2007年09月24日

安倍元首相について考えてみる

はじめに言っておきますが、私はノンポリ世代です。
大学で赤ヘルや青ヘルが騒いでいるのを、「徒党を組まなきゃ何にもできないのか」とか、政治や利権の話がギトギトして大嫌いでした。

この前置きで何ですが、今日は柄にも合わず、政治の事を書いてみようと思います。

福田新総裁の誕生に合わせて、安倍元首相が記者会見をしてるのをテレビで見ました。
辞任会見前位から、「魚の目」をしてるなと感じていましたが、ブラウン管から観た今日の安倍さんは、病人そのものでした。精魂尽き果てたといった感じですが、それほどの重責だったのだなと実感しました。
お父さんもなしえなかった内閣総理大臣の仕事を全うことできなかったものの、地位に上りつめたことは大きな実績となると思います。

そもそもこの人は「ぶっ壊された」あとの自民党を既存のカラーを生かしながら再生しながら、官を牽制し大衆にも迎合して、小泉政権の後始末をしなければならないという難しい局面の内閣だったと思います。
坊ちゃん育ちが仇となったのか、スローガンの「美しい国ニッポン」というのは、全く庶民には実感が沸かなかったし、やっていることが強権を発動しながら幕引きが滅茶苦茶だったりと、正直辛いものがあったとは思います。
良いイメージは簡単に壊されることの実証かもしれません。

実は今日、会見を見ていてどうしても気になったのが、これほどの健康状態の方がこの国の代表者として存在していた(彼の職務を代行するべき人は放っておいたのか?)ことの恐怖と、未だに国権の最高機関の一員として存在していることへの疑問です。

ここにかなりキワドイ内容の記事があります。私の高校の先輩(といっても全く面識はありませんが)の立花隆さんが書いたものですが、事実であれば、イメージに騙されている私たち大衆と、いくらきれい事を並べてもズブズブの関係を断ち切れない政治家(特に二世議員)のシルエット(実像)が見えてきます。
>>週刊現代が暴いた”安倍スキャンダル”の全貌

恐ろしいのは、これが事実であれば目指した「美しい国」とはどんなものだったのかという点です。
正に格差社会がまかり通っても、潤う層に属していれば「美しい」かもしれませんが。

空転した国会の歳費もばかにならないし、正常な判断能力をもたずに国勢調査や立法判断などの正常な業務を行えないと思われる病人の国会議員が議席を維持し、毎月膨大な税金を投入していることは、「美しい」事でしょうか?
posted by 古着オヤジ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5577315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック