2008年08月24日

日本代表処分特価!



反町ジャパンのあまりの不甲斐無さのせいでしょうか。
先日近くのスポーツ店でキッズ用日本代表レプリカジャージが大特価で処分となりました。

とは言っても、一つ前のバージョンでしたが。

アディダスの正規品で定価9600円位(だったかあ)が、ビックリ1580円!という大特価!
何と驚異の83%引き!

キッズ世代での日本代表の人気低下を、ある意味如実に表しており、「何だかなあ」という印象でしたが、この店でもオリンピックと、この間のA代表戦の結果を見て、慌てて、この値段の処分となったのでしょうか?

野球もそうですけれど、サッカーも同じで、「ヒーロー」の出現を待っているんです。
そのためにプロという道があると思いますけど。

どちらも、どうにも、だらしの無いチームで、「お金を払って見る価値もないし、テレビのLIVEで応援する価値も無いなあ」と思った人も正直多いのでは!

ファンとして、2010年に向けて、ジャージも品切れになるほど人気が出る事を祈ります。
posted by 古着オヤジ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

丸坊主が流行りそうですね!



星野ジャパンが完敗したわけですが...。

勝負に勝ち負けは必須で、常勝することは難しいでしょうが、星野ジャパンは、言ってみれば「日本版ドリームチーム」だったはずで、2Aやら3Aの選手にボコボコにされてるってのは、かなりストレス溜まる展開です。

事実として、高額年俸をもらっている日本の野球選手は、バスで巡業しているマイナー選手や韓国野球の選手に劣るという事を今回のオリンピックで実証したわけです。

選手丸坊主になったことで、江本が「なんであんなことするんだ、逆に追い詰めることになる、プレッシャーかかる」と言っていたそうですが、私も同感です。

思いっきりコチコチになっていて、打てないしエラーも目立つプレーは、まるで、月末に売り上げが足らずに、順繰りに上司にお叱りをうけているセールスマンを連想させました。

サッカーといい、野球と言い、プロスポーツのレベル低下を思いっきり実感させたオリンピックだったと思います。
posted by 古着オヤジ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク