2008年05月22日

ラーメン松信@佐倉に行きました


(写真はFlickerより「三田の二郎」です。)

大学生の時に三田で初めて食べて、以来月イチのペースで禁断症状が出ます。

初めて食べた時には、先端がホープ軒あたりの時代なので、ラーメンなんだかうどんなんだかごった煮なんだか、兎に角よくわからないけど、旨いし腹いっぱいになる食べ物でした。

当時はおつりは、カウンターの上にのってるジャラ銭を申告して、自分で持ってくといった方式で、これにも驚かされたし、食券がない時代なので、注文の作法だのトッピングの呪文のような注文だの順番だのと、まあ戸惑いました。

あの頃は大盛りブタを食べていたのに、今じゃ小がやっとです。

三田で食べる時には電車に乗ったり、仕事の途中だったりして、にんにくを入れられなかったのですが、やっぱ、にんにくが合う食べ物です。にんにく入れたらコショウも入れたいところですね。ここんちはホワイトペッパーが合いますよね。吉祥寺は一味を入れてくれてましたけど。

吉祥寺(は三郎だったっけ)やめじろ台や目黒あたりも結構行ったのですが、私の一番の好物は京成大久保の二郎なんです。
味も安定していたし、店主が一見無愛想ながら、良い人だったりして月2で禁断症状を抑えてくれていました。

残念ながら建物を取り壊してしまい、本来なら建て替えして1月には再オープンの予定だったと思うのですが、しばらく前に行った時には更地のまんまで、「どうしたもんだろう」とお隣のホワイト餃子(これもまた好物です)のおばちゃんに聞いたのですが、「建てる気配がないんだよねえ」と言われ、残念に思っています。
大久保の店主、待ってますよ!

と、かなり前置きが長くなりましたが、比較的近場で禁断症状を回避させてくれる店を発見!佐倉の「松信」というお店です。

メニューはラーメン(600円)のみで、野菜増しと大盛りは+100円、ぶた増し+200円と、二郎インスパイアとしては比較的リーズナブル。
麺は250gとまあ「小」と同じ位ですね。

カウンター6席の店内に店主が一人でやっていました。

私は野菜増し・からめをオーダー。
子連れ・家族連れで行きましたが、気持ち良く食べれて、満足でした。

スープは見た目は油は少なくあっさりしているかに見えましたが、思ったよりもコクがあり、店内にはおなじみの「カネシ醤油」のポリタンクが積んであって、二郎気分が盛り上がります。

麺は自家製麺ではなさそうで、硬めのゆで加減です。
これも旨いですが、二郎好きには好みが分かれそうです。

で、味はというと、旨いです。
都内で二郎を名乗っているチェーン店よりはずっと旨いです。

店主はまじめそうに、気を配っているし、良い店と言えると思います。

敢えて注文をつけると、レンゲを置いてください。
裏返しするときに戸惑います。

あと、八百屋の様にとは言いませんが、トッピング確認の声がデカイとそれっぽいなあと(まあ、これはどうでも良いことでしょうが)…

グレードも高めなので、近辺の方は行ってみた方が良いかも。

営業時間(夜の部)は18:00から20:00との事ですが、今晩は比較的遅くまでやっていたかも。電話はないので、行ってみて勝負ってとこですね。ああ、それと駐車場ないです。火曜と水曜休みだそうです。
ラーメン松信
電話なし
千葉県佐倉市鏑木町491-2
posted by 古着オヤジ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15199450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック