2008年08月24日

丸坊主が流行りそうですね!



星野ジャパンが完敗したわけですが...。

勝負に勝ち負けは必須で、常勝することは難しいでしょうが、星野ジャパンは、言ってみれば「日本版ドリームチーム」だったはずで、2Aやら3Aの選手にボコボコにされてるってのは、かなりストレス溜まる展開です。

事実として、高額年俸をもらっている日本の野球選手は、バスで巡業しているマイナー選手や韓国野球の選手に劣るという事を今回のオリンピックで実証したわけです。

選手丸坊主になったことで、江本が「なんであんなことするんだ、逆に追い詰めることになる、プレッシャーかかる」と言っていたそうですが、私も同感です。

思いっきりコチコチになっていて、打てないしエラーも目立つプレーは、まるで、月末に売り上げが足らずに、順繰りに上司にお叱りをうけているセールスマンを連想させました。

サッカーといい、野球と言い、プロスポーツのレベル低下を思いっきり実感させたオリンピックだったと思います。
posted by 古着オヤジ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18304762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック