2008年02月24日

サッカー東アジアカップ、勝手に感想


"Incomplete Combustion"from eron rezende

残念ながら優勝を逃した日本代表ですが、本番はこれからです。
今回、ベストメンバーとは言えない状況の中で、岡田監督も色々とテストを繰り返していたようにも思えます。
今回の結果を受けて、「不完全燃焼」と失望するファンの声もあるようですが(イザ!)、オシム時代からのチーム引き継ぎに、ワールドカップも見据えての、世代交代も考えての戦略だったと思います。
気がつけばジェフ色からガンバ色へと変わっていたチーム構成。
そんな中で、思ったことを勝手に書きます。

良かった点

山瀬選手の登用
貪欲に得点に絡んで、結果を出している点。縦への攻撃を仕掛けて、エリア外からのシュートを決めれる攻撃性。泥臭くドリブルで仕掛けて突破できる強さ。FW不在の代表にあって大きな存在感を示したと思います。他方、MFでの参加で、パスミスも目立つなど、改善点もあると思いますが、大きな期待の選手です。

安田選手の登用
スピードもあり、テクニックもあり、周りが見えていて、チャンスの臭いに貪欲。彼がボールも持つと、何かが起こりそうな期待をさせてくれます。ガッツのあるプレイ、やんちゃなサッカー小僧を絵にかいたような愛すべきキャラクターはブログでも楽しめます。
安田選手のブログ
中澤選手の守りの固さ
ボンバー中澤の活躍は素晴らしいです。若い選手の登用で、特にサイド方面での「穴」が目立ちましたが、センターからコースをしっかりと塞いで、固い守備を見せていました。彼がいなかったら、と思うと恐ろしい位です。

鈴木啓太選手の動き
最終戦ではいまひとつでしたが、中盤で攻守ともに光っていました。こぶりなパス回しで失敗しがちなチームの中で、スペースを生かした動きのあるプレーは流石でした。


もっと期待する点

内田選手の守り
右サイド鉄板の加地選手に替っての登用で、今回の岡田監督戦略の目玉でもあったと思うのですが、加地選手のプレイとの比較になるからでしょうが、多くの問題を露呈しました。最終戦を含め、左サイドからの失点が多かった事が証明しています。
2戦目以降では中澤選手のフォローがかなり効いていましたが、一番の問題は守りでの一対一の弱さとスペース取りとボールへの執着で、安易なセンタリングを許してしまうところだと思います。特に中国戦では、前半中ごろからは、突破口として完全に狙われていました。彼らしさを出してスピードのあるプレイを見せてほしいと思います。


試合の結果は、今一つであったし、何より運営に大きな問題点があったこの選手権ですが、一つの区切りになったのではないでしょうか。
26日のバーレーン戦でぜひ結果を見せてほしいです。
posted by 古着オヤジ at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11358703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック