2008年08月26日

後藤浩輝騎手のインタビューは面白い



私は競馬全くダメなんですが、中山競馬場にはウンとたまに行きます。

その程度なので、全然詳しくないのですが…

何なんでしょう!
この騎手は面白すぎます。

これって、何かの罰ゲームっぽいんですが、どなたか事情をご存知ですか?

滑っても流されても、しっかりとボケて来るあたり、チャレンジ精神すら垣間見られます。

しかも、優勝インタビューでです。

肩にとまっているピヨちゃんがまた愛らしいので、笑いを誘ってしまうんですが、インタビュアーもこのような小ネタに動ぜず、微妙な緊張感すら漂わせます。

以前には、沢尻エリカのマネをして滑ったり、額にマジックで「そよ風」と書いてみたり、毎回チャレンジしているようですが、競馬のインタビューから目が離せませんね。
posted by 古着オヤジ at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年08月24日

丸坊主が流行りそうですね!



星野ジャパンが完敗したわけですが...。

勝負に勝ち負けは必須で、常勝することは難しいでしょうが、星野ジャパンは、言ってみれば「日本版ドリームチーム」だったはずで、2Aやら3Aの選手にボコボコにされてるってのは、かなりストレス溜まる展開です。

事実として、高額年俸をもらっている日本の野球選手は、バスで巡業しているマイナー選手や韓国野球の選手に劣るという事を今回のオリンピックで実証したわけです。

選手丸坊主になったことで、江本が「なんであんなことするんだ、逆に追い詰めることになる、プレッシャーかかる」と言っていたそうですが、私も同感です。

思いっきりコチコチになっていて、打てないしエラーも目立つプレーは、まるで、月末に売り上げが足らずに、順繰りに上司にお叱りをうけているセールスマンを連想させました。

サッカーといい、野球と言い、プロスポーツのレベル低下を思いっきり実感させたオリンピックだったと思います。
posted by 古着オヤジ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年05月16日

グリーンピースって、西濃運輸って?


グリーンピース・ジャパンによると、4月15日に東京港に帰港した同船から発送された荷物を追跡し調べたところ、乗組員1人の自宅あての段ボールから、鯨ベーコンに使われる「畝須(うねす)」と呼ばれる部位23・5キロが塩漬けの状態で見つかった。市場価格は11〜35万円相当の高級なものだという。さらに、最低47箱の荷物に鯨肉が入れられ、12人の乗組員の自宅に送られた疑いがあるとしている。イザ!より

私、個人的には捕鯨云々に関してどうこう言うつもりはないんですが。

曲がりなりにも通販みたいな事やっているんで、この事件看過できないです。

まずは、下記のドキュメントを見てもらうとして、
失われた鯨肉と信頼
宅配便で送ったつもりの物が、第三者に渡って開封されてしまうって、どういう事なんでしょう。

グリーンピースの告発PDFによると、「西濃運輸の配送所にて配送伝票を確認」との項目があり、添付されている送り状とも照合すると、どうやら西濃運輸の宅配便だったようなのですが、一体どういう管理をしているんでしょうか?

更に見てみると、西濃運輸のトラックに積み込む様子とかの写真もありました。

以下、グリーンピース公開のPDFファイルからの引用。

西濃運輸で運ばれた箱の送り先と送り主を調べるために、トラックの行き先であった大井水産ふ頭に近い西濃運輸配送所において、それぞれの箱につけられていた伝票を確認した。ここで、確認できた伝票は合計33枚、運ばれた荷物は最低93箱に及ぶ。送り主は確実に名前がわかるだけで、合計23名だった。(グリーンピースのPDFより)

この配送所において、品名がダンボールと書かれているにも関わらず、明らかに重い箱を発見。送り主も職員名簿に記載されている「製造手」の一人であることを確認できたため、この箱の中身を市内のホテルで確認することにした。(グリーンピースのPDFより)

当初は、箱の中身を調べた後に、その箱を西濃運輸の配送所に戻す予定だったが、この箱の中身が重大な横領行為の証拠であると判断し、このダンボールを確保することに決めた。その後、市場での調査などを行なった上で、この箱を証拠として検察に提出し、共同船舶株式会社社員による横領として告発することにした。(グリーンピースのPDFより)


鯨肉がどうとかこうとか以前の話で、一般的に小包は「信書」ではないとされ、必要によっては開封され得る事(例えば海外発送の品物を税関が検閲するなど)もあるとは思いますが、何故私人が他人の小包を開封し得たのかという事。

合わせて、それを許した運輸会社(グリーンピースは西濃運輸と言っていますが...)の配送管理体制。

例えば、その貨物が高価な品物であったとしても、同じように杜撰な管理体制だったのか?
他人に開封される程度の管理体制であったなら、輸送中の事故や破損も想像しているよりも多そう。

この件、グリーンピースのした事は大問題ですが、それよりも宅配便のユーザーとしては、運輸会社の体制の方が、何倍も問題だと思います。

例えば、今回のように勝手に第三者が開封し、件の鯨肉に毒を盛った後に表面上問題なく配送されていたと仮定したなら、一体どういう事になっていたでしょう。

配達された人は、おそらく何の疑いもなく、依頼者からダイレクトで届いたものと思い、口にすると想像してしまいます。

少なくとも、この配送業者の手を経て届けられる荷物には、「全く信用できない」事を証明された結果になるでしょう。

私が利用しているヤマト運輸では、このような事態は無いと思いますが、この事件が宅配業界に与えた不信感は、船場吉兆くらいの重みがあると思います。

換言すれば、現在普及している「宅配サービス」の信頼性を損なうという行為をあたかも正義のために行ったと主張する彼らの行動は、テロに近い臭いを感じるのは私だけでしょうか?
posted by 古着オヤジ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年05月09日

商売って儲けばかりでは成り立たないと思うけど


カナダの大手ドーナツチェーン、ティム・ホートンズの店舗で働いていたシングルマザーのリリマンさんだが、幼児に16セント(約16円)相当の一口サイズのドーナツを与えた様子が監視カメラに写り、それが原因で仕事を解雇された。
exite

「ティム・ホートンズ」という、ドーナツチェーン店での話です。
シングルマザーのリリマンさんという店員が、幼児に小さなドーナツを与えた様子が監視カメラに写り、それが原因で仕事を解雇されたそうです。
この話はメディアを通じて騒ぎとなり、解雇は取り消されたとの事。

商売、利益を出さなければ、もちろんダメなのは判るのですが、人情を分からない杓子定規は、お客さん無くしますよね。
だって、この話を聞いて、ここのドーナツ食べたいとは思わなくなるでしょ(カナダまで行って)。

「ティム・ホートンズ」はたった16円で、かなり効果的な世界的なネガティブイメージのキャンペーンをした事になります。

小商いの身としては、利益を削ってでも、お客様が喜んだり笑ってくれるのを目標としているので、このような商売理解できません。

おそらくは正道なんでしょうが、嫌なもんですね。
posted by 古着オヤジ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月29日

続・精神衛生には気をつけなくては


岡田さんがどれだけファーストサーバそして社員のみなさんのことを考え、心から反省されているのかを伝えるべく、あえて書かせて頂きました。ファーストサーバとは、これからも良きライバルとしてともに発展し、また岡田さんには場所は変われども一日も早く以前のように活躍頂きたいと思います。ファーストサーバの岡田さん(さくらインターネット創業日記)


私も、つまらないエントリ(精神衛生には気をつけなくては!)を書いてしまいましたが、このエントリを見て、ちょっと反省しています。
人に「魔が差す」という事は、実際あります。
当然ですが、責任が重くなったり、守るものが出てくると、起こり得ます。
ほんの5分前まで「天下国家」や「国際経済」や「世界平和」の話をしていたはずなのに、わけの分からない事をしでかす。
そういう危うい事ってあるんですよね。
私もそういう気持ちになった事あります。
たまたまですが、現実としては無かっただけとも言えます。

ここのサーバーについては、記事引用元で、このブログのサーバーでもある「さくら」と並び信頼に値しうるクオリティを持っており、そのため今でも使用させていただいているわけですが、それを作り上げたのがこのお方だという事も再認識し、その上でさえも、乗り越えられないストレスがあったのだと解釈しました。

「面白おかしい話」としてではなく、一面では自戒の意味を込めて捉えなおすべきだと思いました。
posted by 古着オヤジ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月27日

聖火リレーから一夜明けて雑感



すったもんだの末でしたが、逮捕者6人程度と「大きな混乱?」も無く、無事終了した長野の聖火リレー。
当初スタート地点とされた善光寺は、チベット騒動の鎮魂行を行い、仏教の善意を守ってくれました。

現地にも行かず(その理由もないので)、テレビや新聞のニュースを見ての、全くの傍観者として、勝手な意見を言えば、中国人が自国の「お祭り」に興奮して、集まるのは理解できるのですが、どうしても理解できない事があります。

それは、「どうして、彼らは他国で中国国旗を掲げて騒いでいるのか?」と、言う事です。
留学生が集まるにしては、手際が良いし、組織の統制もとれて、国旗などの備品も充当している。普通に考えれば、中国の留学生がみんな、通常国旗を家に置いているとは考えられず、しかるべき供給ルートや統制組織があったんだろうなとは常識的に推察できます。
また、彼らがテレビなどのインタビューで繰り返すコメント「政治とオリンピックは無関係」についても「?」です。
だったら、なぜに中国国旗を大挙して聖火リレーの開催される街に持ち込むのかと疑問に思います。

だったら、
五輪の旗を掲げて、「北京オリンピックを成功させよう!」で良かったんではないでしょうか!

長野のお祭り騒ぎには、たくさんの人が集ったらしいですが、一般の人間もこの騒動の様子を見ると、大きく引っ掛る「?」が生まれるでしょう。
恐らく全世界で…

「オリンピックって何だったっけ」
と純粋に考えさせられます。

開催国の利益や、政治問題やナショナリズムの高揚の為のみに、世界のアスリートが夢を求めて集うのでしょうか?

混乱はこのあたりでも垣間見えますね。
留学生に右翼が暴行…中国が報道

【追記】バンキシャにて
posted by 古着オヤジ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

30−22=8は合っているか?



釈放された沢本あすか、あくまで「22歳」と言い張る
東京・秋葉原の歩行者天国で下着を露出したなどとして、都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された自称グラビアアイドル、沢本あすか(30)が26日、一夜明けて釈放されたことをブログで報告した。
今回の逮捕で8歳サバを読んでいることがバレてしまった沢本だが、「マスコミの30歳という記載は間違いです。22歳。さすがに30のわけないよね。だったら仕事もこなさそう」と、警察発表を真っ向から否定。過激な露出パフォーマンスさながらの“図太い神経”を垣間見せた。

 ネット上では、ブログのURLに含まれている数字から生年を推定するなど、年齢の証拠探しがさっそく繰り広げられているようだ。

引用部分が長くなってしまいましたが、このセチがない世の中、ほのぼのとさせられるニュースです。
沢本あすかのるんるん♪なコラムってブログで披露しているそうです。
現在、ミクシーまいみく希望1000以上、
メッセ1000以上、コミュ入会希望300以上、
メール500、コメント毎日2000くらい。
免許や住民票では登録番号や整理番号や住所や本名が出ていて、そこから家族構成なども何もかもばればれになるから、他に何か証明できるものはないかと探してます。住基ネットをとるのがいいとの提案もありましたので検討してみます。

との事。
逮捕で終わりではなく、この先もほのぼのとした話題を引っ張ってくれそうです。
新たな祭りの予感を漂わせており、要注目の気配です。
posted by 古着オヤジ at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月24日

書かなきゃ良かったのに



ブログってのは、続けるには酷なものです。
毎日まともにエントリを入れるってのは、普通に詰まります。
このブログは30,000PV/月程度で、威張れるほどでもなく、かと言って誰も見ていないわけでもなく、まあコメントにはスパム以外が載る事もなくという状態で、「書かなくては」との使命感もチラホラあります。

そこでニュースの話でもって事で、思った事を書いてしまうんですが...

はてなの「これはひどい」をチェックしていて、こんなエントリに突きあたりました。

<[雑記]法の精神 | [雑記]続 自滅した日本>

何を書いているかというと、光市の母子殺害事件の死刑判決についてなんですが。

痴漢の冤罪事件や長野サリン事件の河野さんあたりを引き合いにだしながら、この判決の不当性を考えるという内容と言えると思います。

まあ、「書かなきゃ良かったのにねえ」というのが感想です。
子を持つ親なら殆ど同じ感想でしょうが、大事な守るべきものを守れなかった被害者の無念は全く理解できるし、極刑を以て処罰できない法制度であれば、それ自体が欠陥ではないかとも感じます。

この事件の被害者も被告人が死刑になって喜んでいるかって言うと、多分そうとも言えない気がします。
被告人が殺されたって、失ったものは帰ってこないからです。

でも、極刑を下した司法の判断が間違っていたとも考えられません。

もし、私が被害者で、被告が懲役刑でドラえもんに頼りながら出所したなら、すぐさま自分で結論を出すしかないですもんね。

おっと、書かなきゃ良かった。
posted by 古着オヤジ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月22日

説教しながらは止められない



「青少年を立ち直らせる仕事をしている。君もこんなことをしていちゃ駄目だよ」―。被害少女によると○●容疑者は自らの『仕事』を明かした上で、みだらな行為をしながら説教したという。 (名古屋タイムズより)
少女が告白「抱きながら説教」


説教好きな人っていますよね。
「話せばわかる」とか、勘違いしてしまう人。
私もそうなんですが、現実はそれほど甘くはないです。

説教って、しているうちに自分に酔っちゃったりするんでしょうね。
人を救うとか人を教えるとか、圧倒的に優位な立場っていうのは、本人を酔わせるところがあります。

で、説教されてた少女はどう感じていたかというと、「○●のおじさんはわたしを抱きながら説教したけど、ほかのおじさんも同じように説教するので気にしていなかった」そうです。

何か悲しいけど…
でも、この人はダメでしょ。
ヤル事ヤッテおいて、説教しても、全く効果なし。

その筋のマニアなんでしょうか。
説教強盗って言葉は聞いたことあるけど、「説教プレイ」ってのもあるんでしょうか?
ディープです。

posted by 古着オヤジ at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月20日

精神衛生には気をつけなくては!



新幹線内でポロリ! ネット社長を公然わいせつで逮捕というニュースが出ていました。

最新ニュースというわけではないのですが。

別ドメインで、ここの会社(ファーストサーバー)のレンサバを使用しているので、どうしちゃったんだろうと思いました。

元々は、この会社クボタ関連のベンチャーで、コストパフォーマンスは今の状況下では、イマイチですが、しっかりとしている所との印象でした。
そういえば、しばらく前に組織が変わったって、メールが来てたなあ。

以前のレンタルサーバー黎明期には、魅力がありましたよね。
今でも、古いドメインとかは、ここを使っているところ多そうです。

で、見せちゃったんですね、新幹線車内で。

追い詰められていたんでしょうね、色々と。
妙に実感湧きます。
それとも、知らない女性が「キャー」って騒ぐのが楽しいのかなあ?
マニアの世界は、深い物があります。

私は人様にお見せできるようなモノじゃあないので、遠慮しときますけど。
posted by 古着オヤジ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年04月10日

聖火にまかれて善光寺参り



つまらぬ敵を作りそうだし、政治的な事は関わりたくないんだけど...と、いう前置きを敢えて付けさせていただいてと。

ダライラマが来日しました。
この人が生き仏かどうかは置いておいて。

チベットであれだけの惨劇が起こっており、世界的に大きな非難が湧きおこっている中での来日です。渡米の経由の為との事情付きですが、わざわざ日本を選んだのは明白です。

で、政府は何をしたかというと、何もしていない。

仏教界はどうかというと、これも何もない。
私も浄土真宗の檀家なんで、仏教徒という事になるのですが、真面目な坊さん殺したり辱めを与えてはいけないですよ、ほんと。

これは、仏教に限らず、信教と良心の自由は守られるべきであって、国が違っても「世界の常識」なわけです。お隣さんの神様・仏様を安易に辱めてはいけません。オリンピックという「世界のお祭り」を開催しようとするんだから、「世界の非常識」を、わざわざ外国でひけらかす事は無いと思います。

事実は明らかです。

こんな中、日本にも聖火がやってくるんですよね、長野に。
出発地点は、なんと「善光寺」だそうですね。
長野市では善光寺を起点に、長野冬季五輪会場などを巡る18・5キロを、約80人がリレーする予定。(イザ!)

で、善光寺は何をするかというと、一般客の入場を禁止し、「聖火防衛隊」なる集団を入れようとしているんでしょうか?
同じ天台宗の圓教寺お坊さんの言葉は全く届いていないようですね。

天台宗と浄土宗の別格本山で、皇極天皇の勅願によって開かれた、由緒正しき日本の仏門を守るこのお寺に、苦しみや悲しみをいたわる「良心」やら「良識」は、どのように映るんでしょうか?教えを説いて社会や人の安寧を願うべき現代の高僧の方々の見識と行動に期待します。

「その場にいながら何もしない」事が、同教徒に対して、どのような救済になるのでしょうか?
天台宗トップの住職がチベット問題について涙ながらに語る
YouTubeでは削除済み、リンクから内容を確認できます。
もっと読む
posted by 古着オヤジ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月03日

テレビ通販はおもしろい!

いやあ、これに紹介されてる「がんばれ、おじいちゃん」、かなりの衝撃です!

取り敢えず、開いた口が塞がりませんでした。


あまりテレビを見ないので、こんな番組知らなかったのですが、知らないで見ると強烈ですね。
テレビでスーっと流れていると、そのまま当り前のように見逃してしまいそうで、「日常」ってのは怖いもんです。

それにしても、かなりの高級品ですね!
posted by 古着オヤジ at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月17日

餃子の顛末、段々腹が立ってきました


from Seattle Roll

このブログの本題とは全く無関係ながら、毒餃子事件の事を結構書いてしまっていますが、ここに来て、「何だかなあ」から腹が立つくらいになってきました。

「販売店で汚染」徳島のギョーザで中国各紙が報道
 中国各紙は16日、徳島県で中国製ギョーザの袋外側から有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出された問題で、同県の飯泉嘉門知事が記者会見で「発生源は店内の殺虫剤とほぼ特定できた」と述べたことを報じた。
 いずれも新華社電を掲載し、見出しは「日本、徳島県の“問題ギョーザ”は店内の殺虫剤で汚染と認める」(人民日報)「“問題ギョーザ”は日本の販売店で汚染」(新京報)などとしている。日本での中毒事件については「残留農薬による食品の安全問題でなく、個別の事件。原因はまだ調査中」と伝えている。(共同)
MSN産経ニュース
前回のエントリーで書いてた通りの展開で、「呆れる」を通り越して、腹立たしい感じです。
そんな中、こんなニュースも見かけました。
中国製かぜ薬で115人死亡、パナマ政府が報告書 
パナマ政府は14日、2006年に中国の無許可工場で製造された輸入かぜ薬を服用した115人がこれまでに死亡したとの報告書を発表した。報告書の作成担当者は米ニューヨーク・タイムズに対し、「地方住民の被害状況は正確に報告されておらず、実際の被害規模はさらに大きい」との見方を示した。
朝鮮日報
この出典元は、北朝鮮系の新聞ですけど、本国でも報道しているんでしょうか。
それでもって、こんな動画がYouTubeに出ていました。




これは、食事の前後には見られない内容です。ちょっとした悪意も感じられますが。

何だか「ネガティブキャンペーン」っぽくなってしまっていますが、この国に「誠意」ってもんは存在しないのでしょうか。
中国人にはいい人が沢山いるのに。
posted by 古着オヤジ at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月15日

餃子事件から見える常識の違い


from ☼ Helder

こんなニュースが出ていました。

「天洋が最大の被害者」と工場長=労働争議は発生せず−ギョーザ中毒事件で会見
【石家荘(中国河北省)15日時事】中国製冷凍ギョーザの中毒事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の底夢路工場長は15日、河北省検疫当局者らと当地で記者会見し、ギョーザ製造過程で有機リン系殺虫剤メタミドホスが「人為的に混入された可能性はない」と改めて強調。操業停止で巨大な損失を被っていることを指摘し、「われわれは事件の最大の被害者」と述べ、早期の生産・輸出の再開を希望した。
天洋食品は同日、内外の報道陣に工場内を公開した。中国検疫当局がこれまでの調査で、メタミドホスは検出されず、生産から輸出の過程で問題はなかったとの事実上の「お墨付き」を与えたことを受け、製品の「安全性」をアピールする狙いとみられる。
天洋食品では長時間労働が多く、従業員の一部に不満があるとの見方について、底工場長は「(労務管理は)労働法に沿って行っており、賃金未払いなど労働者の合法的権利を侵害したことはない」と述べた。
また、「従業員の福利・待遇は同業他社の平均を上回り、ここ数年は労働争議も発生していない」として、従業員による「内部犯行説」を間接的に否定。ただ、具体的な賃金水準など待遇の詳細は明らかにしなかった。
Yahooニュースより

全く「何だかなあ」って感じです。
この工場長のいる工場だから、こんな製品が出てきたんだなあって思います。
今回の件では、生協の対応もひどいし、政府の対応もひどいし、安心して「中国製」食品を食べられなくなっています。
何より中国政府の対応は、私たちの常識からかけ離れたものです。

「毒は入っていたけど、何で入ったのかはわからない。わからないから責任はない」

上記の記事も、言葉を換えれば、このように聞こえるのですが、製造過程で「中国製の農薬」が混入していたのは、密封袋の製品からの検出、搬送過程の検証や毒物の分析から、常識から考えれば、ほぼ間違いの無い事だと誰しも思うこの状況下で、よく上記のような話ができるなあと感心してしまいます。
結局、「入っていたけど誰がやったか分からないから、無かった事にしておこう。さっさと忘れて頂戴!」という事になるんでしょうね。
「しばらく放っておけば、そのうち収まるよ」
そんな感じにも取れます。

尖閣諸島の問題も然り。
騒いで得する事は、徹底的に煽って騒がせる。
都合が悪くなれば、知らないふりをする。

今回の騒動で、一般にキャラクターが根付いたように感じます。

私は中国の人は大好きですし、中華料理は毎日でも食べられますが、国や企業については、全く信用できない事を、はっきりと証明しましたね。

騒ぎが収まっても、中国製は「責任の所在がはっきりとしない製品=粗悪品」であるという認識は、しっかりと植えつけられてしまいました。

私たちが身を守るには、「チャイナフリー」を徹底する事しか無いようです。
未だに風評被害で困っている、関係のない人たちも多い中、何とかならないでしょうか。
posted by 古着オヤジ at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年01月13日

無料ガススタンド再開

新テロ対策特別措置法案が成立しました。
参院で否決され、衆院で3分の2以上の再議決で成立です。
これによって、ペルシャ湾での「無料ガスステーション」が再開されます。

参院外交防衛委員会は10日午後、インド洋での海上自衛隊による補給活動を再開するための新テロ対策特別措置法案を、民主党など野党の反対多数で否決する。同法案は11日の参院本会議を経て、同日中の衆院本会議で3分の2以上の議席を占める与党の賛成多数による再議決で成立するはこびだ。これにより、昨年11月に旧テロ対策特措法が失効して以来中断している補給活動は再開される。
同委員会は10日も質疑を続行し、同日午後、福田康夫首相が出席して質疑を行った後、新テロ法案の採決を行う。民主党の対案「国際テロリズム防止と根絶のためのアフガニスタン復興支援特別措置法案」も同委員会で採決され、与党のほか共産、社民両党の反対により否決される。
与党は11日、野党が過半数を占める参院で新テロ法案が否決されるのを受け、憲法59条の規定に基づき衆院で3分の2以上の再議決で成立させる。参院で否決された法案を再議決で成立させるのは、昭和26年のモーターボート競走法以来57年ぶりとなる。
政府は同法案成立を受け、実施計画を閣議決定し、海自部隊の派遣準備に入る。2月中にも活動が再開される見通しだ。同法案はテロ対策のためインド洋で海上阻止活動を行っている多国籍軍艦艇に、海自が給油・給水で支援するための根拠法で1年間の時限立法。
イザ!「新テロ特措法、参院は否決 再議決で成立へ」

  1. 今、紛争国で一番必要なものは何なのか?
  2. 将来を見据えて、日本にどんなメリットがあるのか?
  3. 防衛利権についてこれだけ問題になっている今、透明性が疑われている状態のまま再開する必要性はあるか?

問題を残したまま、強制発車してしまった感じです。
「民意」はどこにあるのか?
原油高による、インフレが懸念され、家計を圧迫し始めている中で、この決定が何を目的としているのか、理解しがたいものがあります。

イラクはもとより、アフガニスタンでも、そこに暮らす人の混乱はますます増えているようですが、貧困を解決しない限り、このような紛争は次の世代へと受け継がれてしまうのは自明の事だと思います。
平和憲法を掲げている日本は、アジアの一員として、軍事支援よりも、そこに生活する人々のために本当に役にたち、明日の生活に糧となる「援助」をすべきだと思います。
posted by 古着オヤジ at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年01月10日

クジラを食べたいとは思いませんが...

以前に、テレビのニュースで、オーストラリアの反捕鯨団体が騒いでいるというのを見たのですが、何のことやら全く理解していませんでした。
私の世代では、クジラの肉に郷愁を抱いたり、正直、格別美味だとも思わないしで、興味が無かったのも事実です。

韓国の女性が赤い塗料をかぶっている絵、この人色んなところで、その都度「お騒がせ」している方の様なので、
「何か、頭悪そうだけど、どうせオーストラリア人も相手にしないだろう」
と思っていたのですが。

しかし、これは酷過ぎる
私はオーストラリアという国をかなり誤解していたようです。

反捕鯨団体のみではなく、"whale-safe beer"キャンペーンとして、Bluetongue Brewery社が、「捕鯨国家であるキリンやアサヒの関連ビールは止めて、Whale safe beerを飲もう」というメッセージを流しているのですが、ひど過ぎです。

下記のYouTube動画に紹介されていますので、まだご覧になっていない方は必見です。
こんなCM、テレビで流れているオーストラリアって国の良識は「?」ですねえ。
Racist Australia and Japanese whaling 白豪主義オーストラリアと反捕鯨
これは恐らく「捕鯨推進」の意見を持った方が作ったんでしょう。
正直に言えば、私は「鯨肉」にも「捕鯨」にも、全く興味が無かったんで、何の感情も無かったんですが、一連の報道を垣間見て、ちょっとスタンス変りそうです。

もっと、率直に言えば、オージーがやっている狩猟と捕鯨を比較しての主張より、ビールのコマーシャルにあんな不快な映像を作ったり放映したりするオージーの非常識さに腹が立ちました。

一連の騒動、オーストラリア 労働党と選挙の影もチラホラとしていて、不快感を倍増させます。

ついでに、中学校の授業で「白豪主義」は習ったけど、日本人は「名誉白人」として位置づけられており、差別もなく、旅行にも適した土地、であると思っていましたが(実際、行っていないので与太話ですが)、こんな評判もあるんですねえ。
Yahoo知恵袋「オーストラリアで、ひどい日本人差別があるのでしょうか?」

冷静な人間であっても、感情的になってしまう対応ですね。

ウチはオージービーフ大好きだったのですが、買うのを止めようと思いました。
牛丼でさえも、オージービーフ食べたくなくなりました。

ついでに言えば、国内にいる英会話学校の先生ってのが、多くはオージーらしいですが、これから見る目変わってしまいますね。

おっと、これでは「白豪主義」と同じだ!
冷静に!冷静に!

件の反捕鯨団体「シーシェパード」ってのも、いかがなものでしょう。
どうも、多くの会社(先のBluetongue Brewery社を含む)や国家からの寄付を集めているらしいですが、騒がなくなると存在価値も危ぶまれるので、花火をあげなきゃならないんでしょうが。
Wikipedia
日本捕鯨研究所「鯨類捕獲調査に対する不法なハラスメント及びテロリズム」

それでもって、先のビデオが「YouTubeに投稿されたよ」と伝えた、オーストラリアのニュース(news.com.au)に寄せられたコメントが以下に。
Readers' Comments Aussies racist - Japan's whalers

ちょっとした「祭り」になっています。
気になる表現を抜粋すると、
"Wake up Australia!! Your taking the food off the Japanese people's table "なんてオージー爆発状態のものもあったり、
"The video is well made. It is good (for everyone with an open mind) to see the hypocrite and racism in Australia. Yes, they still exist."
なんて、しっかりとした意見もあったりします。
思いのほか、日本人の書き込みが目立ちますね。

で、もって、ふと感じたのですが、
民族の憎悪ってのは、アンプがいて増幅されるものかもしれません。
恐ろしい事ですが...

「老後はオーストラリアでのんびりと」と思っている方、行く場所には注意が必要なようです。
posted by 古着オヤジ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年01月08日

悲惨な加害者にならないために

8日、福岡地裁であった3幼児死亡事故の判決。裁判長が「懲役7年6月に処す」と短く主文を告げると、慌ただしく飛び出す記者の足音が廷内に響き、傍聴の人々は静まり返った。
イザ!「福岡関連・被告見つめる3児の遺影」


私も車を運転します。
「ハッ」とさせられる時も何度かあります。
それでも、本当に幸いにも今まで事故を起こしたことはありません。

これは、結果論であって、起こしたかもしれないし、起こすかもしれないと思います。
悲惨なのは、事故を起こした場合に、自分へのダメージやモノで済めばまだしも、人命を奪ってしまったりしたら。
と思うとゾッとします。

殺意なきままに、関係のない被害者の殺人犯になってしまうわけですから、悲劇以外の何物でもありません。
被害者にも加害者にもなりたくないです。

ですから、最低限、お酒を飲んだら運転はしません

この事件の被告も、被害者の子供たちを殺す気ではなかったのは間違いないでしょう。

しかし、彼は
酔って」時速約85キロで運転し、事故直前、現場近くでふらつきながら猛スピードで走り去るところを通行人らに目撃され、事故後は、すぐに車を停車させず、逃走しようとしたが、約300メートル走ったところで車が故障し、友人に身代わりを頼み2リットルのペットボトル2本に水道水を満タンに入れたものを受けとり、それを飲んだ
しかも、その最中には、被害者の父母は懸命の救助活動をしており、母は4度海中に潜り父は立ち泳ぎしながら2人を抱きかかえていたという。
(Yomiuri online複数記事より抜粋)

悲し過ぎますね。
被告は自らが起こした惨事の重さも、その原因となる飲酒運転も軽く考えていたんでしょうね。
大事な事は、飲酒運転は絶対にしてはいけないと、ドライバー全員が明確な意識を持つことであるだろうし、そのために厳罰を伴った「危険運転致死傷罪」が誕生したと思うのですが。

要件となる「故意」の立証が足かせとなり、一貫性に欠けた適用を強いられている感じがします。
(他方、「故意」の拡大解釈はもっと怖い事ですが。)

今回の判決は、基準があいまいな法に対して、厳格な証拠認定に基づいた結果と言えるそうですが、結局遺族を2度苦しめる事になったのは、法整備の欠陥ともいえるのではないだろうか。
posted by 古着オヤジ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年01月07日

原油100ドルの仕掛け人

年明け早々の1月2日に、原油1バレル=100ドルと恐ろしい相場がたったが、この真相は馬鹿らしいほどのことだったようです。
英経済紙フィナンシャル・タイムズによると、リチャード・アレンズという独立系トレーダーが、「どこまで値が上がるかを試した」結果だという。
買い注文は最低単位の1000バレルで600ドル(約6万5000円)の損失を被ったらしいが、「『初の100ドル乗せは自分だ』と孫にまで自慢できる権利を600ドルで手に入れた」と業界関係者から言われているという。
(Asahi.comより)

石油高の元凶が一部露呈した形になっています。
物理的な不足ではなく、作られた相場だというのがこの一事をとっても良くわかります。

庶民の感覚からすれば、非常に腹立たしいし、市場が健全に機能しないのであれば、公的な介入を以てしても正常な相場を維持すべきだと考えます。
大バカのトレーダーの蓄財とサブプライムの損失補てんに、世界中の消費者がコツコツとお金を差し出す構図は、ある種テロにも似た末期症状だと思います。

このアレンズ氏は、孫の代に、「英雄」でいられるか「大バカ」と罵られるか、既に明白だと思いますが。
この辺の感度が病めるアメリカの現状なんでしょうね。
posted by 古着オヤジ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年12月29日

横峯良郎議員の騒動についての雑感

横峯さくらパパで民主党参議院議員の横峯良郎さんが凄い事になっているようです。

問題の種は、「愛人問題」に「賭けゴルフ問題」だそうです。
対応もあまり良くなかったのか、評判も芳しくないようです。

そんな中、爆笑問題のテレビ番組への出演で暴発しちゃって、「これはひどい」「死ねばいいのに」上位ランクインされました。
私もそれで、この番組動画を見たのですが、確かにひどいですねえ。
Wikipediaにも「テレビ番組暴言問題」として、加筆されているようですね。

しかし、やくみつるさんは、こういう番組では強力ですねえ。
酒場でこの状況であれば、殴り合いは必至なのですが。
ささくれを引っ張るような言葉で、強烈な緊張感を作りだすマジシャンですね。

個人的な感想を言えば、横峯さくらプロを育て上げた点で、素晴らしい実績を残し、寝食を共にして、苦労をしながら、共に歩んできたという事は凡人では出来ない事です。
しかし、良郎さんの子育ては結果オーライだったわけで、仮にさくらさんに素質がちょっとでも足りず、努力しても苦労しても思う様な結果を残せなかったら、これほどの注目されることも無かったわけです。
(子育てってのはそういうものかもしれませんが…)

加えて言えば、娘をプロに育て上げるという一大プロジェクトを成し終え、充実感と達成感に満たされながら女性へと走ったとしても、一般人の感度では何の問題も無い気がします。
(まあ、倫理的な問題は別ですが。)

賭けゴルフであっても、レートの問題こそありますが、今日びでも競技会以外では、ゴルフ場へ行って、何の賭けもしていないパーティーなんて見つける方が難しい位、一般的な事です。
(だから私はゴルフをしません)

そう、一般的な感度で言えば、おそらく「誰でも身に覚えのある事」だと思うのですが。
国会議員となれば、話は違ってきちゃうんですよね。
だって、国民の代表として、立法を司り、高い地位と税金によって賄われる高額な報酬を受けるわけですから、国民やマスコミの猜疑の目にもさらされるし、責任も生じてきます。
その人の倫理感や人柄も選出の大きな要素になり得る訳です。

一言でいえば、議員になるべきではなく、今回彼が批判するところのコメンテーターとして、持論を発表されていた方が良かった気がします。
歯に衣着せぬ市井の一居人として存在されている分には、今日騒がれているような「問題」はキャラとして受け入れられる範囲の事だと思います。
名誉を得る事は、ある意味危険である事を教えてくれたと思います。(まあ、断るまでもなく、私には縁がありませんが)

良郎さんが選挙前や選挙中にテレビなどで発言されている内容についても、政治家としての良識のレベルではなく、庶民レベルでの「居酒屋政治談議」のレベルであったと思います。
それはそれで、今の政治状況を考えれば、疑問提起や風穴をあける一つの原動力なり得たし、価値のある事ですが。

ところで、この番組に出ていた同じく民主党の姫井由美子参議院議員。
ぶって姫」と呼ばれているそうですが、なんで「ぶって」なのか、非常に気になり、Google検索をかけたのですが、上位に出てくるページ(特に無料ブログ)の多くが削除されているようです。

偶然でしょうか?
「ぶって姫」のイワレと共に、かなり気になります。ぶって姫について
posted by 古着オヤジ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク

銃刀法違反で逮捕されないために

ロックバンド「JAYWALK(ジェイウオーク)」のボーカル中村耕一さん(56)が、車内でナイフを所持していたとして銃刀法違反容疑で警視庁から書類送検されてそうです。

山手通りでパトロール中の署員から職務質問された際、乗っていた車の後部座席に掛けてあったポーチに、折り畳み式のアーミーナイフ(刃渡り8.5センチ)を正当な理由なく所持した為との事です。

これに対して中村さんは
「1年前にキャンプに持って行き、そのままにしていた」
と話しているそうです。

こんなんで、捕まっちゃうんですね。
私もキャンプ好きで、ナイフも持っていますので、かなり気になりました。
ちょっと人ごとではないぞ。
それでもって、ちょっと調べてみました。

銃砲刀剣類所持等取締法22条
「業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが八センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。」
これに違反した者には、32条5号により1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる。
22条のただし書きで、刃体の長さが8センチメートル以下に刃物の携帯が認められるものとして、施行令9条に
  1. 刃体の先端部が著しく鋭く、かつ、刃が鋭利なはさみ以外のはさみ
  2. 折りたたみ式のナイフであって、刃体の幅が1.5センチメートルを、刃体の厚みが0.25センチメートルをそれぞれこえず、かつ、開刃した刃体をさやに固定させる装置を有しないもの
  3. 法第22条の内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のくだものナイフであつて、刃体の厚みが0.15センチメートルをこえず、かつ、刃体の先端部が丸みを帯びているもの
  4. 法第22条の内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが7センチメートル以下の切出しであつて、刃体の幅が2センチメートルを、刃体の厚みが0.2センチメートルをそれぞれこえないもの
が定められている。
(以上Wikipediaより引用)

だそうです。

具体的にどんなナイフが法に触れるかというと、
knif3.jpgknif1.jpgknif2.jpg
これらのナイフは皆ダメです。

ちなみに肥後守は刃渡り8センチの物が多いようです。

と、言う事は、殆どのアウトドア系の刃物を持っている場合は、正当な理由のない限り、銃刀法違反の可能性があるという事です。

うわあ、真っ青だ。
私のポケットに入っているヴィクトリノックスでさえ、91ミリでアウトです。

確かに、この程度の刃物でも、振り回したり、刺されたら、大惨事ですが、これほど厳しいものとは正直知らなかったのが実情です。
山手通りの車内では、アーミーナイフも所持する事に「正当な理由」を証明しずらいって事はありますよね。

街場に出る時には、ナイフをうっかりとポケットに入れっぱなししないように気をつけましょう。

私のアウトドア着である、ゴアテックスパーカの内ポケットにヴィクトリノックス発見!
早速しまっておきました。

ECWCSゴアテックスパーカ特価
posted by 古着オヤジ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンク このエントリーを含むはてなブックマーク