1の同点に追いついて引き分けた。(イザ!より)

どうにもスッキリしない試合でした。
画面から見てもピッチは荒れているし、国家の吹奏楽演奏はへっぽこだし、何より試合中ずっと鳴り響いているお経のような応援にはうんざりですけど。
何より暑かったんでしょうね。
36度とかって体温の温度だし、40度っていうと点滴受ける温度ですもんね。

頑張っているのはわかりますが、ゴール前での突破が出来ないまま、試合を封じられた感がありました。特に中村俊輔対策はしっかりとなされていたようで、中盤では自由にしてくれるけれども、コーナーキックなどでは、キーパーにしっかりと取られていました。

あまりの暑さのせいか、動きも緩慢になり、裏を取ろうとする動きがかえって仇になり、ペナルティエリア前でかわされるという展開を繰り返していました。

前半の失点の場面も、いつもであれば簡単にクリアできそうな場面でしたが、中途半端なクリアにこぼれた球をしっかりと蹴り込まれてしまいました。
相手の攻撃のパターンは長いパスをペナルティエリア付近で取るというワンパターンであったのに、当初はつぶしきれない感じもありました。

後半は各選手もバテバテでしたし、特にいつもは固い駒野がパスミスを連発したりとキレが無かった印象ですが、あのコンディションの中ですから仕方がないと思います。

それよりも気合だけで動いているような後半に早めに交代のカードを切れなかった事が気になりました。

大久保のレッドはイタイですね。
その前からジャッジには、かなり相手寄りの判定が連発していたので、気をつけなければいけない場面であったと、傍から見ればわかるんですが、アル・ハブシはしっかりと体をいれて(というか、むしり攻撃的に当って)防いでいましたけど、あの場面では大久保、急所をやられていたようですね。双方痛み分けだったのは、せめてもの救いでしたが。

すっきりしない試合ながらも、引き分けで勝ち点1を稼いだ事で、日本は通算2勝1分け1敗で、勝ち点7となり、首位バーレーンに続く2組2位の座をって、3次予選突破へ前進となりました。

残りは14日にアウェーでのタイ戦、22日には最終バーレーン戦となります。
1位突破目指して頑張って欲しいです。
posted by 古着オヤジ at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク