2008年04月30日

ロナウド災難!おかまに訴えられる。



ロナウド、女装の売春婦から恐喝? 犯罪関与は否定イザ!

弱り目に祟り目です。

リオのナイトクラブでのパーティーから流れて売春婦とモテルへ入り、2人を追加したところ、全員がおかまだったとの事。
ロナウドによると「男とは思わなかった。1000レアル(約6万円)ずつ渡して返そうとしたが、1人が『5万レアル(約300万円)払わないと、このことをばらす』と脅されたとの事。件のおかま売春婦は「料金を払わなかった」として訴えたそうです。

彼のプレーは「伝説」の域で、スピードテクニックを駆使し、シュートの前には勝負が決まっているという、根っからのブラジルスタイルのストライカーです。

フルスピードで体を駆使するそのプレースタイルから、かつてミランの頃からケガに悩まされていましたが、レアルから古巣ミランに戻って、いよいよ古傷が悲鳴を上げて、現在リハビリ中です。

くさらず頑張りましょうね。
posted by 古着オヤジ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14577161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック