2007年09月01日

許されないボケミス

信じられない事が起こりました。

前宣伝が凄かった割りに、メダルの話はトンと聞かずに盛り下がっている「世界陸上」。

各選手の能力は素晴らしくとも、「世界の壁」は厚く・高いという事を、五輪前に教えてくれる結果となっています。

さて、テレビをつけると、50k競歩をやっていました。
正直に言えば、こんな競技があった事も知らなかったわけですが。
50kって凄いですよね。フルマラソンしてから、さらに校内マラソン大会を2回やるようなもんです。
さて、テレビをつけるとそこには、山崎選手が優勝争いの最中。

後半ブレーキがかかりながら、後続の明石選手に励まされたりと、ドラマを作りながら、最終周に入りかかろうとしたところ。
誘導の係員が間違えて誘導してしまい、失格となってしまいました。

見ていた方も多いでしょうが、アレって全く納得いかない状況でしたね。

あんだけ雁首揃えていながら、誰も止めようとせず、拍手までしている始末。
気づいた係員が走っていく姿も見えましたが、なぜか途中で姿を消して、山崎選手は競技場の中へ。
その時点で観客も状況をある程度理解してたようだけど、係員も誘導をせずにそのまま続行。

ゴールに倒れこんでしまいました。

これ、国際大会でしょ。
彼も記録と共に五輪出場権がかかっていたわけですよね。

そう、50kといえば、かなりのもんですよ。
国外の選手であれば、猛抗議の嵐でしょう。

純粋に競技をサポートするのではなく、何か変な色気を出しててしまい、脇の甘い運営だったことが、ハッキリとした結果です。

競技運営本部長は「大変申し訳ない」と言っているそうですが、日本国内で行われた大会で、こんな信じられない大失態が起こったことに、恥ずかしく思いました。

今後、日本国内での国際大会の開催について、強烈なマイナスになりましたね。


>>引用元記事
まさか誘導ミス!山崎、周回不足でゴール 男子50キロ競歩
posted by 古着オヤジ at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5286227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック