2008年06月17日

東西線はガチバトルだあ!


最近、ラッシュ時の東西線を利用する事が多くなりました。
知っている方はイタイほど知っているし、知らない人は「だからなんだよ」のレベルの話ですが...。

いやあ、マジでバトルですよ!

暫く利用しなかった事もあり、どうやら進んで貧乏クジに当たっているようです。

ちょっとばかり解説すると、地下鉄東西線は西船橋から中野まで通っているのですが、西船からの路線はかなり過酷です(実際は中央線接続も結構過酷ですが)。
この地下鉄は茅場町・日本橋を通り千葉方面と武蔵野方面を繋ぐ地下鉄で、路線としてはかなり需要の多そうな(実際多いのですが)、しかも、千葉方面では総武線と東葉高速線と接続し、武蔵野方面では東西線と接続という、恐るべし離れ業を成し遂げています。

当然、毎朝ラッシュな訳ですが、始発以外では座席に座れる事は皆無です。
仮に状況を知らずに、始発で座って途中駅で下車しようものなら、経験もした事のない恐怖に遭遇するでしょう。

千葉方面からの路線を実況すると、すでに西船橋では「満員」の状態ですが、これが浦安・葛西・西葛西のあたりに進むと、とんでもない事になります。

この前の駅で乗車する場合には、必ず「車両の真ん中」に陣取る事をおすすめします。

とにかく「お尻合い」の世界なのですが、このラッシュの辺りで乗り込んでくる人は、ある意味「達人」なのです。

このように極限まで詰め込んでいる電車では、出口に近い場所で、吊革やら柱やらに掴まっているDQN(私など)は格好の餌食になります。

「達人」は全体重をかけながら、新聞見たり本読んだり、iPod聞いたり、寝てたりと、思い思いの通勤を「楽しみます」。
達人の域に達していない「凡人」は、この時点で自らの未熟を悟ります。

たまに、「オタッキー」が餌食にされて、思わず「痛いでーす!」と大声を上げているのを昨日目撃しました。

先頭車両が「女性専用車両」なのにも関わらず、マジ混みの電車で「モミくちゃ」にされている女性は毎度の事ですが、このモミくちゃしている人間も、この状態では、達人でなければ「被害者」に近い存在ですが、少しでも疑われないように、両手を上げていたりと、涙ぐましい「男の悲哀」を表現しています。

このイベントに毎朝(下手すると夜も)遭遇する事は、ある意味素晴らしい事です。

昔、「巨人の星」で星飛雄馬が、巨人軍のバスで吊革に掴まらずに「自主トレ」していた光景が目にうかびますが、それ以上のトレーニングをあの路線の「乗客」は経験しています。

アウシュビッツの護送囚人よろしく...。

それでも明日もモミくちゃのカオスに行きます!
posted by 古着オヤジ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16084728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック