2008年06月22日

「勝ちは勝ち!」喜んでますが!


日本、バーレーンに1−0で勝利 W杯アジア3次予選(イザ!より)


W杯南アフリカ大会アジア3次予選最終戦、テレビ観戦しました。
ホームでの試合で、ボールの支配権は日本が圧倒的優勢であったにも関わらず、前半から得点できても全く不思議じゃない状況で、点を取れないという、腰がムズムズするような展開でした。

中村俊輔のPKもアチャでしたし、遠藤のFKはありゃ間違いなく入っていたろう!と。

それよりも、遠藤のFKのこぼれ球を本田が対応できずに、流してしまったあたり、このチームの本当の課題が見えているような気がします。

敢えて素人批評をさせていただけば、まず、代表戦での得点での多くを占めるセットプレーからの得点では、上背の高いチームには通用せず、逆にカウンターを仕掛けられる危険性が高い事。

中盤までのパス回しで徐々に上がっていく戦法も、前線がガードされて、パスミスをすることが多く、そこからロングパスを決められると、中盤が付いていけずに、ピンチを簡単に招いてしまう。

相手チームからすれば、中盤で無理に闘わなくても、最終ラインをしっかりと固めておいて、FWへのパスをしっかりと塞げば、即チャンスに持ち込めるというシンプルな戦法で、前回のバーレーン戦でも、同じパターンを繰り返されていました。

それと、前線がガードをかわせずに、パスラインが乱れてボールをつなげない事も多かったような気がします。

毎度の事ですが、パス回しは上手くても、点が取れないという試合展開となりました。

しかし、そういう中でも勝てたのは、最後の気合の部分で勝っていたからだとも言えると思います。

勝ちは勝ちで正直うれしいですね。

でも、課題は依然歴然としているような気がします。
最終予選もぜひ突破してほしいです。
posted by 古着オヤジ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク