2007年02月12日

HerculesワークウェアUP

ちょっと前にヘラクレスなどのワークウェアをアップしました。
面白いのはデットストックのジャケットとシャツ2つで、ジャケットは箱入りです。
この箱もとても格好いいのですが、シャツ・ジャケット共にいいです。
しかし、このマッチングの2つをまとめて着ると、ただの作業着になります。
んー難しい。
50s Hercules ワークジャケット デットストック箱入り
50s Hercules ワークシャツ M
ヘラクレスはこれ以外に、カバーオールとレザージャケットをアップしました。
Herculesレザージャケット44
50s Hercules デニムカバーオール XL
デニムは言うこともないのですが、レザージャケットは良いと思います。ボアが付いていれば言うこと無しなのですが。革の具合といい、ヤラレ具合といい、ビンテージバイクに乗っている方に、是非とも着てほしいです。
posted by 古着オヤジ at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月27日

ミリタリー古着大量アップ

本日、通関手続きを済ませて、ミリタリーアイテムを大量アップいたしました。
毎度のことですが、通関の手続きは難しいです。
未だかつて、訂正なしですんなりと合格したことはありません。
最終的な許可証は訂正印だらけとなってしまい、税関の方にいつもお世話になっています。

今回のロットは、本当はクリスマス前にアップする予定だったのですが、便のトラブルなどもあり、この時期に到着となりました。

ECWCSゴアテックスパーカは、全てUSEDですが、コンディションは良いものです。
今回の原価が高かったのですが、なるべくお安くと努力して、9,000円でアップしました(税込9,450円)。これは、愛用の私から見ても、かなり価値があると思います。
これが防寒着として、本来のパワーを発揮するには、ベアシャツと呼ばれるフリース状のジャケットをインナーに着るのですが、これも未使用コンディションで、5,000円(税込5,250円)でアップしました。
バイクから、キャンプ、散策など、とにかく機能性に一度着たらやめられない、お勧めのアイテムです。
特にバイクでは、全く寒さを感じずに、雨にもへっちゃら(雨合羽としても利用できます)で、しかも蒸れ知らずという優れものです。

サバゲー好きの方には、タクティカルベストとカートリッジホルダー(CASE SMALL AMMUNITION 30 ROUND MAGAZINE)が超特価です。
特にカートリッジホルダーは、USEDですが、3個セット「もってけ泥棒大特価」となっています。3個あれば十分ですよね。
余談ですが、これ米軍のエスティメイトは一個7.65ドルだそうです。

とにかく一度ごらんになってください。
posted by 古着オヤジ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月21日

古着のサイズの測り方

当店は通販で古着を扱っています。
ここでネックになるのが、
(1)コンディションと(2)サイズの情報伝達の問題です。

「自分で着られるような程度・テーストのビンテージ・ミリタリーの古着」を扱うのがコンセプトなのですが、商品に興味を持っていただいても、上記の理由で躊躇される方がいらっしゃると思います。
(1)については、「私」を信じてもらうしか方法がないので、商品情報の記述からお届けまでを「誠意を以って実行する」しかないのですが、(2)については、ちょっとしたコツもあるので、ぜひ参考にしていただきたいと存じます。

ジャケットのサイズについて
US物の場合は、Chest(胸囲)が基準です。ご自分の胸囲がわからない場合(普通そうですよね)は、シルエットとして一番あっていると思うお手持ちのジャケットを出して、床に広げて、あらかじめ採寸してください。

  • 脇の縫い目同士を測ってください。これが身幅(店によっては×2で胸囲としているところもあると思います)。

  • 次に肩と肩と計ってください。これは肩幅(当店)ですが、本来は肩から、背首の真ん中を通って、反対側の肩までの長さを指します。当店の場合は、わかりやすいように簡易版で出していますが、計測の仕方を確認する必要があります。

  • 着丈は背首から背裾までの長さです。

  • 袖丈は肩山から袖裾まで(当店)ですが、これも脇下から袖裾までの計測のところもあるため、要確認です。

  • ここまでは、なんとなく感覚でもご理解いただけるかと存じますが、ラグランなど、肩幅が取れない場合には、「裄」(ゆき)という寸法で表示します。これは、ジャケットの袖を斜めに下ろして、背首から袖裾までの直線の長さをいいます。

  • 乱暴ですが、36(XS),38(S),40(M),42(L),44(XL),46(XXL)あたりが目安ですが、50年代あたりだと多少とも小さめになっていたり、また放出品の場合は、ライナーやレイヤー(重ね着)を考慮したサイズ構成になっていたりするため、注意が必要です。


男がメジャーを使うことはあまりないのですが、これらを予め計測しておいて、メモしておくと、通販利用以外でも実は重宝します。
それと1in(インチ)は・2.5センチですので、4インチ=10センチと覚えておくと良いと思います。

パンツのサイズについて
通常デパートやショップでスラックスを購入する場合は、センチ表示です。
ジーンズはインチ表示です。そのため、たいていの場合、ウエストのセンチとインチは覚えている事が多いですが、レングスは分からないといった場合が多いと思います。
これも、ジャケットの場合と同じで、ご自分で一番シルエットがあっていると思うジーンズを出して、床に置いて計測しておきます。

  • ラベルの表示サイズを確認してください。最近のものは防縮処理が進んでいるため、これは表示サイズを比較する上で役立ちます。

  • ジーンズの場合は通常床に置くと、フロントよりもバック部分の方が長く出ています。このフロントとバックをつまんで、両脇をそろえて一直線にして計ることを「平置計測」といいます。この幅をメモしておきます

  • レングスは、股下の長さで股下の縫い目から、裾までの長さです


上記をメモしておくと、大抵のウェブショップでのお買い物に重宝します。
また、古着屋さん回りの時も失敗しないお買い物ができるでしょう。
ちなみに、私の計測もたまに間違えてお客様からご指摘を受けることがあります。気をつけていても、タイプミスをしたりしているものです。「オヤ」と思ったら、お問い合わせをいただくことをお勧めします。
posted by 古着オヤジ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月18日

新着古着のお知らせ

「新着古着」ってのも変な言い方ですが、アップ予定の物として、CWU/36-Pアクションプリーツと、フランス軍ライダースショートコートとワード101のデニムジャケットに、ブルーベルマーベリックの刺繍入りデニムジャケット、ブルーベルラングラーの細めサイズのジーンズにNIKEオレンジスウォッシュのナイロンパーカやチャンピオンのランタグナイロンパーカなどなど。

今週は何かと忙しかったため(私用でですが)明日あたりからアップします。

それと、時間がなくてやってなかったのですが、Yahooオークションも再開しようかなと思っています。
とは言っても、「SpecialSale」コーナーの商品をその価格即決で出そうと思っているので、すでに当サイトをごらんいただいている方にはまったく面白みも無いとは思うのですが。

とりあえず、明日から頑張ろうっと
posted by 古着オヤジ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月28日

放出品のロット間違い

かなーり、ブルーになってしまいますが、
先日通関手続きをすったもんだで済ませた、サープラスのロットを確認して、びっくりです。
中身が全く違っていました。
基地相手の商売ってのは怖いもんです。
かなり内容の良かったロットだったので、愕然としております。
放出品は着荷してバラしてから初めて、はっきりと状態が確認できるようなものなので、とってもリスキーなのですが、今回の事態は初めてです。
改めて難しさを勉強しました。
そんな中なのですが、古めのサープラスが入ってきていますので、チョボチョボアップしていきます(ドーンと行く予定だったのに)。
乞うご期待!

新着古着情報
posted by 古着オヤジ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月16日

放出品がやって来ます

いやあ、ブログやってる事忘れていました。
すっかり更新してなくて.....

本日船会社からArrival Noticeが届きました。
以前に手配していたちょっと大き目のロットがイリノイの基地からやって来ます。
また、税関に行かなくちゃ。
ロットを開けるのは楽しみなんだけど、保税倉庫から荷揚げする時は大変なんですよねえ。
また、東京税関の方にご迷惑をかけてしまうかなあ。

今回の中身はまたECWCSゴアパーカとフライトジャケット等のアウター関連の予定なのですが、開けてびっくり玉手箱なんですね。
来週末にはUPできるかなあ。
posted by 古着オヤジ at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月08日

レザージャケットの手入

週末、遊びつかれてアップ作業をすっかりさぼっておりました。
先週は配送事故を2件も起こしたので、ちょっとブルーでしたが、本日ちびっとだけ、アップを始めました。

関東地区は寒さも本格的になってきて、いよいよレザー関連の出番です。
これまで、レザー関連のメンテナンスには「これがいい」とか「あれがいい」とか情報を聞きながら、試行錯誤を繰り返してまいりましたが、先日アップしたレザーウォッシュと蜜蝋系もしくは動物系のクリームがあれば、ほぼ完璧です。
先月からテストで使っているのですが、本当にいいものが出てきました。

以前はレザーの汚れおとしには、レザークリーナークリームでふき取り、その後にミンクオイルなどの動物系クリームを塗っていくというのが定番でした。「古着のレザージャケットは格好いいのですが、カビ臭くてたまらない」この経験なさっている方が多いと思います。これはドライでも解決しない場合があり(また、大変にコストがかかるため)、とにかく臭いが気にならなくなるまで着倒す。というのが解決法でした。
一時はスチームクリーニングとクリームの塗りこみも試しましたが、危険が多かったです(これは今では絶対におすすめできません)。
レザーウォッシュで水洗いすることで、これらの悩みから開放されます。そう、ビンテージレザーが蘇ります。
と、いうわけで、当店では、レザージャケットは、コンディションを見ながら、随時使用してまいります。また、レザーウォッシュ自体も販売をすることとしました。ビンテージのレザー愛好家の方や、バイク乗りの方には絶対におすすめですので、ご覧になってみて下さい。
posted by 古着オヤジ at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月26日

Wライダース

いわゆる革ジャンのスタンダードといえる形が、このダブルライダースでしょう。子供の頃から皆あこがれますよね。Johnレノンのテディボーイ時代の写真やアメグラとかはたまたキャロル時代の栄ちゃんとか、影響されるものは多々あります。そうそう、ラモーンズのピチピチルックやジョニーロットンのスタイルなんてパンクなテーストもありですね。
ジャケットの存在感がかなりなものなので、似合えばちょっと不良っぽくて格好いいんですが。間違えちゃうとかなーりオヤジ臭くなるかお笑い状態になるアイテムでもあります。
私は好きなのですが似合わないです。最近はそれでも着てますね。これ、何でもそうかもしれませんが、躊躇せずに服に負けないように、恥ずかしがらずに着ていれば、自分のテーストに馴染んで来るってことでしょうか。特に古着レザーの場合は存在感も相まって何とかおさまります。これが新品だと駄目なんです。昔ショットを何度もトライしたのですが、挫折してました。
蛇足ですが顔の小さい人は絶対に似合います。
顔が大きい人は、雰囲気で着こなしましょう。
それと、ジャケットで形ができてしまうので、ボトムは同じジーンズでも、雰囲気のあるものを選んだほうが良いです。

古着Wライダースレザージャケット1
古着Wライダースレザージャケット2
古着Wライダースレザージャケット3
posted by 古着オヤジ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月19日

CWU/36-P、CWU/45-P

フライトジャケットってのは、そのファッション性もさることながら、マニア向けの衣類でもあります。
「実物」は、飛行機乗りの勝負服としての機能性の固まりと格好よさ、ジャンバー・ブルゾンの原型アイテムとしても、その存在意義はとっても大きいです。
私も夏以外の3シーズンは長いこと必ずワードローブに入っています。余談ですが最初のフライトジャケットはアルファのMA-1でした。中学生の頃です。高校に入ると友達が古着の「実物」着ているんです。聞けば私のアルファの6倍してました。高校生にはとても買えないので、その後もアルファやコーニス(今はスピワーク)で我慢してたのですが、働き出してからは「実物」オンリーです。
違いは、敢えて説明の必要はありません。ただ、大人になってから着る服ってことですね。(大人になってから似合う服とでもいいますか)
そのころに、買いたくて買えなかったのがこのCWUシリーズです。巷がMA-1一色のころ、WEPやらこのCWUやらを着ている人がいて、とても格好よかったです。今シーズンあたりから、ミリタリーでもフライトジャケット関連が見直されているので、MA-1あたりのナイロンジャケットも見かけるようになるかと思いますが、だからこそ、WEPにハイテクジャケットのCWUこそお勧めしたいジャケットです。
と、いうわけで、この二つをちょっと重点的にアップしていきますので、チェックしてみてください。

フライトジャケット
posted by 古着オヤジ at 18:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

ナム戦古着アップしました

コアなファンも多いナム戦古着を少しアップしました。ジャングルファティーグにユティリティーシャツにツアージャケット(正確にはナム戦後)、記念バックルやM-65など。
歴史的には暗い印象しかない戦争ですが(戦争に明るいものなど到底あるはずもないのは承知で)、ミリタリーアイテムは大きな進歩をそれぞれ遂げています。
M-65しかり、ジャングルファティーグしかり、その他諸々、スタイルとしては非常に魅力があるものです。
この時代のものも、市場から姿を消してきましたので、チェックをしてみてください。当時バリバリで戦ってきたランボーたちも、いまや60歳前後のジイサンになってきたので、あれほど良く見たミリタリーアイテムも、今ではレプリカ主体になってきています。
posted by 古着オヤジ at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月16日

バッファロー66

昨夜はDVDを観ました。
ビンセント・ヴァン・ギャロのバッファロー66です。
この人、尖ったクリエイターって事で、この映画はとりあえず要チェックだったのですが、機会がないまま今に至っておりました。
結論から言うと、映画自体はイマ3ってところでしょうか。
ガレージ系のロックバンドのプロモーションビデオを2時間つなげたって感じです。ただ、ここでのバッファローの町並みとギャロのスタイリングは雰囲気ありますね。
襟無しのシングルライダースにかなり細身のベルトレスパンツ。格好いいですが、これは勇気要りますね。「危ない人」直行間違いなしです。
エッセンスだけもらえば、シングルライダースに細めのチノとか、カラーデニムあたりがよさそうです。ただし、長身でスリムな人限定ですね。まあ、私は間違っても似合いません。私の体系だとシングルライダースを着るなら、ちょっと色をはずしてブラウンとかでジッパーを上まで閉めて、ギミーハットをかぶり、ビンテージワークデニムにスニーカーってところでしょう。素が違うんだから、しょうがないです。
ストーリーを楽しむのではなく、BGVとして画像を流しておくといいかもしれません。
posted by 古着オヤジ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

古着のどこがいいの?

昨日ですが、車で1時間ほどの所に、面白いお店ができたからと聞いていってきました。
どんなところかと聞くと「コストコの日本版」だということでした。
楽しみにして行って見ると、「んー」でした。
確かに通路を広く取って、商品を山積みにしてと似ているのですが、ショッピングが楽しくないです。コストコは(アメリカの人は感じないでしょうが)ミーハーの私には、アメリカの生活文化を擬似体験するエンタメ性の魅力があります。
衣類の部分をたとえて言えば「しまむらをもっと安くした感じ」ってところでしょうか。タイ製のラモーンズのTシャツが580円で売っていたり、メンズのYシャツが290円(立ち食いそばより安い!)で売っていたりとしてました。

ユニクロもそうなのですが、この店でもこんなに安く新品を売っている状況を考えれば、「古着」って何なの?と純粋に考えてしまいます。

私は古着の魅力を「オリジナルの魅力」だと考えています。
多くのクリエイター達をインスパイアし続ける宝箱のようなもの。
生地一つとっても、当時モノと今のモノは当然違います。これは技術革新に拠るところが多く、「堅牢性」や「防縮性」「コスト」などの課題をテクノロジーで解決していった結果です。(事実アパレルメーカーの生地に対する苦情の多くは上記の2点に集約されます)
でも、私はヨリがあったり、ムラがあったりした古い素材が好きです。これはデニムなどのコットン素材で顕著ですが(染色法・製法・縫製法などすべてが違うため)、他の素材でもやはり出てきます。
そして、ポケットの形状とか付属のデザインとかを見ます。当時、見栄えとしてのデザインを狙うというよりは、何らかの機能性を追及した結果、出来てしまったもの(たとえばカバーオールやオーバーオールの懐中時計止めのボタンやポケットやシャツの耳付き仕様など)は、今ではテクノロジーで解決できてしまう問題や当時の習慣から必要であった機能を無意識に反映していて、大きな魅力を感じます。
そして、これらをトータルすると、服にキャラクターが見えてきます。そのキャラクターが自分とマッチした時、現代のプロダクツでは得られない満足を得ます。
これは、古着としてではなく新品として、以前のオーナーに着用されていた時とは違う魅力を感じているということですね。当然、万人向けのことではなく、受け手の思い込みに拠るところが大きいでしょう。だから古着はマニア化するし、奥が深いものです。そして同じアンテナを持っていなければ、「何なの?」という価値観でもあります。(余談ですが、「古着のリプロ」を「最新のデザイン」として楽しんでいる方も現在では多いですが)

このようなプロセスのために、古着に拘ります。
だから、580円の新品ラモーンズのTシャツよりも5800円の古着のラモーンズTシャツの方が好きなのです。(これは例えが悪いですが)

皆さんはいかがですか?
posted by 古着オヤジ at 00:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月15日

Rocky

「Rocky」のDVD観てしまいました。
これも十回近く観ているのですが、感動しますね。
続編のエンタメ性は無いものの、酒臭そうな町や雰囲気、
汗臭そうなジム、生卵5つ一気飲みのあとのランニングシーン。
そして、最後の「エイドリアーン」で頂点に達します。
今回観た時に気になったのはロッキーがランニングをするのに
朝目覚ましで起きるのですが、これがWestcloxのビックベン
だったりします。スウェットは何がなんだか分からないですが、
コンバースの黒のハイカットにウォッチキャップ。
エイドリアンの格好も凄い。こりゃないだろうといいうFox型の
メガネにオーバーコート。
ロッキーの部屋のボロランプやら、いっぱい飲み屋のサインやら
古着で見慣れたあのアイテムが沢山です。
そう、これが出てからもう30年位になるから、この時期の流行も
古着の世界ですね。
posted by 古着オヤジ at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月09日

古着昔話その一

皆さんは、何から古着に入りましたか?
年代がバレてしまいますが、私はミリタリーからです。
実はデニムは高校生になってから、初めて古着を買いました。
ミリタリーは、何かって言うと、M-51パーカとトレンチとグルカショーツです。
先の二つは、言う必要もなしで、Whoの四重人格からのインスパイアで、当時、VANジャケットの3つボタンスーツに合わせようと必死に探しました。知り合いの鉄砲屋さんに、それならここで買いなと渡されたのが、中田商店の通販カタログ。残念ながらM-51パーカはコピー品のみで放出品の在庫はずっと切れていて、トレンチコートを買いました。その後、「さらば青春の光」って映画が出て、火が付いちゃいました。真っ赤なシェトランドセーターにリーバイス501、足元は黒タグのチャックテイラーで、その上にはトレンチコート。まさに映画のスチールそのものだったのですが、どうも違うんです。格好悪いんですよ、実際。その頃にはコンポラも買いこんでいました。足元はチャッカーブーツかウィングチップでした。パーカはM-65のフィッシュテイル。コヨーテの毛皮が付いているやつです。べスパに乗っているかどうかが問題だと思い、高校生のチャリンコでは限界があると察し、素直にモッズの真似事は卒業しました。
その後はやっぱアメグラ(アメリカングラフィティー)ですね。並行してビックウェンズデイ。前者はドリズラーにピケにチャックテイラー、後者はスポーツウェアの首が伸び伸びになるスウェットにSmithのカーゴパンツにナイキかブルックス。そのころNIKEを「ニケ」と読んでいたなあ。どっちもエライ高かった。今とほとんど変わらない格好ですが、始まりはすごいミーハー(映画の真似)だったようです。
しかし、どれも今探すと結構価値があったりします。特にチャックテイラーは、履きつぶしても良いようにと、何色かをデットで揃えていたのですが、知らない間に不要な「ズック靴」として処分されていました。とほほ
続きはまた機会があれば。
良かったら、古着初体験話、コメント・トラックバックしてください。
posted by 古着オヤジ at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月04日

バックル

腰痛オヤジ復活です。
今朝はきちんと一人で?起きれたし、
いやあ、何かウキウキするなあ。

さて、皆さんベルトはどうしていますか?
私はスラックス用にはブラスのノーマルなものを、
デニム用には幅広のクロームのものとハーレーのゴツイバックルのものとを使い分けています。デニムを自分らしく着こなすために、バックルっていうのは結構大きな要素です。お好みのバックルをつけてオリジナルのベルトを作ってみませんか?ベルトをハトメで止めてもらうのは、革屋さんでやってくれます。

いい感じのバックルアップしてありますので、ご覧になってください。
GreatAmericanベトナムMACVバックル
GreatAmericanベトナムPOW-MIAバックル
ベト戦帰還兵の記念バックル、M-65やフライトジャケットに合わせてもいいですね
ZEEウエスタンベルトバックル
オーソドックスなニッケルベースのウエスタンバックル
posted by 古着オヤジ at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月27日

フライトジャケット資料ページ

本当にお恥ずかしいのですが。
おととい、コストコ行って、ダウニーだのカッペリーノだの本だの重い物ばかりを買ってしまい、車に積み替える途中、どうやらやってしまったようです。
ギックリ腰。
自分じゃ気が付かないのに、その晩からだんだんと痛くなってきて、ダイエット大作戦はお休み中です。いやあ、怖いもんです。
 と、本題からはかなりずれてしまいましたが、サーバーに残っているゴミのようなページを作り替えております。今朝、フライトジャケットの情報ページを作り替えたので、ごらんになってみて下さい。主要モデルの簡単な情報と、PickUpItemsへのリンクです。

フライトジャケット
posted by 古着オヤジ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月24日

いい感じのN-3Bアップ

実物のフライトジャケットを初めて手にすると、「何でこんなに重くてゴツイの」と誰もが驚くでしょうが、「ナリは同じでも、モノが全く違うよ」というのは、MA-1とこのN-3Bでしょう。
特にN-3Bは一般の防寒着(Jacket Extream Cold Weather ←スペル間違ってたらすいません)になる前のフライトジャケット(Jacket Flyer's)のものは、なんじゃ、こりゃとなるゴツさです。
このN-3Bもそんなジャケットです。毎冬巷でたくさんの人がN-3Bモドキを着ていますが、これを着て歩くと、自分ではかなりごつくなった気分になれます(笑)。はっきり言って都内を電車で移動するにはオーバースペックかも。バイク乗りには、最強のスペックですよ。
60sN-3BナイロンシェルフライトジャケットLarge
posted by 古着オヤジ at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月17日

ビンテージLevi'sの判別

かなり以前になりますが、「オールドLevi'sの判別法」なるページを作っていました。メルマガとの連動か何かで軽い気持ちで作って、削除し忘れていたようです。非常に参考になったとのメールをいただき、「えっ」て思ってチェックしてみると、あったあった。スタイルシートも外れて、何がなんだかわからない、ページがありました。
「こりゃいかん」という事で、一般的なことを備忘録ついでに、アップしました。
ビンテージLevi'sの判別法
参考程度ですが、ご覧になってみてください。
posted by 古着オヤジ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月15日

アロハシャツ

以前、アパレル会社に勤務していた時代、京都まで何度か出かけました。
ここは、きものからの(友禅染)からの流れで、シルクプリントの一大産地だったのです。(もちろん今でもそうですが、安価な東南アジア製におされているでしょう)
ここでの基本的な技法は友禅なんですよね。
今では技術も進んでいるし、インクジェットなんてのも随分と増えたと思います。

50年代から60年代までのアロハシャツにはMade in Japanが結構ありますが、これらのプリントはやはり、この京都を含め、日本の染色技術に拠るところが大きかったのでしょう。単色の抜染から、多色重ねの染めへと進化をしていく過程には、リゾートでおみやげとしての商品力を店頭で如何なくアピールできるように南国情緒が漂ったモチーフがどんどん複雑化してきています。

このPaliのアロハは、そんな時代を髣髴させてくれます。はっきり言って派手です。程度も良いので今っぽくもあるのですが、プリント生地を見ると、やはり手の仕事を感じさせる魅力があります。

アロハの格を見るにはやはり、一番にはポケットの柄あわせですが、完璧です。これもきものの文化が生きていた当時の日本だから、しっかりとした縫製が出来たんでしょうね。

60年代後半からは生産の場をKoreaに移して現在は中国やベトナムなんんて変ってきています。
終わりゆく夏と一緒に、古い時代のアロハにロマンを感じるのは、こういった背景もあるのかもしれません。
posted by 古着オヤジ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月13日

M-50フィールドジャケット

M-50Field Jacket
M-50って間違いじゃないの?って思いますよね。
さて、これは結構珍しいものです。
M-43の次のモデルは一般的にM-51だと考えられていますが、実はこのM-50なるモデルが正式採用されていました。見た目はM-43そのものですが、寒冷地での戦闘を意識して、裏にライナーを取り付けられるようにしたものです。M-43と同じく、左ポケットにタグが付いていますが、しっかりとM-50のモデル名が記されています。
実際、翌51年にはM-51モデルの採用が決まっているため、僅か一年あまりの支給期間で、実戦使用のものは少数だと思います。
この時代のジャケットの難点でもある袖口もしっかりしており、コレクターズアイテムとしても価値があります。
が、とてもお安くしてしまいました。
実際にはライナーを付けないでしょうから、サイズもばっちりです。
これ、早いもの勝ちだと思いますよ。
posted by 古着オヤジ at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク