2007年11月19日

嬉しいお店-いもや(昼飯通信)

今日は馬場まで行く用事があり、昼飯は西早稲田の「いもや」で。
ここの「いもや」は天婦羅です。

神田の「いもや」は天婦羅・天丼・とんかつとありますが、暖簾分けの西早稲田は天婦羅、浅草橋はとんかつの専門店です。

先日のヘミングウェイネタを引きずりますが、私はここに来るとヘミングウェイの短編「清潔で明るい店」の一節を思い浮かべます。(読んだのは中学生の頃なので、話の内容は定かでなくなってますが)
店内は決して、豪華でも凝った造りでもないのですが、白木のカウンターはいつもサッパリとしていて、どの店もきちんと掃除がされています。
そう、とてもいい意味での「標準」です。

都内で学生だった人で食べたことない人はいないかも知れない有名なお店ですが、ここ数年近くを通ることがなくなり、行っていませんでした。

早稲田通りを進み、明治通りを渡り、巣鴨信金のあたりで路地に入って一本先の裏道。以前はここが早稲田の学生の通学路メインコースだったのですが、今日は人が少なかったです。

お店を見つけて入ると、嬉しくなりますね。
暖簾分けの「いもや」は、ご夫婦で営まれていることが多く、黙々と揚げ物をするご主人に、元気に「いらっしゃませ」と声をかけてくれる明るい奥さんというのが定番です。

天ぷら定食600円。
海老にキスにイカに春菊にかぼちゃに人参。
これにオプションでおしんこ50円。
(白菜にきゅうりになす。これだけでご飯一膳いけます。とても美味しいです)

昨今は、食用油だの、小麦粉だの、野菜だの、魚だの、軒並み値上げの最中で、昔ながらの値段を維持してくれているところはかなり感激です。

おひつから盛るごはんもおいしいし、昔からのシジミのみそ汁も健在。
食べていると、学生の頃と変わらない味に感激です。

余談ですが、神田のお店では学生時分ご飯の大盛りを頼むと、サービスで出してくれていました。
たぶん今でもそうだと思います。
でも、「大盛りを頼んだらお米粒一つ残さす食べること。残したら50円だよ」と言われました。

そんなお店が当時のままで残っていることは素晴らしいです。
ぜひ、行ってみてください。
懐かしさにいっぱいになりますよ。
posted by 古着オヤジ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | B級グルメ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6955372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック