2008年12月18日

ガンバのサッカーはやっぱり面白い

Gachapin
【サッカー・クラブW杯】マンU5発で初の決勝 G大阪3点と健闘

テレビ観戦ながら、興奮して大声出してました。

マンU相手にいい試合をしていたと思います。

ガンバのサポーターではありませんが、「ガンバったなあ」って感想です。
メンバーもそうですが、西野監督はやっぱ、名監督ですね。
恐らく監督の構想の中では、二川がいて、ドリブルやしつこいキープでスペースを作ったところにシュートや遠藤に引いてミドルってのがあったような気がするのですが、残念ながらプレーはできませんでした。
この辺、おそらく橋本のシュートに片鱗が感じられますね。

替って潘戸の登場ですが、「やっぱりなあ」という内容でしたね。 まあ、それもガンバの魅力でもあると思うのですが...

あっと言う間に点を取られるディフェンスも「やっぱりなあ」でしたが、前半のコーナーまでは奮闘してましたね。
明神はMFながら終始しっかりと守ってました。
山口は、シャツ交換してる場合ではないと思います。

それにしてもファンデルサールは素晴らしかった。
Cロナウド、テベスにルーニーとFWのスターばかりが目立ちがちですが、遠藤のコースやプレイをしっかりと研究して、迷いなくセーブしてました。
遠藤のフリーキックやミドルはしっかりとコースを捕えているのに、完璧に塞いでいました。
だからこそコロPKが決まった時は大声出してしまいました。

勝ち負けでは完敗でも、大きな可能性を感じた試合でした。
ルーニー投入で立て続けの失点の状態が前半から起こるのかなあと不安だっただけに、思いきって攻撃に徹した姿勢は素晴らしかったと思います。

ありがとうと言いたいです。
posted by 古着オヤジ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24511161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック