2008年04月27日

聖火リレーから一夜明けて雑感



すったもんだの末でしたが、逮捕者6人程度と「大きな混乱?」も無く、無事終了した長野の聖火リレー。
当初スタート地点とされた善光寺は、チベット騒動の鎮魂行を行い、仏教の善意を守ってくれました。

現地にも行かず(その理由もないので)、テレビや新聞のニュースを見ての、全くの傍観者として、勝手な意見を言えば、中国人が自国の「お祭り」に興奮して、集まるのは理解できるのですが、どうしても理解できない事があります。

それは、「どうして、彼らは他国で中国国旗を掲げて騒いでいるのか?」と、言う事です。
留学生が集まるにしては、手際が良いし、組織の統制もとれて、国旗などの備品も充当している。普通に考えれば、中国の留学生がみんな、通常国旗を家に置いているとは考えられず、しかるべき供給ルートや統制組織があったんだろうなとは常識的に推察できます。
また、彼らがテレビなどのインタビューで繰り返すコメント「政治とオリンピックは無関係」についても「?」です。
だったら、なぜに中国国旗を大挙して聖火リレーの開催される街に持ち込むのかと疑問に思います。

だったら、
五輪の旗を掲げて、「北京オリンピックを成功させよう!」で良かったんではないでしょうか!

長野のお祭り騒ぎには、たくさんの人が集ったらしいですが、一般の人間もこの騒動の様子を見ると、大きく引っ掛る「?」が生まれるでしょう。
恐らく全世界で…

「オリンピックって何だったっけ」
と純粋に考えさせられます。

開催国の利益や、政治問題やナショナリズムの高揚の為のみに、世界のアスリートが夢を求めて集うのでしょうか?

混乱はこのあたりでも垣間見えますね。
留学生に右翼が暴行…中国が報道

日テレの「バンキシャ」という番組で報道されたとの事。
「動員は中国大使館が中心となり、当初の目標は2000人だったが、結果4000人になった」とか。
やはりなあ…
posted by 古着オヤジ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14475655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック