2008年02月21日

川淵会長、頑張ってください!


from johnyo

「あれがレフェリーでいいのか」 川淵会長、怒り爆発
日本サッカー協会の川淵三郎会長は21日、中国・重慶で開催中の東アジア選手権で20日に行われた日本−中国戦の北朝鮮のオ・タエソン主審について「あれがFIFAレフェリーでいいのか。放置するのはよくない」と何らかの措置を講じる意向を示した。
川淵会長は「あまりに片方をひいきにした判定に怒りを覚える」とも話し、現地入りしている国際サッカー連盟(FIFA)理事の小倉純二副会長と話し合って方針を決める考え。オ氏は2003年からFIFA国際主審で、資格停止を含めた訴えをFIFAに対して行う可能性もある。(イザ!)

頑張ってください!
あんなの許してはいけないと思います。
フィールドの中は選手の力ですが、フィールドの外では、監督含め日本サッカー協会の力量が問われるところだと思います。

「あれがレフェリーでいいのか」って問われれば、常識があれば「良いわけ無いだろ!」って話ですが、常識のない国と闘わなければならない時には、まともな「レフェリー」を確保させる必要もあるのではないでしょうか!

少なくても、今のままの運営の状態で、今後この試合に出る事は、選手にとって非常に危険な事だと思います。

フェアなプレーに集中して、素晴らしい試合を見せてほしいです。

どうか、このままで済ませないでください。
posted by 古着オヤジ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11242803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック