2008年05月18日

背番号12とレフェリー



Jリーグ第13節、レッズ対ガンバ戦は荒れたそうですね。

このところ目立つのが、偏ったジャッジに選手やサポーターが怒り、レフェリーが意地になって...という構図。

人間だから、ミスもするけど、レフェリーがマインドコントロールができずに、ジャッジに気持ちが入ってしまうと、当然結果も異なってくるように感じます。

敢えて言わせてもらえば、一回ポカやったら、他で埋め合わせをするなどして、上手く試合を進行させるのも手でしょうが(「つじつま合わせ」も場合によっては必要かも)、プロはアピールも上手いし、グレーなプレーも多いですから、そうそう思ったようにはいかないんでしょうね。

で、浦和vsガンバ戦。
エジ審判批判「ガンバは1人多かった」

テレビで見れば明らかにレッズボールをガンバボールとして誤審。
バレーの早めのリスタートから、もたついているレッズのゴール前守備をかいくぐり追加点。
あの時点で一度、理由を付けて止めても良かったと思いますけど。

これ以前にも高原がエリア内で倒されたのをスルーなど、レッズ側からすれば、レフェリーは「ガンバの12番」として見えたかも。

数万人のギャラリーの中で、クールに試合を進行させるには、かなりの能力が必要となると思いますが、残念ながら現在のJリーグの状況では、審判が偏ったジャッジをすることで、試合を台無しにしてしまう事実があまりにも多く見られます。
言葉を替えれば、それだけジャッジに左右されるプレーが増えたという事も言えますし、観客の数や層が厚くなったとも言えるのでしょうが、レフェリーのレベルアップは必要不可欠な状況だと思います。

おまけに、試合終了後はサポーター同士が荒れたと...

サポーターもみんな興奮状態で集まった集団だし、喧嘩のタネをそこいら中に撒かれれば、飛び出ちゃう人もいるでしょう。
あの席に着いちゃえば「大きなコドモ」になっちゃいますからね。
頭を冷やせば「子供のケンカ」と同レベルになっちゃうんですよね。

言われている原因は
  • レフェリーのジャッジに浦和サポーターの不満がたまる
  • ガンバサポーターが水風船やペットボトルをレッズ側に投げ込んだ
  • 浦和がスタンドへ挨拶に行く際に、ガンバが「ワニナレナニワ」を行い、闘莉王や都築が止めさせようとする
  • ガンバサポーターがヒートアップし、物の投げ込みが増し、柵を乗り越えようとする行為が一気に加速

らしいですが、主審がゲームをまとめてスムーズに進行させなければならないように、サポーターも集団をまとめて、「飛び出ない」ようにコントロールしなければならないんでしょうね。

そもそも最初に物を投げ込んでいたガンバサポーターは数人だったという話もあり、その行為をコントロールできずに、遺恨を残してしまうのは非常に残念です。
飛び出ちゃったんでしょうけど、試合自体は非常に白熱していて、素晴らしい展開だったようだし、あのジャッジがなければ、勝っても負けても、両チーム賞賛に値する内容だったと思うので、返す返す残念です。

野人岡野のブログより
今日のガンバ戦、内容は良かったけど、レフリーが完全に試合を壊したね!!
2点目なんか完全にウチのスローインだし、分からなければ止めれば良かったのにね。
岡野雅行公式ブログ「ガンバ戦!!」


ガンバ安田のブログより
サッカーを愛してるなら、サッカーができる、見れる喜びを感じてリスペクトの気持ちが大事と思います。
サポーターもそれは当然やと思う。
ただ絶対やったらアカンことした人は許せへんからね。
それはラフプレーであったり、サポーターが物を投げ込んだりいろいろある。
熱くなるのはいいけど、それをプレーや応援ていう力に変えていこう。
安田理大公式ブログ「浦和戦」



今回の騒動について、ガンバ大阪・浦和レッズ双方から謝罪と報告がありました。
それまでの報道などの細く訂正の意味で、浦和レッズ発表の、騒動の概要についてを記載します。
2.主な概要
(1)試合前からゴール裏ビジターエリアのガンバ大阪サポーター数名が水風船、ペットボトルなどを、緩衝地帯をはさんで隣接する弊クラブゴール裏エリアに断続的に投げ込みました。緩衝地帯のフェンスによじ登ったり激しく揺する行為も続きました。弊クラブのファンの女性やお子様にモノが当たるなどの被害を受けました。この時点では弊クラブエリアからはモノの投げ返しなどはありませんでした。
(2)試合終了後は、両クラブのサポーターがモノを投げ合う状態に拡大しました。フェンスは一部なぎ倒されました。
(3)その後、弊クラブのサポーターやファン約1万人が、ガンバ大阪サイドのスタンド外に集まりました。ガンバ大阪サポーターの横断幕や太鼓が破損されるなどの行為がありました。
(4)安全確保のため、ガンバ大阪サポーターの方約800名にはいったんスタンドにお戻りいただきました。別に手配したバスで近隣の駅までお送りさせていただきましたが、安全確認のためとはいえ、試合終了から最大3時間半もの間、お待たせすることになりました。その間、両チームサポーターの代表が話し合い、今回の事態のきっかけを作ったとしてガンバ大阪のサポーターが謝罪し混乱は収束しました。

浦和レッズ公式ページ「17日(土)ガンバ大阪戦での出来事について」


また、ガンバ大阪も公式ページで、概要と謝罪および、騒動の原因となった人物の特定を行っている旨の報告がありました。

昨日の試合にて試合の結果如何に関わらないところでガンバサポーターエリアから、レッズサポーターの皆様へ対しての挑発行為があり、その行為によって、様々な騒動に発展したことについて、サッカーの試合を観戦にご来場の多くの皆様に不快な思い、そしてご迷惑をお掛けしたことをガンバ大阪より深くお詫びいたします。(中略)現在、浦和レッズのご協力をいただき違反行為実行者を特定する為の事実関係を確認中で、特定でき次第、ご報告させていただきます。 今後ガンバ大阪はこのような悪質な行為を行う者はサッカーファンとは認めず、永久入場禁止等の厳しい処分を行ってまいります。
ガンバ大阪公式ページ「5/17浦和レッズ対ガンバ大阪@埼スタの試合について」

との事です。
posted by 古着オヤジ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15024487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック