2008年03月28日

「走らないサッカーでは勝てない」



書かずにおこうと思っておりましたが、痺れを切らして書いてしまいます。
応援もちょっと温度調節(冷却)が必要だなと感じていたので。

日本代表、大丈夫ですか?

川淵キャプテンが27日、25日に退院したオシム氏と千葉県内で対面。前夜の試合についても会話し「オシムとも話したけど、“走らないサッカーでは勝てるわけがない”とのひと言。考えて走るのがゼロに等しかった」(イザ!)


当り前の事ですが、正にその通りだと思います。

昨日のU23の親善試合では、みんな走っていました。
カウンターを仕掛けたり、ドリブル突破を試みたりと、攻撃してました。
少なくてもバーレーン戦のA代表には、全く攻撃性が感じられなかった。
傍から見てれば、何か練習試合のような動きでした。

A代表は日本のサッカーを代表するプレーヤーが集まったチームの筈です。
2003年統計で約85万人のプレーヤー(JFA News: 2003年度より)、競技しない人を含めると数倍のファンがおり、しかも毎年増加傾向にある「サッカーファン」の頂点に立つメンバーが、日の丸を背負って戦っている筈です。
「俺やりたいです!」っていくら声を大にして叫んでも、入ることは不可能です。

なのに、いざチームになってみたら、あの結果です。

切り替えて結果をだすのが大事ですが、今まで私たちが感じて不安に思っている「問題」は、一向に解決していないように思えます。

どうか、子供たちや次の世代に夢を与えるような素晴らしいプレーを見せてあげてください。
posted by 古着オヤジ at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月16日

オジェック監督解任、やっぱりねえ


"CONFIDENCE" from Bennet Summers

このところ、何かしっくりと来ていなかった浦和レッズ。
先日の名古屋グランパスとの試合見てて、何か浦和におかしなところがあるなとは思っていましたが、やっぱりでしたね。

代表が解任理由に挙げたのは
「監督と選手の信頼関係の欠如」(iZaより)
だそうです。
規律と組織を重んじる必要性はあるんでしょうが。

新監督はエンゲルスヘッドコーチになりました。
昨年に比べて主力を欠いた形での開幕戦の様相となっていましたが、一刻も早く本来のリズムを取り戻してほしいところです。
posted by 古着オヤジ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月01日

開幕前から見せてくれました-ゼロックス杯


from ippunsch

J2降格の広島が初優勝 ゼロックス・スーパー杯

八千代市出身の佐藤寿人選手が見せてくれました。
小笠原選手も見せてくれました。


しかし、それより、家本主審が一番見せてくれましたねえ。

久保選手のPKの辺りは「??」ですが。
広島はJ2降格後のタイトル獲得で、盛り上がるでしょう。

しかし、主審の立ち位置で試合はどうにでもなってしまうという見本の様な試合でした。

まあ、アントラーズのサポーターはあれじゃあ荒れますよねえ。
PKの後に、追いうちのイエロー出してたし。
悪い酒を飲んでいるようなもんです。

個別のジャッジがどうのこうのと言う気はありませんが、判断基準の妥当性という点で如何なものでしょうか?
結果として試合の流れを180度変えてしまう位のインパクトはありました。

先入観はいけませんが、こういう経歴の方です。
『ウィキペディア(Wikipedia)』

開幕前にイエローカードの大盤振る舞いを見せていただいたゼロックス杯でした。
posted by 古着オヤジ at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月25日

中村俊介は凄いなあ!このプレイ見てください

ここ数日東アジア選手権のウップンが溜まっていたのですが、今日のこのプレイを見て、吹っ飛びました。

中村俊輔がFKで決勝点 プレミアリーグ通算20得点
サッカーのスコットランド・プレミアリーグで中村俊輔が所属するセルティックは24日、英国ペーズリーでセントミレンと対戦し、後半42分に中村が決勝点を挙げて1−0で勝った。
ベンチスタートとなった中村は後半19分から途中出場。終了間際の同42分にFKを直接決めた。(イザ!)


とりあえず、見てください!
どうです、凄いですよねえ!
サポーターの歓声も凄いです。

後半19分で登場して、残り5分に、自らファールを勝ち取って、このゴールです。
いやあ、何度でも見てしまいますねえ。

こんなチームで、こんな活躍が出来るっていうのは、プレーヤーとして、かなり幸せだと思います。
posted by 古着オヤジ at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月24日

サッカー東アジアカップ、勝手に感想


"Incomplete Combustion"from eron rezende

残念ながら優勝を逃した日本代表ですが、本番はこれからです。
今回、ベストメンバーとは言えない状況の中で、岡田監督も色々とテストを繰り返していたようにも思えます。
今回の結果を受けて、「不完全燃焼」と失望するファンの声もあるようですが(イザ!)、オシム時代からのチーム引き継ぎに、ワールドカップも見据えての、世代交代も考えての戦略だったと思います。
気がつけばジェフ色からガンバ色へと変わっていたチーム構成。
そんな中で、思ったことを勝手に書きます。

良かった点

山瀬選手の登用
貪欲に得点に絡んで、結果を出している点。縦への攻撃を仕掛けて、エリア外からのシュートを決めれる攻撃性。泥臭くドリブルで仕掛けて突破できる強さ。FW不在の代表にあって大きな存在感を示したと思います。他方、MFでの参加で、パスミスも目立つなど、改善点もあると思いますが、大きな期待の選手です。

安田選手の登用
スピードもあり、テクニックもあり、周りが見えていて、チャンスの臭いに貪欲。彼がボールも持つと、何かが起こりそうな期待をさせてくれます。ガッツのあるプレイ、やんちゃなサッカー小僧を絵にかいたような愛すべきキャラクターはブログでも楽しめます。
安田選手のブログ
中澤選手の守りの固さ
ボンバー中澤の活躍は素晴らしいです。若い選手の登用で、特にサイド方面での「穴」が目立ちましたが、センターからコースをしっかりと塞いで、固い守備を見せていました。彼がいなかったら、と思うと恐ろしい位です。

鈴木啓太選手の動き
最終戦ではいまひとつでしたが、中盤で攻守ともに光っていました。こぶりなパス回しで失敗しがちなチームの中で、スペースを生かした動きのあるプレーは流石でした。


もっと期待する点

内田選手の守り
右サイド鉄板の加地選手に替っての登用で、今回の岡田監督戦略の目玉でもあったと思うのですが、加地選手のプレイとの比較になるからでしょうが、多くの問題を露呈しました。最終戦を含め、左サイドからの失点が多かった事が証明しています。
2戦目以降では中澤選手のフォローがかなり効いていましたが、一番の問題は守りでの一対一の弱さとスペース取りとボールへの執着で、安易なセンタリングを許してしまうところだと思います。特に中国戦では、前半中ごろからは、突破口として完全に狙われていました。彼らしさを出してスピードのあるプレイを見せてほしいと思います。


試合の結果は、今一つであったし、何より運営に大きな問題点があったこの選手権ですが、一つの区切りになったのではないでしょうか。
26日のバーレーン戦でぜひ結果を見せてほしいです。
posted by 古着オヤジ at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月21日

川淵会長、頑張ってください!


from johnyo

「あれがレフェリーでいいのか」 川淵会長、怒り爆発
日本サッカー協会の川淵三郎会長は21日、中国・重慶で開催中の東アジア選手権で20日に行われた日本−中国戦の北朝鮮のオ・タエソン主審について「あれがFIFAレフェリーでいいのか。放置するのはよくない」と何らかの措置を講じる意向を示した。
川淵会長は「あまりに片方をひいきにした判定に怒りを覚える」とも話し、現地入りしている国際サッカー連盟(FIFA)理事の小倉純二副会長と話し合って方針を決める考え。オ氏は2003年からFIFA国際主審で、資格停止を含めた訴えをFIFAに対して行う可能性もある。(イザ!)

頑張ってください!
あんなの許してはいけないと思います。
フィールドの中は選手の力ですが、フィールドの外では、監督含め日本サッカー協会の力量が問われるところだと思います。

「あれがレフェリーでいいのか」って問われれば、常識があれば「良いわけ無いだろ!」って話ですが、常識のない国と闘わなければならない時には、まともな「レフェリー」を確保させる必要もあるのではないでしょうか!

少なくても、今のままの運営の状態で、今後この試合に出る事は、選手にとって非常に危険な事だと思います。

フェアなプレーに集中して、素晴らしい試合を見せてほしいです。

どうか、このままで済ませないでください。
posted by 古着オヤジ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月20日

インチキしても勝てない中国って!


from MFinChina

腹立っているんで、激辛中華豆板醤なみの辛口です。
これで。本当に「オリンピック」出来るんですかねえ!

日本1−0で中国下す サッカー東アジア選手権
【重慶(中国)=森本利優】サッカーの東アジア選手権第3日は20日、重慶五輪センター体育場で男子の試合が行われ、初優勝を目指す日本は地元・中国と対戦、1−0(前半1−0)で勝って勝ち点を4に伸ばした。
(イザ!)


この大会、次から出ないわけには行かないんでしょうか?
「中国人、恥を知れ」と言いたいです。
日本から沢山の人が中国に駐在していて、ビジネスをされている現状、こんな奴ら相手に、本当に御苦労さまだと思います。

とりあえず、試合見ました?
試合の行われている重慶っていうのは、これまた曰く付きの場所ではあるのですが、戦前の日本の軍国教育よろしく、中央への批判をかわすために行われた「反日教育」の根深さを再認識し、この国とまっとうに付き合う事の難しさを改めて教えられた気がしました。

試合開始こそ、穏やかに見えましたが、「中東の笛」を超える「共産党の笛」のすさまじいこと。
安田・楢崎・駒野など、ケガ人続出。
中国がファールしても日本のファールになってしまう。
「なめんなよ、北朝鮮野郎!」と切れかかりながら、観ていましたが、今日、ひと際目立っていたのが、楢崎のスーパーセーブに鈴木啓太のナイスファイトですね。
インチキ審判にゲームが嫌な雰囲気になっている中、二人のファイトで、助けられた場面が沢山ありました。

もちろん、得点を決めた駒野のファイトに山瀬のストライカー魂も素晴らしいですが、ボンバー中澤に鈴木啓太と楢崎にエールを送りたいです。

しかし、中国っていう国は「スポーツ精神」とか「フェアプレイ」とかって理解しているのでしょうか?
国際試合に発煙筒焚いたり、餃子には毒が入っていたり、肉まんは農薬や段ボール入りだったりと、オリンピックはどうなっちゃんでしょう?
主審が北朝鮮ってありですか?

で、昨日の女子の試合(中国×韓国戦)については、かなり酷いお手盛りの「アウェイ裁定」となって、韓国のサポーターも騒いでいる訳ですが、今回の審判団は北朝鮮と韓国でしたよね。



主審は北朝鮮でしたが、今日の審判の動きを見ていれば、あの女子の裁定も全然「まとも」なんでしょうね。

試合後、北朝鮮の主審の「努めを果たして」ホッとしている顔がとっても印象的でした。

今回の試合に関しては、事後の対応を見てからですが、岡田監督「喝」じゃあないですか。
選手を危険に曝しての試合参加ってのは、絶対ダメですよね。
事前に然るべき処置を取るべきだし、試合中でも「レッド」貰ってでも、正義を貫けば選手の見方も違ってくるでしょうが。
内弁慶が表にでてしまっていて… って感じに見えました。
体を張って、闘っていた安田や鈴木啓太や駒野や楢崎にこの指揮官がどう映るか、とても心配です。
お気に入りの内田は「高校サッカー」並みの茶番でピンチを作ってくれるし。
前からそうだけど、内田は当たりに弱すぎで、この何試合かは完全に、カモにされてますよ。
子供が遊ばれるように、ポーンと飛ばされているのがとても印象的でした。アントラーズしっかりしてよ!
今回は、ボンバーヘッドとあの慎重な楢崎が体を張って止めに入ったから(要は穴に対応していたから)助かっただけです。
加地の投入では、まさかの駒野との交換ってオマケ付きですから。

テストも良いですが、サポーターを遊ぶのはやめてほしいです。
テストは本番前にしっかりとして下さい。

勝てたことはおめでとうですが、これからが仕事の見せどころです。
頑張ってください。
posted by 古着オヤジ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月18日

岡田監督、中国戦こそは期待してます!


from MFinChina

書かずに置こうと思ったのですが、一日経って頭も冷えたので、ちょっと冷静に。

岡田ジャパン、日曜の対北朝鮮戦、正直パッとしなかったですね。
先発メンバー表を見た時に、「あちゃー」って感じて、「こうならなきゃ良いけどなあ」って思っていた事がそのまんま現実になっての世界ですね。
私の様な素人でも危惧してしまうリスクですから、そりゃ色々と言われるでしょう。

この試合で岡田監督は3人の選手を代表デビューさせたが、このことが「経験の少ない選手が多かったこともあって、少し消極的になった」(イザ!)のではとのコメント。

で、これ以上は言いません。

オシム元監督のもとで、出来つつあったチームを急きょ引き継いでの参戦です。岡田監督が思い描いている戦い方・ゲームの進め方が、現状の選手ではミスマッチになっているし、テストもしたいんでしょうね。

この2戦を見てみると、どこで新しさを出すのかと言えば、サイドからの突破を起点にして、何人もが前線に上がって、波状攻撃をする、というスタイルをしたいのかなあ、なんて勝手に推測してしまうんですが、そのためにサイドをいじりたいのかなあ、なんて思っています。

何れにしても、ここまで来たらブレずにしっかりと、体制作りをするしかないし、監督の描いた絵をしっかりと選手が引き継いでいくしかないでしょう。

それにしても、中国のサポーターは酷かった。
自国戦でもないのに、あのあからさまな敵意と、ホイッスルを吹いて妨害。おまけにスタジアムはガラガラ。
これでオリンピック開催っていうんだから、大丈夫だろうか?
天安門事件以降の反日教育徹底のすさまじさを感じます。

中国戦はスカっと決めてほしいですね。
頑張れ!
posted by 古着オヤジ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月09日

やっぱ、フォワード頑張って欲しいです


from CarDogg13


今さらですが、サッカー日本代表。
6日のタイ戦では4−1と勝利しましたけれど、私は何か消化不良でした。
1点は1点だし、セットプレーが得点に結びついているのは練習の成果だろうし、ボールの支配率も高いしと、文句を言う筋合いではないかもしれませんが。

前の試合から加地に代わって内田がスタメン出場しているのですが、彼は運動量も多く、ボールさばきも上手ですが、ミスマッチも多く、判断も遅い。
クロスもタイミングがいまいちで、微妙に出す位置も敵側にずれている。
その辺がこの2試合、チャンスを作れなかった要因だと思うのですが。
経験もないから仕方の無いことで、これからの将来性と世代交代を見込んでの岡田監督のセレクトなんでしょうけど、改善点がかなりあると思います。
最年少の代表ですので、早く勘をつけて、ゲームメーカーになって欲しいです。
前半のタイのミドルシュートの時も、戻りが遅く、DFとしての機能が果たされていなかったと思います。
タイだからなめてかかっていたわけではないでしょうが。

最初の遠藤のフリーキックで、かなり盛り上がったところでの、タイのミドルシュート。
もしかすると、あれがあの試合でのベストゴールだったような気がします。

試合後、何か物足りずに、ゴールシーンをまとめたDVDを見たのですが、それで気づいたのは、結局フォワードが文句なしに決めたっていう得点が無かったこと。
パス回しばかり見せられて、カウンターや敵を圧倒するような攻撃が見られなかったこと、この辺りに集約されるんだと思います。
大久保の泥臭いプレーは嬉しくなりましたが。

で、期待を一身に背負った高原ですが、次回からの出場見合わせだそうです。

日本サッカー協会は8日、東アジア選手権(17−23日、中国・重慶)の日本代表メンバー23人を発表。6日の南アフリカW杯アジア3次予選初戦・タイ戦(埼玉)など、岡田新体制の全3試合に先発してきたエースFW高原直泰(28)=浦和=は外れた。クラブの練習に専念してコンディションを上げたいなどとした本人の意向を“特例”で認めた形となり、他クラブ関係者からは不満の声もあがった。
イザ!より

調整不足で、思ったようなプレーが出来ていないとの事。
この2試合、ちょっと、空回りしている感も正直あった気もします。
そうなんですよ。
やっぱり、フォワード頑張ってもらわないと。
フォワードが点を入れれば、ゲームはもっともっと盛り上がるんですよねえ。

次は17日からの中国ですね。
岡田ジャパン頑張れ!
posted by 古着オヤジ at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年01月09日

ラモス瑠偉について知らなかったこと


先ほどテレビ画面にラモス瑠偉が出ていて、熱ーく日本サッカーの将来について語っていました。
ちょっとばかり火傷しそうな位、熱かったので、ついでにWikipediaで「ラモス瑠偉」を見てみると、出るわ出るわの武勇伝。
(「エピソード」欄で、「本文として組み入れるか整理・除去する必要」ありとの記述付きです。)
ついつい笑っちゃったんですが、もったいないので掲載します。

  1. 「審判が笛を吹いた」フェイントの考案者として知られている。これは、相手選手とボールを奪い合っている真っ最中に、突如動きを止めて両手を広げ「おい、今のプレイのどこがファウルだって言うんだ!」と叫ぶというもの。
  2. 1993年7月10日には当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファールを受けた際、報復行為として賈秀全の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった。
  3. 1998年のフランスワールドカップ時にNHKの番組にて、惨敗した日本代表チームのプレーについて「こんなサッカーじゃオナニーしてるのと一緒だよ」と発言し、その後同局での解説はなくなってしまった
  4. 「俺のポジションを取ろうとする奴は足の骨を折ってやる。」
  5. 「みんなタレントだよ。笑い顔で。タレントばっかり」(大事な試合で負けた日本代表を解説でこう表現した)
  6. シュート外して笑うなよ!」「ガム食うなよ!」「戦争なんだよ! ワールドカップは!」(フランスW杯での日本敗戦直後にNHK有働由美子アナウンサーの「でも、みんな頑張りましたよね」などのフォローを一切無視して、熱く叱咤した)
熱い人です。
そういえば、上記のエピソード、あったような無かったような。
6の発言あたりは、私も居酒屋で出来あがってサッカー見てるとついつい口からでてしまう感じですね。
(この時は、たぶん私もかなーり熱くなっています)
でも、3はダメでしょう。NHKじゃ。試合より解説の方が面白くなってしまいます。

こんな武勇伝以外でも、実際テクニックに裏付けられた熱いプレーをしていた記憶があります。
ドーハの時、一人走り回って、声を張り上げていたのはラモスだったかなあ。
これ位、熱いサッカー選手が沢山出てきたら、日本のサッカー、今以上に盛り上がりそうです。

できれば、子供たちにも、熱いサッカー魂を植え付けて欲しいです。
posted by 古着オヤジ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー このエントリーを含むはてなブックマーク