2006年08月12日

BLOG IT! from Buddy Lee Central

Buddy Lee Centralお宝のページです。バディちゃんのホームページ。
大統領選挙の候補になったり、旅をしたり。凄いのはゲームまであります。かわいいキャラクターにイチコロ間違い無しです。当店のバディちゃんもよろしく。
posted by 古着オヤジ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

BLOG IT! from 古着屋ミントクローズ[ジーンズandパンツ]

古着屋ミントクローズ[ジーンズandパンツ]
ジャンクショー出店用の値札付けをしています。
ちょっと安くしてしまってます。
ビール飲みながらやったからかな。
是非きてくださいね。
アロハもヴィンテージを1万円から出してしまいます。
レザージャケットも1万円からライダーもの中心に出してしまいま
す。バディちゃんも7千円から出してしまおう。
キルトも出してしまおう。
乞うご期待!
posted by 古着オヤジ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

モテ期 from 古着屋「ミントクローズ」

古着屋「ミントクローズ」
モテ期ってあったかな?自分じゃ気づかないで過ぎちゃうことが多いような気がする。今でもモテたいと思ってるから、一生懸命若作りをしてる。今の時期はヴィンテージのジーンズにプリントTにヴィンテージアロハ。流石にアロハも暑くなったので、RockTシャツにヴィンテージのダメージジーンズかな?自分じゃ不良オヤジを気取っているけど、近所じゃ浮いてる模様。ところでウチのTシャツお買い得でしょ?
posted by 古着オヤジ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

BLOG IT! from 古着屋MintClothes

「ミントクローズ」スペシャルセール
しかし、地震に台風。続くもんですね。もう、蒸し暑くて、クーラー付けっぱなし状態です。
 セールのページ見ていただけましたか?
結構思い切った値段で出しております。100円台のお買い物もできちゃいますよ。利益をはずして、固定店舗の経費を外して、他の経費も抑えていますので、この価格が実現できています。ぜひご覧になってください。
posted by 古着オヤジ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年08月04日

BLOG IT! from 古着屋ミントクローズ

古着屋ミントクローズ
正直参っております!
現サーバーのMySQLサーバーの能力がこんなに低いとは。
慣れ親しんでいるサーバーだけに、参るなあ。
クライアントの方にも薦めて結構導入していたけど、謝りにいかなきゃいけないかな?
アクセスが増えるにつれて、22時あたりになると、ビックリする位繫がり難くなります。このためにシステムを代えたわけじゃあないのに。
サーバー引越しを真剣に検討しなくてはならなっています。
とりあえずの応急処置として、入り口のみのページを作成しました。
これをブックマークに入れてもらうと、とりあえず余分なトラフィックを軽減して、ショップのページに入りやすくなるかなあと。
思ったのですが、いかがでしょ?
posted by 古着オヤジ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

BLOG IT! from ミントクローズ - 60s Searsワークデニムパンツ

ミントクローズ - 60s Searsワークデニムパンツ
昨日の亀田、いろいろ言われていますが、頑張ったなあ!お疲れさんと言いたいですね。実際見たわけじゃあないけど、あれだけの練習をしていて、あれだけの自信があった亀田でも、あの相手には足がすくむとは、やっぱり世界は広いってえ事ですねえ。次はベルトを付けて、あの相手を圧倒してほしいですね。ただ、3兄弟、あのファッションは凄過ぎるなあ。親父さんの趣味も入っているんだろうけど(まあ、私も同じ系統の趣味だけど)、3人そろって突撃隊みたいだったなあ。
と、いうわけで大分ずれましたが、シアーズのワークデニムです。両爪グリッパージッパーを使っている、50〜60年代の物ですが、ダメージもなくいい感じのワークウェアです。
大昔のシアーズのカタログを見るとよくわかりますが、このデニム、新品で売られていたころには、ファッションとは全く無縁の世界にありました。年月を経て、魅力あるジーンズとして現れてくれましたが。
この頃のシアーズは、会社の勢いもあったんですねえ。オリジナル商品のデザインにも、「アメリカ」を象徴するような楽しさや明るさに満ちています(このデニムは労働着ですが)。品質も良かったように思います(これはこのデニムにも言えます)。洋書を扱っている古書店などで、ごらんになるのもよいでしょう。
ワーク物も古いものは人気が出ていますので、チェックしてみて下さい。
posted by 古着オヤジ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月29日

BLOG IT! from ミントクローズ - エアフォース ヨーロッパ パッチ(実物未使用)

ミントクローズ - エアフォース ヨーロッパ パッチ(実物未使用)
FJがらみの小物が続きますが、今日はパッチ2種類です。
まったくの好みなのですが、フライトジャケットは、マッサラのものより、パッチ・ネームなどが、それとなく入っていたほうが好きです。もちろん後付けより、オリジナルの方が良いのですが、オリジナルのパーツでしたら、違和感なくカスタマイズできます。しかし、やりすぎは禁物。チンドン屋さんのように、ワッペンばっかり付けてあるのは、おしゃれ的には如何なものでしょうか?右胸に部隊のパッチ、左胸にネーム、どちらかの肩に階級章やチームのパッチなどがフルカスタムではないかなあと思うのですが。
posted by 古着オヤジ at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月25日

BLOG IT! from ミントクローズ - エアフォースウイング 中級飛行章

ミントクローズ - エアフォースウイング 中級飛行章
フライトジャケットに付けて見ると、この翼がとても格好いいです。
DLAナンバーつき、袋入りのデットストックですが、MA-1・L-2B・CWUアラミドジャケットはもちろんですが、AFのウィングですけど、G-1なんかにも良いですね。プレーンなジャケットもいいですが、小技でカスタマイズしてみるのも、いいと思います。ただ、昔のTOP-GUNみたいにレプリカパッチをベタ付けするのは、好きじゃないですね。
posted by 古着オヤジ at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月23日

BLOG IT! from ミントクローズ - G-1 7823E 40

ミントクローズ - G-1 7823E 40
一体いつになったら梅雨明けするのだか。
大雨の被害にあわれた方、どうか元気をだしてください。
日本の気候はどうしちゃったんでしょうね。

さて、シーズンを待ちきれず、今年もフライトジャケットを出し始めました。
実物なので、ダメージの中にも味があるのですが。このジャケットは、前の持ち主が袖リブを綺麗に切ってしまったようです。バイク関係のライダース使用にする時によく見ます。これはこれで格好いいので、このまま出すことにしました。しかも、特価で。リブを直しても良し、このまま着てもカスタマイズしても良しの値段です。
posted by 古着オヤジ at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月21日

ジーコありがとう

ミントクローズ - 取扱いメーカー一覧
上のページを作ったのですが、疲れてしまって、本日は閉店ガラガラ。
テレビを観ていたら、久米宏の番組でジーコの特集をしていました。
ワールドカップ、日本中が熱くなっていたため、あの結果の末、何か追われるようにして日本を去ったジーコ。個人的には、日本のサッカーをここまで育ててくれて、自分のように、サッカーなんて興味がないぞという人間をにわか評論家にしてくれて、本当にありがとうと言いたいです。多分この人がいなかったら、サッカーの試合なんて、身内しか集まらなかったそれまでの状況、あんまり変わらなかったかも。そう、日本じゃ今ひとつマイナーなスポーツのサッカーがここまで脚光を浴びたのは、彼の功績も大だと思います。
やっぱり、ブラジルでは「サッカーの神様」といえば、ペレかもしれないけど、日本じゃ(個人的には)やっぱりジーコだと思う。第二ジーコジャパンにむけてがんばってください。(と、いいたい)
posted by 古着オヤジ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月19日

BLOG IT! from ミントクローズ - Levi's 501 BigE 26

ミントクローズ - Levi's 501 BigE 26
サイズ小さ目のため、格安です。

女性で古着好きな人、結構見かけますけど、最近よく目にするのが、男でも「オオ」ってうなるような、ビンテージを着こなしている、かなり格好いいレディス。アロハといい、デニムといい、こだわりのある素材を、本格的にコーディネイトしていたりします。
数が少ないせいか、場数を踏んでいるせいか、男がやるより断然格好いいんですよね。残念ながら私の周りには生息していません。そんなわけで、これは格安です。ウチのかみさんは、私が以前デッドで購入していたBigEを、カルバンクラインの膝がぬけたからという理由で、普段履きにしてくれました。本人は古臭い「ジーパン」(ジーンズでもデニムでもなく)だと、言い放ってくれますが、コストコなら、カルバン10本は買えるんですけどね。
posted by 古着オヤジ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月18日

BLOG IT! from ミントクローズ - 50s フィジープリントアロハシャツ L

ミントクローズ - 50s フィジープリントアロハシャツ L
パイナップル・ハイビスカスに椰子の木のかげで、フラダンスを踊るダンサー、サーファー、ヨットに「FIJI Paradaise of pacific」のレタープリントと南国テースト満載です。

梅雨明けまであと少し、このごろは熱帯を思わせる夏の暑さがたまりませんが。巷では「クールビズ」のキャンペーンが盛んですが、そういえば昔「省エネルック」ってあったなあ。大平首相がモデルでキャンペーンしていたけど、あれはいただけなかった記憶があります。
夏の古着と言えば、やはりビンテージアロハが王様ですね。お気に入りの一枚を大切に着ることをおすすめします。やすい物ではないし、数も減ってきていますから。レプリカでも、当時モノを再現ていてい「おおっ」ってシャツもありますが、レプリカを高い値段で買うよりは、手ごろなビンテージを探しましょう。何年経っても、きっと大切な一枚でいます。
このシャツは、南国趣味てんこ盛りの、賑やかな一枚です。土産だったんでしょうね。
暑い夏も楽しくしてくれます。
posted by 古着オヤジ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月17日

BLOG IT! from ミントクローズ 全商品一覧

ミントクローズ 全商品一覧
こんなページ作りました。
はまださんのmklistというモジュールを使用しましたが、素晴らしいです。
そのまま、商品検索に使えるようにメーカーによってのカテゴリー分けもできているし、感謝です。
posted by 古着オヤジ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

BLOG IT! from ミントクローズ - 70s ラングラーデニムシャツ15

ミントクローズ - 70s ラングラーデニムシャツ15
ラングラーのデニムシャツです。
これの魅力はオーソドックスでありながら、ファッショナブルなこと。
デニムの色落ちについては、「ノーフォルトデニム」以降は、好き嫌いの分かれるところですが、シャツには却って良いかも。
気軽に普段着として着られるプライスであることでしょうか。
シャンブレーとデニムは表情も違いますが、ぜひ揃えておきたいシャツです。
シャンブレーは、しわと風合いが魅力ですが、デニムシャツは、シャンブレーに比べればワイルドな色落ちと風合い、タイをしめてドレスダウン、Tシャツの上からジャケットがわりにしてみたりと、応用範囲も広いです。
LonghornやShorthornなんかになるととても希少で、高くなってしまいますが、このクラスであれば、「古着」のプライスでお楽しみいただけます。
ちなみに昨日アップしたWranglerのシャツと同じようですが、若干の違いがあります。
ラベルのSanforizedとPreshrunkの表示、裾の処理(ロックかステッチか)、衿の芯の有無など。これは、同じ70年代でも初期〜中期と後期でのディティールの違いです。
posted by 古着オヤジ at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月15日

BLOG IT! from ミントクローズ - 60年代MA-1 8279D? Large

ミントクローズ - 60年代MA-1 8279D? Large
本日のご紹介は、MA-1です。
その昔、ALPHAがタウンユースのコマーシャル版を作って、とにかく猫も杓子もこの形のジャンバーを着ました。RUN-DMCだとか流行っていた頃は、渋谷あたりはそのコマーシャルモデルの黒色ばかりになりました。皆さんも絶対にお目にかかったことのあるデザインです。
言ってみれば、何の事はないジャンバーなのですが、この時代(60年代)の実物を手にとってご覧になったことありますか?
強烈に重く、同じALPHAが作っていても実物はやはり違います。ちなみにALPHAのほかにはSouthern Athletic社なんてのも有名なコントラクターですね。
このMA-1は、ジェット機の普及と共にやってきたジャケットです。新素材ナイロンがそれまでのレザーにとって代わり、B-15あたりのモデルになったのですが、ジェット機のパイロットはヘルメットに色々とつけており、B-15の衿が邪魔になって、これを改良(Modified)した(要は衿を取っちゃったんです)のが、このモデルの始まりです。スタイル・使い勝手とも非常に優れており、長い間、基本モデルを継承して採用され、フライトジャケットの代名詞ともいえます。後期のモデルではポケットにフラップがつきます。MA-1は、その後のCWUシリーズの登場によって、フライトジャケットとしての役目を終えますが、その後はグランドクルー(地上スタッフ)用のジャケットして採用されました。
目アカが取れてきた頃合なので、ビンテージファンの方にはおすすめです。
posted by 古着オヤジ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月13日

トラックバックについて

ミントクローズ - 商品一覧
ブログには、トラックバックという機能があります。
これは、他の人のブログ記事を参照して、自分の記事を組み立てるためのツールだと思っているのですが。
例えば、この記事では、ミントクローズのメンバー登録の案内へとトラックバックを送っており、この記事で書かれたことは、通常の設定では、オヤ記事のコメント参照欄に載る様になります。
私は基本的に、トラックバックは大歓迎で、このブログはトラックバックを受け入れる設定にしていますが、最近はこの機能を利用してのスパム行為が多くなってきており、トラックバックを制限しているブログも多くみられるようになりました。
最近のトラックバックの中で、中華モノ・英語圏のモノなどの定番から、「家電の激安店」とか「ビジネス企画」など、国内の商用ブログサイトから、単にアクセス目的のために付けられているものが目だってきました。アロハシャツの記事に「クーラーが激安」といった話題が続くことは、望ましくはありません。
ただ、最近では、こういった手法を、アクセスアップの方法として紹介しているサイトも見受けられ、内容を理解せずに、送っているところもあるような気がします。
大抵、作りたてのPRが付いていないところからが多いのですが、引用されたオヤ記事と全く無関係の内容のトラックバックについては、固くお断りいたします。
ブログならではの便利な機能で、同じテーマや話題について、コミュニティーを広げていくためのツールのはずのトラックバックですので、最低限のマナーは守っていきたいものです。
最後に。本来の意味でのトラックバックは大歓迎です。
posted by 古着オヤジ at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

BLOG IT! from ミントクローズ - リーバイス60sCONDOR デットストック 29

ミントクローズ - リーバイス60sCONDOR デットストック 29
リーバイスはジーンズメーカーからの多角化をはかり、TOPSやこのようなタブの付いていないタイプのスポーツウェアなどの商品を作っていました。このパンツは西海岸の当時のスタイルを伝えてくれる貴重な資料でもあります。ベルトレスでスタプレ、ウエストには滑り止め付の中程度の厚さの生地で、3シーズン着用可能です。短めの丈で足元はスリッポンやキャンバスシューズ、トップスは万能ですが、ボーリングシャツやアロハなんていいですね。BDなんかも合うかもしれません。
posted by 古着オヤジ at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月11日

BLOG IT! from ミントクローズ - G-1 7823AER Breier of Amsterdam 42

ミントクローズ - G-1 7823AER Breier of Amsterdam 42
昨日に引き続き、フライトジャケットネタです。G-1は私がとても好きなジャケットです。これをタイト目に着て、ジッパーを上まで閉めるのが好みです。インパクトがあるスタイルなので、このジャケットのシルエットに任せた方が好きだったりします。同じフライトジャケットでも、A-2あたりになると桁が違ってきます。G-1はまだビンテージでも買って普段に着られる値段ですが、去年くらいから、高くなってきていますね。このジャケットは、海軍のフライトジャケットにG-1の称号を与えて2代目、最後の代まで続くモデル7823の最初のもので、50年代朝鮮戦争の頃のものです。私はこのモデルが一番好きですが、やはり人気があり、価値の高まっているモデルです。G-1の凡そのスタイルは、最終モデルまで継続され、その片鱗はWEPやCWU45/Pまで引き継がれるのですが、このモデルは海軍の飛行機乗りが最も輝いていた時代の誇りが伺えます。細かいディティールは別として、色がいい具合に飛んだムートンの衿、フロントのシルバーコンマージッパー、ウエストの二段リブとビンテージならではの味です。G-1を何枚も持っている人が行き着くモデルです。
posted by 古着オヤジ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月10日

BLOG IT! from ミントクローズ - CWU 45/P イスラテックス Large

ミントクローズ - CWU 45/P イスラテックス Large
フライトジャケットっていうのは、私には特別のジャケットです。考えてみれば一種コスプレの様なものかも。このCWU45/Pは、現用のジェット機乗りのためのジャケットです。詳しくは、解説のページをご覧になっていただきたいですが、それまでのFJと比べて、とっても画期的な夢のジャケットです。
デュポン社のアラミド(米軍の名称では、アロマティックポリマイドっていいます)を使っていることが、このジャケットを夢のFJにしている所以ですが、この夢の繊維のもたらす機能、一般市民生活では必要ないんですよね。まあ、焚き火やったり、バーベキューやったりする時には少し、頑張れるかもしれませんが。
しかし、この不要な機能でも、FJ好きには絶対に外せないポイントです。生地の風合いと共に「ホンモノ」を着ている充実感がたまらないのです。
posted by 古着オヤジ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月08日

BLOG IT! from ミントクローズ - 60s Hanes Sport rayon 刺繍Tシャツ

ミントクローズ - 60s Hanes Sport rayon 刺繍Tシャツ
ちょっと、気になることがあったので、今回は長文です。

実は昨日、寝巻き用にと「○ニクロ」で、Tシャツを買ってきました。かなりしっかりした作りですが、価格は390円でした。
このリンクにあるビンテージTシャツ、自分で売っていて何ですが、「○ニクロ」のTシャツが23枚買えてしまいます。素直に考え込んでしまいます。「んー、物の価値って何だろう?」と。
着る物としての価値だけ考えると、とっても割高な商品を扱っている事になります。

ご存知だとは思いますが、「古着」に価値が見出されたのは、70年代からの「チープシックムーブメント」からで、当初は「既成の概念から離れて、当時価値の無かった古着をセレクトすることで、自分自身のおしゃれやアイディんティティーを創る」美学として出発したと言って良いと思います。

その後、例えば「アニーホール」でその美学を発揮し有名になった「ラルフローレン」や「ポールスミス」「J.P.ゴルチェ」などのデザイナーやクリエイター達が、古着の持つ自由なディティールやテーストをデフォルメ(そのうち単なるコピーになりましたが)することで、ファッションの価値を高めていったと思っています。

振り返れば、「一般家庭のゴミ」「お古」が古着であり、本来は「○ニクロ」のTシャツより安くて当たり前なのですが、前述の過程で、一部のアイテムは「ビンテージ」としてその価値を見出されて、高値で取引されるようになったのです。
これは一種病気のような拘りで、一度はまると、なかなか抜け出せない物です(禁煙よりむずかしいかも)。それと、当たり前ですが、年々玉数が少なくなるため、希少価値がついてきます(流行に大いに左右されるでしょうが)。

ですから、同じ古着のTシャツでも100円で売っている物もあれば、2万円以上で売られているボロもあります。この価値は分からない人には決して理解できないし、分かる人には羨望の対象になります。

私は、この価値にドップリとはまってしまったので、自分の目で見て納得のできる物を、少しでも安く提供したいと思ってショップを作りました。
お蔭様で、リピーターの方に支えられて運営を続けています。

私は「古着」には大きく分けて2通りあると思っています。
一つは「一般家庭のゴミ」「お古」であり、これはモノ自体には価値が無くても、着る人のセレクト・コーディネイトによって、おしゃれアイテムに変身可能なアイテムとして、安価におしゃれを楽しむアイテムとして魅力あるものだと思います。
もう一つは「ビンテージ」であり、これについては、思い込み先行なので、熱くなってしまいますので、ここでの説明は省略します。

これからも、ビンテージに拘って、なるべくお求めやすく商品を提供するよう頑張っていこうと思います。
posted by 古着オヤジ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古着 このエントリーを含むはてなブックマーク