2008年04月10日

ガンバのサッカーは腹立つけど面白い!



鹿島3連勝 G大阪も首位に ACL

本日は、サッカーAFCカップ2連チャンでテレビ観戦してしまいました。

まずはホームでの鹿島vs北京戦。
しかし、中国のチームはダーティーなサッカーしますねえ。勝ちましたが、あの試合運びで1対0ってのは少々?でした。
それにしても、アントラーズでの内田の動きってのは、代表の時と別人のようです。あのチームにプレースタイルがピッタリということなんでしょうか。

そして、深夜はガンバvsメルボルンのアウェイ戦。
開始まもなく「なんじゃこりゃ」の先制点を受けて、観ているだけでもテンション下がっていたところ、二川の豪快なシュート。
ディフェンスがぐちゃぐちゃで、攻撃が豪快でと、取られては取るの展開。

そんな中、バレーはもちろんですが、コーナーキック職人の遠藤とドリブル突破職人の安田が光ってました。
終わってみれば4対3でガンバの勝ちっていう、終わりよければの興奮展開でした。

あの攻撃ができるのに、なんであんなにディフェンスがグチャグチャだったのと「?」を連発しながら、めげずにガンガン攻撃して試合をしめていくっていうのが、このチームの醍醐味なんでしょうね。なんで、ロングパスがあんなに簡単に通ってしまうのか腹が立ちながらも、ワクワクさせてくる面白い試合でした。

アジア王者目指して両チーム共に頑張ってください。

posted by 古着オヤジ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13820594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック