2009年12月30日

奇跡のラーメン・虎の食卓

いやあ、そういえばブログやってたんだよなあ!
ちょっと思い出してしまったので、書いてみます。
虎の食卓
私のここ二月程の昼飯は、ほぼここんちのラーメンです。

いやあ、これが実に旨いんです。
おまけに私が行く頃は結構空いてたりします(ゴメンナサイ)
昼過ぎ3時までやってくれてるので助かります。

このグレードで、この値段で、並ばずに食べられるのは奇跡に近いですね。無化調で、ラーメンとはいえど、原価高そうです。

近くのカラシビラーメンは行列作ってますが、あれはインスタントのスープのような気がします(推測ですが)

店主は、がんこ池袋のルイスさんですが、がんこと違って塩っからさを感じさせずに、旨みの洪水でスープを飲ませる所は、凄いもんです。
虎の食卓しょうゆ
ホロホロ鳥のガラや肉を10キロ以上、寸胴に入れて、その他にも色々な食材を煮込んだスープは、元の色が醤油色になっており、本当に旨みの洪水です。
チャーシューも煮豚ですが、バラを丁寧に煮込んで、スープに入れておくと蕩けてしまう、お馴染みのがんこ仕様から、バラを巻かずに煮込んだりと、日によって変化させたりしてます。

毎日食べても続くのは、日によってスープの中身を変えているからなんですね。実にクオリティの高いスープです。

麺もすぐ茹で上がる割にはコシが強く、伸びにくく、スープの絡みも良い、旨い麺です。

岩本町からも神田からも秋葉原からも近いのですが、いまいちわかりづらい所にあるんですよね。
だから、結構知られている割に穴場です。

スイマセン、写真はパクってしまいました。

虎の食卓
posted by 古着オヤジ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ このエントリーを含むはてなブックマーク