2007年12月29日

横峯良郎議員の騒動についての雑感

横峯さくらパパで民主党参議院議員の横峯良郎さんが凄い事になっているようです。

問題の種は、「愛人問題」に「賭けゴルフ問題」だそうです。
対応もあまり良くなかったのか、評判も芳しくないようです。

そんな中、爆笑問題のテレビ番組への出演で暴発しちゃって、「これはひどい」「死ねばいいのに」上位ランクインされました。
私もそれで、この番組動画を見たのですが、確かにひどいですねえ。
Wikipediaにも「テレビ番組暴言問題」として、加筆されているようですね。

しかし、やくみつるさんは、こういう番組では強力ですねえ。
酒場でこの状況であれば、殴り合いは必至なのですが。
ささくれを引っ張るような言葉で、強烈な緊張感を作りだすマジシャンですね。

個人的な感想を言えば、横峯さくらプロを育て上げた点で、素晴らしい実績を残し、寝食を共にして、苦労をしながら、共に歩んできたという事は凡人では出来ない事です。
しかし、良郎さんの子育ては結果オーライだったわけで、仮にさくらさんに素質がちょっとでも足りず、努力しても苦労しても思う様な結果を残せなかったら、これほどの注目されることも無かったわけです。
(子育てってのはそういうものかもしれませんが…)

加えて言えば、娘をプロに育て上げるという一大プロジェクトを成し終え、充実感と達成感に満たされながら女性へと走ったとしても、一般人の感度では何の問題も無い気がします。
(まあ、倫理的な問題は別ですが。)

賭けゴルフであっても、レートの問題こそありますが、今日びでも競技会以外では、ゴルフ場へ行って、何の賭けもしていないパーティーなんて見つける方が難しい位、一般的な事です。
(だから私はゴルフをしません)

そう、一般的な感度で言えば、おそらく「誰でも身に覚えのある事」だと思うのですが。
国会議員となれば、話は違ってきちゃうんですよね。
だって、国民の代表として、立法を司り、高い地位と税金によって賄われる高額な報酬を受けるわけですから、国民やマスコミの猜疑の目にもさらされるし、責任も生じてきます。
その人の倫理感や人柄も選出の大きな要素になり得る訳です。

一言でいえば、議員になるべきではなく、今回彼が批判するところのコメンテーターとして、持論を発表されていた方が良かった気がします。
歯に衣着せぬ市井の一居人として存在されている分には、今日騒がれているような「問題」はキャラとして受け入れられる範囲の事だと思います。
名誉を得る事は、ある意味危険である事を教えてくれたと思います。(まあ、断るまでもなく、私には縁がありませんが)

良郎さんが選挙前や選挙中にテレビなどで発言されている内容についても、政治家としての良識のレベルではなく、庶民レベルでの「居酒屋政治談議」のレベルであったと思います。
それはそれで、今の政治状況を考えれば、疑問提起や風穴をあける一つの原動力なり得たし、価値のある事ですが。

ところで、この番組に出ていた同じく民主党の姫井由美子参議院議員。
ぶって姫」と呼ばれているそうですが、なんで「ぶって」なのか、非常に気になり、Google検索をかけたのですが、上位に出てくるページ(特に無料ブログ)の多くが削除されているようです。

偶然でしょうか?
「ぶって姫」のイワレと共に、かなり気になります。気になって、ちょっとウェブを見てみると、「ぶって姫」こと、姫井由美子参院議員のニュースは凄い事になっています。

既に報道で知られている事ですが、24日に行った初めての国政報告会。
4500人に案内を出したうち、約100人しか集まらなかったそうです。
家族も欠席という悲惨な状況の中、その欠席理由は、
  • 会社の将棋大会(夫)
  • 郵便局でのバイト(長男)
  • 彼氏とデート(長女)
ですって。

えー!!!

しかも、告白本「姫の告白」(双葉社)出版。
発売には「丸善」で、「SEXYコスプレ・サイン会」を行うそうです。

UFO談義も含めて、国会って一体何やっているんでしょう。

posted by 古着オヤジ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8898410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック