2008年02月24日

ラーメン-佐倉近辺


from bnz

寒かったので、晩飯はラーメンと決めましたが、どこで食べたものか悩んでしまいました。

以前であれば、こんな時には二郎@大久保と相場が決まっていたのですが、この間行った時には、閉店した後の跡地は更地のままで、まだ当分開店しそうもなし。
と、言うわけで、ラーメン難民になってしまっています。

ここ、千葉県は昔からラーメン不毛の地なのですが、それでも馴染みの店は結構あったんですが、時代と共に味を変えたり、閉店したりと結構変動激しい今日この頃です。

そんな中、家からは結構遠いのですが、車で40分ほどの「佐倉」近辺に面白そうな店をネットで見つけて、早速行ってみました。
お店の名前は「ちゃーしゅうらーめん紫」。
竹岡式らしく、チャーシューと醤油にこだわっていそうで、興味津津だったのですが、目的地近辺でも見当たらず、近くのコンビニで聞いてみると、「閉店」したとの事。
ラーメン業界もブームが去ったのか、大変なようです。

思わず再びラーメン流浪の民となってしまい、国道296号線沿いの「ロッキー勝(ショウ)」へ。
西山麵を使った札幌ラーメンとの事でしたが、麺は西山独特のツヤやコシもなく、スープもパッとしません。
これでラーメン750円は高いですね。
ちょっとガッカリしました。

この地域では西山系統であれば、八千代台の「パンケ」って店があるのですが、ここは今では店主(社長)は月イチくらいしか店に出ず、パートのおばちゃんがやっているのですが、それでも味は安定しており、西山麺も最後までしっかりとコシがあります。
ここから派生した検見川の「幌」と大神宮下の「コタン」は、共に大お勧めのクオリティです。
パンケの味噌ラーメン(730円)は、炒めたモヤシなどの野菜と、濃厚なスープが絡んで、札幌で食べるような本格的な味が楽しめます。

この辺りと比べると今日食べたラーメンは2割位はコストパフォーマンスが悪い感じです。

ラーメンも一時期のブームと共に、価格が上がり過ぎたり、フランチャイズは入って、コストアップにつながったりと、淘汰の時代を迎えているんだと思います。

二郎@大久保、早く再開してください。
また、ラーメン難民になってしまいます。
posted by 古着オヤジ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11389321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック